専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:軸馬

日経新春杯(2019)の予想です。

このレースは稀に波乱になることはありますが、比較的平穏に決着しやすいということもあり、前回の記事で取り上げた好走データの他にも、外せない思うデータがありますので、その該当馬たちを中心に勝負していきたいと思います。

フェアリーステークス(2019)の予想です。

今年は先行したい馬は多そうですが、これといった逃げ馬は不在。また距離延長組もまずまずいますので、ペースはそこまで上がらず平均~ややスローと想定しています。

そうなれば、やはりある程度位置をとれる馬、また上がりの脚がしっかりとある馬が有利に働くとみていますので、その両方を兼ね備えているであろうなあの馬から中心に勝負したいと思います。

日経新春杯(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイトーン 牡454.0国分恭
アフリカンゴールド 牡452.0ミナリク
ウインテンダネス 牡656.0内田博
エーティーサンダー 牡651.0酒井
ガンコ 牡657.0藤岡佑
グローリーヴェイズ 牡455.0Mデムーロ
ケントオー 牡755.0和田
サラス 牝449.0松若
シュペルミエール 牡655.0北村宏
ダッシングブレイズ 牡756.0福永
ノーブルマーズ 牡656.0高倉
マサハヤドリーム 牡755.0北村友
ミライヘノツバサ 牡656.0
ムイトオブリガード 牡556.0川田
メイショウテッコン 牡456.0武豊
ルックトゥワイス 牡655.0岩田
ロードヴァンドール 牡656.0横山典
※騎手は想定です。

以上17頭が登録。

全馬出走可能となります。

フェアリーステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アカネサス 牝354.0
アクアミラビリス 牝354.0Mデムーロ
アゴベイ 牝354.0北村宏
アマーティ 牝354.0三浦
ウィンターリリー 牝354.0菱田
エフティイーリス 牝354.0蛯名
グレイスアン 牝354.0戸崎圭
コントラチェック 牝354.0ブロンデル
サンタンデール 牝354.0木幡巧
シトラスノキセキ 牝354.0ミナリク
スカイシアター 牝354.0津村
セントセシリア 牝354.0
タニノミッション 牝354.0川田
チェリーレッド 牝354.0勝浦
チビラーサン 牝354.0田辺
フィリアプーラ 牝354.0丸山
ブラックダンサー 牝354.0石川
ブリッツアウェイ 牝354.0内田博
プリミエラムール 牝354.0武藤
ホウオウカトリーヌ 牝354.0大野
メイプルガーデン 牝354.0松岡
ラフェリシテ 牝354.0
ルガールカルム 牝354.0マーフィー
レーヴドカナロア 牝354.0ルメール
レディードリー 牝354.0柴田善
※騎手は想定です。

以上25頭が登録。

フルゲート16頭立てで、賞金上位であるウィンターリリーホウオウカトリーヌの2頭が出走可能。
残りの23頭が抽選対象となります(14頭/23頭)。

シンザン記念(2019)の予想です。

昨年はアーモンドアイがここを勝利し、牝馬クラシック3冠+ジャパンカップ制覇と、大いに飛躍を遂げた出世レースのひとつとなりますね。

今年も今後のクラシック戦線を盛り上げてくれる素質馬が出てくるかもしれませんので、注目の1戦となりそうですね。

予想としては、データの後押しがありそうな馬を見つけられず難しいところはありましたが、浅いキャリアの中でも、まずまず素質を感じられる3頭から中心に勝負していきたいと思います。

京都金杯(2019)の予想です。

今年は該当馬自体は非常に少ないんですが、中山金杯の予想と同様、データが後押ししてくれそうな1頭がいますので、そこから中心に勝負したいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ