専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝1200m

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

高松宮記念(2020)の予想です。

今朝JRAの発表では不良馬場となっています。昼を過ぎると雨は止みそうですが、それでも雨はしっかりと残る馬場となりそうなので、回復しても重までというところで予想をしていきました。

好メンバーなので軸をどの馬にするかで非常に悩みましたが、枠順や馬場など、安定感というところで1番に評価できると思う、あの馬中心で勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

高松宮記念(2020)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去8年枠別成績
(2012年中京競馬場改装後)
成績
(1着-2着-3着-着外)
勝率 連対率 複勝率
11ステルヴィオ牡557.0kg丸山元気0-0-1-150.0%0.0%6.3%
2アウィルアウェイ牝455.0kg松山弘平
23ダイアトニック牡557.0kg北村友一3-2-0-1118.8%31.3%31.3%
4ティーハーフ牡1057.0kg国分優作
35ラブカンプー牝555.0kg酒井学2-1-0-1312.5%18.8%18.8%
6ダノンスマッシュ牡557.0kg川田将雅
47グルーヴィット牡457.0kg岩田康誠0-1-4-110.0%6.3%31.3%
8グランアレグリア牝455.0kg池添謙一
59タワーオブロンドン牡557.0kg福永祐一2-0-1-1312.5%12.5%18.8%
10アイラブテーラー牝455.0kg武豊
611クリノガウディー牡457.0kg和田竜二1-1-0-146.3%12.5%12.5%
12セイウンコウセイ牡757.0kg幸英明
713ダイメイプリンセス牝755.0kg秋山真一郎0-1-1-210.0%4.3%8.7%
14モズアスコット牡657.0kgM.デムーロ
15ナックビーナス牝755.0kg田辺裕信
816モズスーパーフレア牝555.0kg松若風馬0-2-1-210.0%8.3%12.5%
17シヴァージ牡557.0kg藤岡佑介
18ノームコア牝555.0kg横山典弘

枠順、出走馬、斤量、騎手に加え、過去8年(2012年中京競馬場改装後)の枠別成績を挙げています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

高松宮記念(2020)のデータ分析です。

本日は、2012年中京競馬場改装後、過去8年の中で、毎年好走馬が出てきている連続好走データについて見ていきたいと思います。

まずは、過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は高松宮記念(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイラブテーラー牝455.0kg武豊
アウィルアウェイ牝455.0kg松山
キングハート牡757.0kg
クリノガウディー牡457.0kg和田
グランアレグリア牝455.0kg池添
グルーヴィット牡457.0kg岩田康
ゴールドクイーン牝555.0kg
シヴァージ牡557.0kg藤岡佑
ステルヴィオ牡557.0kg丸山
セイウンコウセイ牡757.0kg
ソウルスターリング牝655.0kg北村宏
タワーオブロンドン牡557.0kg福永
ダイアトニック牡557.0kg北村友
ダイメイプリンセス牝755.0kg秋山
ダノンスマッシュ牡557.0kg三浦
ティーハーフ牡1057.0kg国分優
ナインテイルズ牡957.0kg野中
ナックビーナス牝755.0kg田辺
ナランフレグ牡457.0kg丸田
ノームコア牝555.0kg横山典
ミスターメロディ牡557.0kg
モズアスコット牡657.0kgM.デムーロ
モズスーパーフレア牝555.0kg松若
ライトオンキュー牡557.0kg
ラブカンプー牝555.0kg酒井
※騎手は想定です。

以上25頭が登録。

ミスターメロディ
ライトオンキュー

の2頭は、同週ドバイで行われるアルクオーツスプリントへ出走予定。すでに現地入りしています。

ティーハーフ
クリノガウディー
キングハート
ナインテイルズ
ナランフレグ

の5頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

オーシャンステークス(2020)の予想です。

今月末に行われるGⅠ高松宮記念へ向けた前哨戦。今年は昨年のスプリンターズステークスを制したタワーオブロンドン、同レース1番人気3着だったダノンスマッシュがここから始動となります。

昨年の活躍からは2頭ともに力は抜けていると思いますので、素直にここから軸馬を選んでいきました。ただし、この2頭以外はそこまで力差はないように映りますので、相手には穴っぽいところを絡めて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

オーシャンステークス(2020)のデータ分析です。

本日は、該当馬が1頭でも出走となれば好走が続いている、複勝率5割を超える好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ