専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:穴馬

有馬記念のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
カレンミロティック
セ957.0川田
キタサンブラック
牡557.0武豊
クイーンズリング
牝555.0C.ルメール
サウンズオブアース
牡657.0C.デムーロ
サクラアンプルール
牡657.0蛯名
サトノクラウン
牡557.0R.ムーア
サトノクロニクル
牡355.0戸崎
シャケトラ
牡457.0福永
シュヴァルグラン
牡557.0H.ボウマン
スワーヴリチャード
牡355.0M.デムーロ
トーセンビクトリー
牝555.0田辺
ブレスジャーニー
牡355.0三浦
ミッキークイーン
牝555.0浜中
ヤマカツエース
牡557.0池添
ルージュバック
牝555.0北村宏
レインボーライン
牡457.0岩田
※騎手は想定となります。

以上16頭が登録されています。

フルゲート16頭立てとなりますので、全馬出走可能となります。

朝日杯フューチュリティステークスの予想です。

土曜日の阪神は外回りのレースが4レースあり、内2レースは同舞台で行われました。その4レースの勝ち馬は全て上がり3Fタイムが33秒台。そして父は全てキングカメハメハ系という結果でした。

そんな前日の結果・傾向が本日も引き継がれるのであれば、ピッタリ合いそうな馬がいますので、今年はそこから中心に勝負したいと思います。

ターコイズステークスの予想です。

今年は1回目のデータ分析でも取り上げた、"近年の結果・流れ"から、そろそろ好走を期待できるのではないかとみている、いくつかの傾向がありますので、その該当馬たちから中心に勝負したいと思います。

ターコイズステークスのデータ分析です。

本日は、近年の結果や流れから、今年こそはと期待を持っている、ある組について取り上げたいと思います。

まずは過去10年の該当馬たちから挙げていきます。

※データは、重賞に変わる前、オープン特別時のターコイズステークスを含む、過去10年分です。


ターコイズステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アールブリュット
牝550.0
アスカビレン
牝555.0松田
アッラサルーテ
牝451.0
エテルナミノル
牝454.0和田
オートクレール
牝653.0
サザナミ
牝554.0
ディープジュエリー
牝551.0津村
デンコウアンジュ
牝455.0蛯名
ハローユニコーン
牝352.0
バンゴール
牝553.0
フロンテアクイーン
牝453.0北村宏
ペイシャフェリス
牝653.0柴山
ミスパンテール
牝353.0横山典
ラビットラン
牝355.0C.デムーロ
リーサルウェポン
牝648.0武藤
リエノテソーロ
牝355.0吉田隼
ワンブレスアウェイ
牝454.0戸崎
※騎手は想定となります。

以上17頭が登録。

フルゲート16頭立てで、アールブリュットが除外対象となります。

朝日杯フューチュリティステークスのデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アイアンクロー 牡255.0
アサクサゲンキ 牡255.0武豊
イシマツ 牡255.0
カシアス 牡255.0浜中
ケイアイノーテック 牡255.0
ケイティクレバー 牡255.0小林
ステルヴィオ 牡255.0C.デムーロ
タワーオブロンドン 牡255.0C.ルメール
ダノンスマッシュ 牡255.0福永
ダノンプレミアム 牡255.0川田
ダブルシャープ 牡255.0和田
ナムラアッパレ 牡255.0国分優
ニシノベースマン 牡255.0
ヒシコスマー 牡255.0藤岡佑
ファストアプローチ 牡255.0V.シュミノー
フロンティア 牡255.0岩田
ムスコローソ 牡255.0池添
ライトオンキュー 牡255.0四位
※騎手は想定となります。

以上18頭が登録。

フルゲート18頭立てとなりますので、全馬出走可能となります。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ