専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:新潟

新潟記念(2019)の予想です。

今年は数としては多くはないものの、該当馬は全て4着以内という好走がありますので、そこから中心に穴馬を絡めつつ勝負していきたいと思います。

新潟記念(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アクート 牡654.0丸山
アドマイヤアルバ 牡454.0田中勝
カデナ 牡557.0武藤
カヴァル 牡454.0三浦
クラウンディバイダ セ653.0木幡巧
クリンチャー 牡557.5田辺
ケントオー 牡755.0
コズミックフォース 牡456.0
ゴールドサーベラス 牡754.0藤田菜
サトノキングダム 牡654.0石橋脩
サトノワルキューレ 牝454.0大野
ショウナンバッハ 牡854.0吉田豊
ジナンボー 牡454.0デムーロ
センテリュオ 牝453.0北村友
ダイワキャグニー 牡557.5内田博
ダッシングブレイズ 牡756.0横山典
フランツ 牡455.0戸崎圭
ブラックスピネル 牡657.0松若
ユーキャンスマイル 牡457.0岩田康
レイエンダ 牡457.0ルメール
ロードマイウェイ 牡350.0
※騎手は想定です。

以上21頭が登録。

フルゲート18頭立てで…
コズミックフォース
アドマイヤアルバ
ロードマイウェイ

の3頭が除外対象となります。

新潟2歳ステークス(2019)の予想です。

このレースは基本的に瞬発力勝負になることが多く、前走見せた末脚からはあの馬は外せないと思いますので、そこから中心に1回目の記事で名前が挙がった馬たちを絡めつつ勝負していきたいと思います。

新潟2歳ステークス(2019)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年枠別成績
1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1枠 1 エレナアヴァンティ 牝2 54.0 内田 博幸 1 1 2 13 5.9% 11.8% 23.5%
2 クリアサウンド 牝2 54.0 松山 弘平
2枠 3 グランチェイサー 牡2 53.0 田辺 裕信 1 1 2 15 5.3% 10.5% 21.1%
4 セツメンノトビウオ 牡2 54.0 北村 宏司
3枠 5 トライフォーリアル 牡2 54.0 丸山 元気 1 0 0 18 5.3% 5.3% 5.3%
6 ウーマンズハート 牝2 54.0 藤岡 康太
4枠 7 ビッククインバイオ 牝2 54.0 大野 拓弥 0 2 2 15 0.0% 10.5% 21.1%
8 トロワマルス 牝2 54.0 木幡 初也
5枠 9 タイムマシン 牡2 54.0 石橋 脩 2 0 0 16 11.1% 11.1% 11.1%
10 グライユル 牝2 54.0 横山 典弘
6枠 11 モーベット 牝2 54.0 福永 祐一 2 1 1 16 10.0% 15.0% 20.0%
12 ウインカーネリアン 牡2 54.0 松岡 正海
7枠 13 ペールエール 牡2 54.0 M.デムーロ 0 4 2 21 0.0% 14.8% 22.2%
14 カイアワセ 牝2 54.0 川又 賢治
8枠 15 シコウ 牡2 54.0 木幡 巧也 3 1 1 22 11.1% 14.8% 18.5%
16 サナチャン 牝2 54.0 武士沢 友治

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績を記載しています。

新潟2歳ステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
ウーマンズハート 牝254.0藤岡康
ウインカーネリアン 牡254.0松岡
エレナアヴァンティ 牝254.0内田博
カイアワセ 牝254.0
カリニート 牡254.0
クリアサウンド 牝254.0
グライユル 牝254.0横山典
グランチェイサー 牡254.0田辺
サナチャン 牝254.0武士沢
シコウ 牡254.0木幡巧
セツメンノトビウオ 牡254.0北村宏
タイムマシン 牡254.0石橋脩
トライフォーリアル 牡254.0丸山
トロワマルス 牝254.0
ビッククインバイオ 牝254.0大野
ペールエール 牡254.0デムーロ
モーベット 牝254.0福永
※騎手は想定です。

以上17頭が登録。全頭出走可能となります。

関屋記念(2019)の予想です。

今年は強力な逃げ馬が不在となるので、どの馬がハナをとっても流れは落ち着くのではないかとみています。そんな流れを味方につけれそうな馬たちを中心に狙っていきたいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ