専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝2000m

函館記念(2019)の予想です。

土曜日の函館芝コースは直線が短いということもありますが、やはり最終コーナーである程度前につけていた馬たちが多く活躍しているように映りました。またラチ沿いを通った馬たちが、先行から粘り込むにせよ、中団から差してくるにせよ、毎レース馬券に絡む結果だったと思います。

明日はお天気もなんとか持ってくれそうなので、馬場に大きな変動はないとみて、ラチ沿いを確保できそうな馬、また最終コーナーで前めにつけてくれそうな馬たちから中心に勝負していきたいと思います。

函館記念(2019)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年枠別成績
1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1枠 1 レッドローゼス 牡5 56.0 蛯名正義 0 1 2 14 0.0% 5.9% 17.6%
2 アメリカズカップ 牡5 55.0 北村友一
2枠 3 ブラックバゴ 牡7 55.0 斎藤新 3 3 1 11 16.7% 33.3% 38.9%
4 マイスタイル 牡5 56.0 田中勝春
3枠 5 ドレッドノータス せ6 56.0 菱田裕二 3 0 0 15 16.7% 16.7% 16.7%
6 マイネルファンロン 牡4 54.0 丹内祐次
4枠 7 カルヴァリオ せ6 54.0 吉田隼人 2 2 1 13 11.1% 22.2% 27.8%
8 メートルダール 牡6 57.0 武藤雅
5枠 9 ポポカテペトル 牡5 55.0 岩田康誠 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%
10 ステイフーリッシュ 牡4 57.5 中谷雄太
6枠 11 マイネルサージュ 牡7 55.0 国分恭介 1 1 0 16 5.6% 11.1% 11.1%
12 スズカデヴィアス 牡8 57.5 勝浦正樹
7枠 13 アーバンキッド 牡6 54.0 横山武史 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%
14 ナイトオブナイツ 牡6 56.0 池添謙一
8枠 15 ゴールドギア 牡4 52.0 幸英明 0 0 3 15 0.0% 0.0% 16.7%
16 エアスピネル 牡6 58.0 福永祐一

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(2009年札幌開催を除く)の枠別成績を記載しています。

函館記念(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アーバンキッド 牡654.0横山武
アメリカズカップ 牡555.0
エアスピネル 牡658.0福永
カルヴァリオ セ654.0吉田隼
ゴールドギア 牡452.0
スズカデヴィアス 牡857.5勝浦
ステイフーリッシュ 牡457.5中谷
ドレッドノータス セ656.0菱田
ナイトオブナイツ 牡656.0池添
ブラックバゴ 牡755.0斎藤
ポポカテペトル 牡555.0岩田康
マイスタイル 牡556.0田中勝
マイネルサージュ 牡755.0国分恭
マイネルファンロン 牡454.0丹内
メートルダール 牡657.0武藤
レッドローゼス 牡556.0蛯名
※騎手は想定です。

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

七夕賞(2019)の予想です。

今年は前回のデータ分析で名前が挙がった中から各馬選んでいきました。その中でも、他の好走データが後押しとなりそうなあの馬から中心に勝負していきたいと思います。

七夕賞(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アウトライアーズ 牡554.0野中
ウインテンダネス 牡656.0柴田大
エンジニア 牡654.0
カフェブリッツ 牡654.0蛯名
クリノヤマトノオー 牡555.0和田
クレッシェンドラヴ 牡555.0内田博
ゴールドサーベラス 牡754.0
ストロングタイタン 牡657.0戸崎圭
ソールインパクト 牡754.0大野
タニノフランケル 牡455.0福永
ブラックスピネル 牡657.0石橋脩
ベルキャニオン 牡855.0丸山
マルターズアポジー 牡757.0武士沢
ミッキースワロー 牡557.5
ロードヴァンドール 牡655.0横山典
ロシュフォール 牡455.0三浦
※騎手は想定です。

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

マーメイドステークス(2019)の予想です。

今年は登録の時点から注目していた1頭を軸馬に、昨年不発に終わったデータの該当馬たちを相手に置く形で勝負していきたいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ