専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝2400m

日経新春杯(2019)の予想です。

このレースは稀に波乱になることはありますが、比較的平穏に決着しやすいということもあり、前回の記事で取り上げた好走データの他にも、外せない思うデータがありますので、その該当馬たちを中心に勝負していきたいと思います。

日経新春杯(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイトーン 牡454.0国分恭
アフリカンゴールド 牡452.0ミナリク
ウインテンダネス 牡656.0内田博
エーティーサンダー 牡651.0酒井
ガンコ 牡657.0藤岡佑
グローリーヴェイズ 牡455.0Mデムーロ
ケントオー 牡755.0和田
サラス 牝449.0松若
シュペルミエール 牡655.0北村宏
ダッシングブレイズ 牡756.0福永
ノーブルマーズ 牡656.0高倉
マサハヤドリーム 牡755.0北村友
ミライヘノツバサ 牡656.0
ムイトオブリガード 牡556.0川田
メイショウテッコン 牡456.0武豊
ルックトゥワイス 牡655.0岩田
ロードヴァンドール 牡656.0横山典
※騎手は想定です。

以上17頭が登録。

全馬出走可能となります。

ジャパンカップの予想です。

現在オッズの方は、牝馬クラシック3冠を達成したアーモンドアイが1倍台。これまでの走りからは不安よりも期待の方が多いということろで、このオッズになるのは仕方ないですね。

実際ジャパンカップにおいての牝馬の好走率は高いですし、3歳牝馬ということで斤量も恵まれるのもプラス。また同じく牝馬3冠を達成したジェンティルドンナは、3歳でジャパンカップを制していますので、同じ流れになっても、それはそれで見てみたい気持ちもありますね。

ただ、今年は枠順が確定していからここから買ってみたいと思う1頭が他にいますので、アーモンドアイはもちろん相手に置きますが、その1頭から中心に参加したいと思います。

ジャパンカップのデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 アーモンドアイ 牝3 53.0 ルメール 3-2-3-12 25.0% 40.0%
2 2 ハッピーグリン 牡3 55.0 服部 1-0-2-17
5.0% 15.0%
3 3 サトノダイヤモンド 牡5 57.0 モレイラ 2-1-2-15 15.0% 25.0%
4 サトノクラウン 牡6 57.0 ビュイック
4 5 ミッキースワロー 牡4 57.0 横山典 1-0-0-19 5.0% 5.0%
6 サンダリングブルー せ5 57.0 ベリー
5 7 サウンズオブアース 牡7 57.0 田辺 0-3-0-17 15.0% 15.0%
8 キセキ 牡4 57.0 川田
6 9 シュヴァルグラン 牡6 57.0 C.デムーロ
0-1-0-18 5.3% 5.3%
10 ガンコ 牡5 57.0 蛯名
7 11 スワーヴリチャード 牡4 57.0 M.デムーロ 1-0-2-22 4.0% 12.0%
12 カプリ 牡4 57.0 ムーア
8 13 ノーブルマーズ 牡5 57.0 高倉 2-3-1-23 17.2% 20.7%
14 ウインテンダネス 牡5 57.0 内田

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

ジャパンカップのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アーモンドアイ 牝353.0ルメール
ウインテンダネス 牡557.0内田
カプリ 牡457.0ムーア
ガンコ 牡557.0蛯名
キセキ 牡457.0川田
サウンズオブアース 牡757.0田辺
サトノクラウン 牡657.0
サトノダイヤモンド 牡557.0モレイラ
サンダリングブルー セ557.0ベリー
シュヴァルグラン 牡657.0Cデムーロ
スワーヴリチャード 牡457.0Mデムーロ
ノーブルマーズ 牡557.0高倉
ハッピーグリン 牡355.0服部茂
マカヒキ 牡557.0武豊
ミッキースワロー 牡457.0横山典
ミッキーロケット 牡557.0

※騎手は想定です。

以上16頭が登録。

ミッキーロケットは筋肉痛のため、またマカヒキは天皇賞秋の疲労残っているため、すでに回避を発表しています。
その他14頭は全馬出走可能となります。

京都大賞典の予想です。

現在人気の方は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの2強ムード。
実績から考えれば力は抜けていると思いますが、2頭ともに全く不安がないと言えばそうではないように思えます。


サトノダイヤモンドは海外遠征後、まだ完全復活とは言えず。今週は追切の動きが良かったので、そろそろ復活があってもおかしくはなさそうですが、このまま復調しないという可能性もなくはないかなと。

シュヴァルグランは、昨年ジャパンカップを制し、前走天皇賞・春でも2着と、変わらず強い走りをしていますが、言ってもここは叩き台。
またハーツクライ産駒というところでも、この京都2400mがベストの舞台ではないと思います。


なので、この2頭がともに好走となってもワンツーフィニッシュはないかなというところに期待しつつ、他から相手を絞った形で今回は勝負したいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ