専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:2015

■にほんブログ村トラコミュ
阪神C(2015)
阪神C データ分析

阪神カップのデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクティブミノル
牡356.0武豊
アフォード
牡757.0村田
アルマワイオリ
牡356.0勝浦
ウリウリ
牝555.0岩田
クラレント
牡657.0内田博
サンライズメジャー
牡657.0柴山
スマートオリオン
牡557.0武幸四
ゼロス
牡657.0高倉
タガノブルグ
牡457.0北村宏
ダイワマッジョーレ
牡657.0アッゼニ
ダノンシャーク
牡757.0ルメール
ダンスディレクター
牡557.0浜中
テイエムタイホー
牡657.0松田
ニシノラッシュ
牡356.0田辺
ビッグアーサー
牡457.0藤岡康
マイネルアウラート
牡457.0柴田大
ミリオンヴォルツ
牡657.0井上
メイショウツガル
牡757.0津村
メイショウライナー
牡557.0
ロサギガンティア
牡457.0柴田善
※騎手は予定となります。

以上、20頭が登録されています。

■にほんブログ村トラコミュ
有馬記念(2015)
有馬記念 データ分析

有馬記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤデウス
牡457.0岩田
アルバート
牡457.0アッゼニ
オーシャンブルー
牡757.0ボウマン
キタサンブラック
牡355.0横山典
ゴールドアクター
牡457.0吉田隼
ゴールドシップ
牡657.0内田博
サウンズオブアース
牡457.0Mデムーロ
サトノノブレス
牡557.0和田
ショウナンパンドラ
牝455.0池添
ダービーフィズ
牡557.0田辺
トーセンレーヴ
牡757.0
ヒットザターゲット
牡757.0小牧
ペルーサ
牡857.0
マイネルフロスト
牡457.0松岡
マリアライト
牝455.0蛯名
ラストインパクト
牡557.0菱田
ラブリーデイ
牡557.0川田
リアファル
牡355.0ルメール
ルージュバック
牝353.0戸崎圭
ワンアンドオンリー
牡457.0浜中
※騎手は予定となります。

以上、20頭が登録されています。

■にほんブログ村トラコミュ
朝日杯FS(2015)
朝日杯FS データ分析

朝日杯フューチュリティステークスの予想です。

さっそくですが、まず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
ターコイズS(2015)

ターコイズステークスの予想です。

前回の展望では、該当馬がいれば好走馬が毎年出てきているKingmambo内包馬を取り上げました。回避などもあり、今年は以下の該当馬となりました。
ノットフォーマル
ダンスアミーガ

の2頭。

ケイアイエレガントとシュンドルボンの回避により該当馬は思っていた以上に少なくなりましたが、ここを絡めつつ予想といきたいと思います。ではまず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
ターコイズS(2015)

ターコイズステークスのデータ展望です。

本日は、距離が1600mに変更された2006年以降、該当馬が1頭でも必ず好走馬が出てきているある好走血統について取り上げたいと思います。

その注目したい血統というのは、Kingmamboです。

■にほんブログ村トラコミュ
朝日杯FS(2015)
朝日杯FS データ分析

朝日杯フューチュリティステークスのデータ展望です。

本日は、先週の結果から注目したい血統傾向をみていきたいと思います。

まずは、先週同じ舞台である、阪神外回り1600mで行われた3レースの結果を見ていきます。
■阪神ジュベナイルフィリーズ
1着:メジャーエンブレム(父ダイワメジャー=サンデーサイレンス系)
2着:ウインファビラス(父ステイゴールド=サンデーサイレンス系)
3着:ブランボヌール(父ディープインパクト=サンデーサイレンス系)

■3歳上1000万下
1着:リーサルウェポン(父ディープインパクト=サンデーサイレンス系)
2着:ベステンダンク(父タイキシャトル=ヘイロー系)
3着:ブランボヌール(父Birdstone=ミスプロ系)

■2歳未勝利
1着:ショウナンアヴィド(父ゼンノロブロイ=サンデーサイレンス系)
2着:レッドアヴァンセ(父ディープインパクト=サンデーサイレンス系)
3着:ナムラムサシ(父ディープインパクト=サンデーサイレンス系)
※着順:馬名(父の血統)を記載しています。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ