専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝2400m

京都大賞典の予想です。

現在人気の方は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの2強ムード。
実績から考えれば力は抜けていると思いますが、2頭ともに全く不安がないと言えばそうではないように思えます。


サトノダイヤモンドは海外遠征後、まだ完全復活とは言えず。今週は追切の動きが良かったので、そろそろ復活があってもおかしくはなさそうですが、このまま復調しないという可能性もなくはないかなと。

シュヴァルグランは、昨年ジャパンカップを制し、前走天皇賞・春でも2着と、変わらず強い走りをしていますが、言ってもここは叩き台。
またハーツクライ産駒というところでも、この京都2400mがベストの舞台ではないと思います。


なので、この2頭がともに好走となってもワンツーフィニッシュはないかなというところに期待しつつ、他から相手を絞った形で今回は勝負したいと思います。

京都大賞典のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アルバート 牡757.0モレイラ
ウインテンダネス 牡557.0菱田
ケントオー 牡656.0小牧
サトノダイヤモンド 牡557.0川田
サンエイゴールド 牡556.0山本聡
シュヴァルグラン 牡658.0福永
スマートレイアー 牝855.0浜中
パフォーマプロミス 牡657.0岩田
ブレスジャーニー 牡456.0和田
プラチナムバレット 牡456.0
モンドインテロ 牡656.0松山
レッドジェノヴァ 牝454.0池添

※騎手は想定です。

以上12頭が登録しています。

神戸新聞杯の予想です。

今年は過去10年で7頭の勝利馬、また該当馬は全て連対しているという好走データの該当馬が1頭いますので、ここから中心に勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分です。

神戸新聞杯のデータ分析です。

前回の記事では過去10年の好走馬30頭中24頭が満たしていた"前走着順別"のざっくりしたデータについて取り上げていきましたが、本日はさらに多くの好走馬が満たしていた、ひとつの条件について取り上げたいと思います。

神戸新聞杯のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤアルバ 牡356.0岩田
エタリオウ 牡356.0M.デムーロ
エポカドーロ 牡356.0戸崎圭
ゴーフォザサミット 牡356.0蛯名
ステイフーリッシュ 牡356.0川田
タイムフライヤー 牡356.0和田
ダブルシャープ 牡356.0
ハーベストムーン 牡356.0
ビッグスモーキー 牡356.0藤岡康
メイショウテッコン 牡356.0松山
ワグネリアン 牡356.0福永

※騎手は想定です。

以上11頭が登録。全馬出走可能となります。

日本ダービーの予想です。

土曜日の馬場は今週からCコースに替わった影響もあり、先週に引き続き高速馬場となっています。

同舞台で行われた500万下の勝ち時計は2:24:4。先週オークスで3着だったラッキーライラックや、青葉賞を勝利した出走馬でもあるゴーフォザサミットと同タイムということで、展開次第ではありますが、2分23秒台の決着も十分考えられる馬場ではないかと。

明日も良い天気は引き続きとなるで、持ち時計があり、好枠、展開的にも味方しそうなダノンプレミアムが人気通りに走ってくれそうかと考えたんですが、やはり皐月賞を回避した臨戦過程がどうしても気になるので、初志貫徹ということで、皐月賞が終わった時点で、ダービーではこの馬が買いたいと思っていた1頭から中心に勝負したいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ