専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:京都

マイルチャンピオンシップの予想です。

先週のエリザベス女王杯に続き、かなりの好メンバーが揃ってくれました。その分、目移りするところもありましたが、今年はデータ上ここは外せないという1頭がいますので、中心に置いて勝負したいと思います。

マイルチャンピオンシップのデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ブラックムーン 牡5 アッゼニ 1-1-1-17 10.0% 15.0%
2 アメリカズカップ 牡3 松山
2 3 ヤングマンパワー 牡5 石橋 1-1-1-17 10.0% 15.0%
4 サングレーザー 牡3 福永
3 5 サトノアラジン 牡6 川田 2-0-1-17 10.0% 15.0%
6 ダノンメジャー 牡5 北村友
4 7 レッドファルクス 牡6 C.デムーロ 2-5-0-13 35.0% 35.0%
8 マルターズアポジー 牡5 武士沢
5 9 レーヌミノル 牝3 和田
0-1-0-19 5.0% 5.0%
10 クルーガー 牡5 シュタルケ
6 11 エアスピネル 牡4 ムーア 1-0-1-18 5.0% 10.0%
12 イスラボニータ 牡6 ルメール
7 13 グランシルク 牡5 田辺 1-1-5-22
6.9% 24.1%
14 ガリバルディ 牡6 岩田
15 ムーンクレスト 牡5 藤岡佑
8 16 ウインガニオン 牡5 津村 2-1-1-26 10.0% 13.3%
17 ジョーストリクトリ 牡3 武豊
18 ペルシアンナイト 牡3 M.デムーロ

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

マイルチャンピオンシップのデータ分析です。

本日は、前回の記事同様、"前走上がり3Fタイムの順位別のデータ"に注目。昨年不発に終わったある好走傾向について再度取り上げたいと思います。

まずは好走データの該当馬たちから挙げていきます。

※データは過去10年分です。

マイルチャンピオンシップのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アメリカズカップ
牡356.0松山
イスラボニータ
牡657.0C.ルメール
ウインガニオン
牡557.0津村
エアスピネル
牡457.0武豊
ガリバルディ
牡657.0岩田
クルーガー
牡557.0
グァンチャーレ
牡557.0
グランシルク
牡557.0田辺
サトノアラジン
牡657.0川田
サングレーザー
牡356.0福永
ジョーストリクトリ
牡356.0
ダノンメジャー
牡557.0北村友
ディサイファ
牡857.0
ネオリアリズム
牡657.0
ブラックムーン
牡557.0A.アッゼニ
ペルシアンナイト
牡356.0M.デムーロ
マルターズアポジー
牡557.0武士沢
ムーンクレスト
牡557.0藤岡佑
メラグラーナ
牝555.0
ヤングマンパワー
牡557.0石橋
レーヌミノル
牝354.0和田
レッドファルクス
牡657.0C.デムーロ
※騎手は想定となります。

以上22頭が登録。

ネオリアリズムは香港カップを目指すということで回避を発表。

フルゲート18頭立てで、除外対象は…
ムーンクレスト
クルーガー
グァンチャーレ

の3頭となります。

エリザベス女王杯の予想です。

昨年は当日12番人気だったシングウィズジョイが2着に好走し、波乱の結果となりましたが、このエリザベス女王杯は、基本的にはあまり荒れないレース。

過去10年、当日5番人気以内から2頭以上の好走馬が出てきたのは9回。、唯一傾向が崩れたのは、逃げ馬2頭がワンツーフィニッシュを決めた2009年の1回のみ(この時の3着は1番人気だったブエナビスタ)。

人気馬にはあまり逆らえない傾向となりますので、中心は人気馬からということで、1頭穴馬を絡めつつ勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分です。

デイリー杯2歳ステークスの予想です。

昨年に続き、今年も少頭数立てということで見るだけでも良いかなと思いつつも、普段はあまり使わないデータから気になる好走傾向がありましたので、そこを基準に少しだけ勝負したいと思います。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ