専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:東京

安田記念の予想です。

今年は買いたい馬たちが、何かしら気になるマイナスデータを持ち合わせており、どこを軸にするかというところで非常に悩みました。

最終判断は今週取り上げた2つのデータから。共に該当してくれるであろう馬が1頭がいますので、その馬から中心に勝負したいと思います。

安田記念のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 性齢 騎手 過去10年 枠別成績 連対率 複勝率
1 1 スワーヴリチャード 牡4 Mデムーロ 0-2-1-16 10.5% 15.8%
2 サトノアレス 牡4 蛯名
2 3 ダッシングブレイズ 牡6 北村宏 2-1-3-13
15.8% 31.6%
4 アエロリット 牝4 戸崎圭
3 5 ペルシアンナイト 牡4 川田 2-1-1-15 15.8% 21.1%
6 レーヌミノル 牝4 和田
4 7 ウエスタンエクスプレス セ6 クリッパー 0-0-1-18 0.0% 5.3%
8 キャンベルジュニア 牡6 石橋脩
5 9 レッドファルクス 牡7 田辺 3-1-0-16 10.0% 15.0%
10 モズアスコット 牡4 Cルメール
6 11 リアルスティール 牡6 岩田
0-2-2-16 10.0% 20.0%
12 ヒーズインラブ 牡5 藤岡康
7 13 ブラックムーン 牡6 秋山 2-1-1-23 11.1% 14.8%
14 リスグラシュー 牝4 武豊
8 15 サングレーザー 牡4 福永 1-2-1-25 10.3% 13.8%
16 ウインガニオン 牡6 津村

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

安田記念のデータ分析です。

本日は、好走データではないものの、当日人気馬から二桁人気の穴馬まで、各年で最低1頭以上好走馬が続いてる、ある共通点について取り上げたいと思います。

過去の該当馬は多数いますので、その中から好走馬のみを挙げていきます。

※データは過去10年分です。

安田記念のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アエロリット 牝456.0戸崎圭
ウインガニオン 牡658.0津村
ウエスタンエクスプレス セ658.0
キャンベルジュニア 牡658.0石橋脩
サトノアレス 牡458.0蛯名
サングレーザー 牡458.0福永
スターオブペルシャ セ558.0内田博
スワーヴリチャード 牡458.0Mデムーロ
タワーオブロンドン 牡354.0
ダッシングブレイズ 牡658.0北村宏
ヒーズインラブ 牡558.0藤岡康
ブラックムーン 牡658.0秋山
ペルシアンナイト 牡458.0川田
ムーンクエイク セ558.0
モズアスコット 牡458.0Cルメール
リアルスティール 牡658.0岩田
リスグラシュー 牝456.0武豊
レーヌミノル 牝456.0和田
レッドファルクス 牡758.0田辺
※騎手は想定となります。

以上19頭が登録。

フルゲート18頭立てで、除外対象モズアスコット

目黒記念の予想です。

今年は前回のデータ分析で名前が挙がった馬たちが、現在のオッズからは好走条件を満たしてくれそうなので、そのまま中心に置いた形で勝負したいと思います。

日本ダービーの予想です。

土曜日の馬場は今週からCコースに替わった影響もあり、先週に引き続き高速馬場となっています。

同舞台で行われた500万下の勝ち時計は2:24:4。先週オークスで3着だったラッキーライラックや、青葉賞を勝利した出走馬でもあるゴーフォザサミットと同タイムということで、展開次第ではありますが、2分23秒台の決着も十分考えられる馬場ではないかと。

明日も良い天気は引き続きとなるで、持ち時計があり、好枠、展開的にも味方しそうなダノンプレミアムが人気通りに走ってくれそうかと考えたんですが、やはり皐月賞を回避した臨戦過程がどうしても気になるので、初志貫徹ということで、皐月賞が終わった時点で、ダービーではこの馬が買いたいと思っていた1頭から中心に勝負したいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ