専ら軸馬・穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝2000m

大阪杯のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ミッキースワロー 牡4 横山典 0-0-0-10
0.0% 0.0%
2 サトノダイヤモンド 牡5 戸崎圭
2 3 ヤマカツエース 牡6 池添 0-0-2-9 0.0% 18.2%
4 シュヴァルグラン 牡6 三浦
3 5 ペルシアンナイト 牡4 福永 1-3-1-9 28.6% 35.7%
6 スマートレイアー 牝8 四位
4 7 ゴールドアクター 牡7 吉田隼 2-0-1-11 14.3% 21.4%
8 アルアイン 牡4 川田
5 9 トリオンフ セ4 田辺
1-3-1-12 23.5% 29.4%
10 サトノノブレス 牡8
6 11 ウインブライト 牡4 松岡 1-1-2-15 10.5% 21.1%
12 ヤマカツライデン 牡6 酒井
7 13 マサハヤドリーム 牡6 北村友 3-2-1-13
26.3% 31.6%
14 ダンビュライト 牡4 浜中
8 15 スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 2-1-2-14 15.8% 26.3%
16 メートルダール 牡5 松山

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(G2時のものを含む)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。


この10年の結果からは、内枠劣勢、外枠優勢というはっきりとした結果が出ています。
ただ、昨年G1昇格した年も含め、この10年ではフルゲート16頭立てになってことは1度もなく(最高は15頭立ても1回のみ。)、10頭前後の少頭数だった年が大半なので、枠傾向に関しては、前日・当日の馬場傾向をより重視したいなと考えています。

大阪杯のデータ分析です。

本日は、勝ち馬がここから出てきてくれるのではないかと期待している、連対率60.0%の好走データについて取り上げたいと思います。

※データは、G2戦時のものを含む、過去10年分です。

大阪杯のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アルアイン 牡457.0川田
ウインブライト 牡457.0松岡
ゴールドアクター 牡757.0吉田隼
サトノダイヤモンド 牡557.0戸崎
サトノノブレス 牡857.0
シュヴァルグラン 牡657.0三浦
スマートレイアー 牝855.0四位
スワーヴリチャード 牡457.0M.デムーロ
ダンビュライト 牡457.0浜中
トリオンフ セ457.0田辺
ペルシアンナイト 牡457.0福永
マサハヤドリーム 牡657.0北村友
マルターズアポジー 牡657.0柴田善
ミッキースワロー 牡457.0横山典
メートルダール 牡557.0松山
ヤマカツエース 牡657.0池添
ヤマカツライデン 牡657.0菱田
※騎手は想定となります。

以上17頭が登録されています。

フルゲート16頭立てで、除外対象はヤマカツライデンです。

金鯱賞の予想です。

今年は前回のデータ分析でも取り上げた好走データの該当馬たちを相手に置いて、6点勝負でいきたいと思います。

※データは、中京競馬場改装後、過去6年分です(12月に開催されていた時期も含む)。

金鯱賞のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクションスター 牡856.0
キンショーユキヒメ 牝554.0
サトノダイヤモンド 牡557.0C.ルメール
サトノノブレス 牡856.0
スワーヴリチャード 牡457.0M.デムーロ
タイセイサミット 牡556.0
ダッシングブレイズ 牡656.0北村宏
デニムアンドルビー 牝854.0D.バルジュー
デルマサリーチャン 牝754.0
トリオンフ セ456.0
ブレスジャーニー 牡456.0三浦
メートルダール 牡556.0福永
ヤマカツエース 牡657.0池添
※騎手は想定となります。

以上13頭が登録されています。除外対象馬はいません。

弥生賞の予想です。

今年は2歳王者ダノンプレミアムに加えて、ワグネリアンオブセッションと、3頭の無敗馬が登場。チューリップ賞同様、少頭数ながらも好メンバーが揃ってくれました。

実績から考えれば、無敗馬たちを順に評価したいところはありますが、前回のデータ分析でも取り上げたように、過去の結果からは無敗馬がめちゃくちゃ好走しやすいという傾向ではありませんでした。なので、現在人気を集めている無敗馬3頭はもちろん中心には加えますが、この3頭での決着となれば諦めるという形で、別の馬から中心に勝負したいと思います。
うまコラボ
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ