専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:阪神

阪神カップ(2018)の予想です。

関西は夕方過ぎから雨がぱらつきはじめて、これから土曜日の午前中にかけてもう少し降るようなので、明日はおそらく稍重以上は確定的ではないかと想定しています。
今年ははそんな馬場がプラスに働きそうな、あの馬から中心に勝負していきたいと思います。

阪神カップ(2018)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アポロノシンザン 牡657.0
カルヴァリオ セ557.0池添
ケイアイノーテック 牡356.0藤岡佑
サトノアレス 牡457.0川田
シュウジ 牡557.0岩田
ジュールポレール 牝555.0Mデムーロ
スターオブペルシャ セ557.0杉原
ダイアナヘイロー 牝555.0菱田
ダイメイフジ 牡457.0酒井
ヒルノデイバロー 牡757.0四位
ベステンダンク 牡657.0松山
ミスターメロディ 牡356.0Cデムーロ
ムーンクエイク セ557.0ルメール
ラインスピリット 牡757.0武豊
レーヌミノル 牝455.0和田
レッドファルクス 牡757.0ボウマン
ワントゥワン 牝555.0福永

※騎手は想定です。

以上17頭が登録。フルゲート18頭立てとなりますので、全馬出走可能となります。

朝日杯フューチュリティステークス(2018)の予想です。

舞台が阪神に替わってから今年で5年目。1回目の記事ではこの4年の好走馬12頭中11頭が共通した点と、その該当馬6頭を挙げていったんですが、現在のオッズからその該当馬6頭がそのまま上位人気6頭となっていますね。

この舞台は誤魔化しの効かないタフなコースですし、土曜日の競馬からも力のいる馬場という印象を受けるので、基本的にはデータも後押しとなりそうな人気どころを中心に、1頭気になる穴馬を絡めた形で、今年は勝負したいと思います。

朝日杯フューチュリティステークス(2018)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 クリノガウディー 牡2 54.0 藤岡 佑 2-0-0-6 25.0% 25.0%
2 2 グランアレグリア 牝2 54.0 ルメール 0-0-2-6 0.0% 25.0%
3 アスターペガサス 牡2 54.0 福永
3 4 ドゴール 牡2 54.0 津村 0-1-0-7 12.5% 12.5%
5 マイネルサーパス 牡2 54.0 丹内
4 6 アドマイヤマーズ 牡2 54.0 M.デムーロ 0-0-0-8 0.0% 0.0%
7 ソルトイブキ 牡2 54.0 四位
5 8 ディープダイバー 牡2 54.0 川田 0-2-0-6 25.0% 25.0%
9 イッツクール 牡2 54.0 松田
6 10 ヒラソール 牡2 54.0 岩田 0-1-0-7 12.5% 12.5%
11 ケイデンスコール 牡2 54.0 C.デムーロ
7 12 コパノマーティン 牡2 54.0 坂井 0-0-2-8 0.0% 20.0%
13 ニホンピロヘンソン 牡2 54.0 浜中
8 14 ファンタジスト 牡2 54.0 武 豊 2-0-0-8 20.0% 20.0%
15 エメラルファイト 牡2 54.0 ビュイック

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去4年(舞台が阪神外回り芝1600m戦に変更後)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

朝日杯フューチュリティステークス(2018)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスターペガサス 牡255.0福永
アドマイヤマーズ 牡255.0Mデムーロ
イッツクール 牡255.0松田
エメラルファイト 牡255.0ビュイック
クリノガウディー 牡255.0藤岡佑
グランアレグリア 牝254.0ルメール
ケイデンスコール 牡255.0Cデムーロ
コパノマーティン 牡255.0坂井
ソルトイブキ 牡255.0
ディープダイバー 牡255.0川田
ドゴール 牡255.0津村
ニホンピロヘンソン 牡255.0浜中
ヒラソール 牡255.0岩田
ファンタジスト 牡255.0武豊
マイネルサーパス 牡255.0丹内

※騎手は想定です。

以上15頭が登録。全馬出走可能となります。

阪神ジュベナイルフィリーズの予想です。

今年は前回のデータ分析で取り上げた、10年連続好走条件を満たした該当馬たちから対抗馬に選んでいき、登録の時点から注目していた軸馬・穴馬候補がいますので、これらを組み合わせた形tで勝負してきたいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ