専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:弥生賞(2018)

弥生賞の予想です。

今年は2歳王者ダノンプレミアムに加えて、ワグネリアンオブセッションと、3頭の無敗馬が登場。チューリップ賞同様、少頭数ながらも好メンバーが揃ってくれました。

実績から考えれば、無敗馬たちを順に評価したいところはありますが、前回のデータ分析でも取り上げたように、過去の結果からは無敗馬がめちゃくちゃ好走しやすいという傾向ではありませんでした。なので、現在人気を集めている無敗馬3頭はもちろん中心には加えますが、この3頭での決着となれば諦めるという形で、別の馬から中心に勝負したいと思います。

弥生賞のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アサクサスポット 牡356.0武藤
アラウン 牡356.0
オブセッション 牡356.0C.ルメール
サンリヴァル 牡356.0藤岡佑
ジャンダルム 牡356.0武豊
ダノンプレミアム 牡356.0川田
トラストケンシン 牡356.0内田博
ニシノトランザム 牡356.0
ヘヴィータンク 牡356.0
リビーリング 牡356.0戸崎
ワグネリアン 牡356.0福永
※騎手は想定となります。

以上11頭が登録。除外対象はいません。
カテゴリー

↑このページのトップヘ