専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:京都

平安ステークスの予想です。

京都は今晩から明日の朝にかけて、かたまった雨が降りそうで、先週のような馬場ではないものの、稍重~重馬場になるとみています。

道悪に加えて、積極的に前につきそうな馬がチラホラいますので、平均ペースからやや速いペースを想定しつつ、そんな流れが向きそうな馬たちから中心に勝負したいと思います。

平安ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アスカノロマン 牡757.0太宰
クイーンマンボ 牝455.0ルメール
クインズサターン 牡556.0
クリノスターオー 牡856.0
グレイトパール 牡557.0川田
コスモカナディアン 牡556.0丹内
サンマルデューク 牡956.0武士沢
サンライズソア 牡457.0Mデムーロ
ザイディックメア 牡656.0
ジュンヴァルカン 牡556.0
タガノゴールド 牡756.0
テイエムジンソク 牡658.0古川
トップディーヴォ 牡656.0田中勝
トラキチシャチョウ 牡756.0
ドリームキラリ 牡656.0
ナムラアラシ 牡556.0福永
ナムラヘラクレス 牡456.0
ハイランドピーク 牡456.0武豊
ブライトンロック 牡456.0田中勝
プリンシアコメータ 牝554.0岩田
マイティティー 牝654.0岩崎
マイネルオフィール 牡656.0和田
ミツバ 牡657.0松山
メイショウウタゲ 牡756.0藤岡康
メイショウスミトモ 牡758.0和田
ユラノト 牡456.0
※騎手は想定となります。

以上26頭が登録。

フルゲート16頭立てで…
ユラノト
ハイランドピーク
ブライトンロック
ザイディックメア
トラキチシャチョウ
ドリームキラリ
マイネルオフィール
ジュンヴァルカン
タガノゴールド
ナムラヘラクレス

の10頭が除外対象となります。

京都新聞杯の予想です。

今年は、昨年該当馬が1頭も出走しなかったため、使えなった好走データから中心に勝負したいと思います。まずはその好走データの方から挙げていきます。

※データは過去10年分です。


京都新聞杯のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アールスター 牡356.0松若
アドマイヤアルバ 牡356.0岩田
アルムフォルツァ 牡356.0池添
イペルラーニオ 牡356.0藤岡佑
インターセクション 牡356.0
グローリーヴェイズ 牡356.0浜中
ケイティクレバー 牡356.0四位
サトノシリウス 牡356.0Mデムーロ
シャルドネゴールド 牡356.0ボウマン
ステイフーリッシュ 牡356.0藤岡佑
タニノフランケル 牡356.0
ダブルシャープ 牡356.0和田
ドラセナ 牡356.0
フランツ 牡356.0Mデムーロ
メイショウテッコン 牡356.0松山
ユーキャンスマイル 牡356.0荻野琢
リシュブール 牡356.0福永
レイエスプランドル 牡356.0藤岡康
レノヴァール 牡356.0北村友
ロードアクシス 牡356.0酒井
※騎手は想定となります。

以上、20頭が登録。


フルゲート18頭立てで…
アールスター
イペルラーニオ
インターセクション
サトノシリウス
ステイフーリッシュ
ドラセナ
リシュブール

の7頭が抽選対象となります(内5頭が出走可能)。

天皇賞 春の予想です。

先週の京都は超高速馬場、開幕週ながらも差しが決まるという少し特殊な馬場に映りましたが、土曜日の結果を見る限りでは、先週ほど時計が出ていることもなく、内目を通った馬が活躍するという例年通りの馬場になりつつあるのではないかと感じました。

昨年同様、ヤマカツライデンが逃げる形となりそうで、ある程度隊列も縦長となりそう。最後の下り坂から動いていき、その脚をどれだけ持続できるかというロングスパート勝負になると想定していますので、スタミナ豊富、距離が伸びることがプラスに働くであろう、あの馬から中心に今年は勝負したいと思います。

天皇賞 春のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ミッキーロケット 牡5 和田 5-1-1-12
31.6% 36.8%
2 チェスナットコート 牡4 蛯名
2 3 シホウ 牡7 浜中 1-2-2-14 15.8% 26.3%
4 カレンミロティック せ10 池添
3 5 ヤマカツライデン 牡6 松山 1-1-1-17 10.0% 15.0%
6 ガンコ 牡5 藤岡佑
4 7 ピンポン 牡8 宮崎 1-0-1-18 5.0% 10.0%
8 クリンチャー 牡4 三浦
5 9 ソールインパクト 牡6 福永
0-1-0-19 5.0% 5.0%
10 サトノクロニクル 牡4 川田
6 11 シュヴァルグラン 牡6 ボウマン 1-1-2-16 10.0% 20.0%
12 レインボーライン 牡5 岩田
7 13 トウシンモンステラ 牡8 藤岡康 0-2-1-24 7.4% 11.1%
14 アルバート 牡7 C.ルメール
8 15 トーセンバジル 牡6 M.デムーロ 1-2-2-24 10.3% 17.2%
16 スマートレイアー 牝8 四位
17 トミケンスラーヴァ 牡8 秋山

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。


長距離戦ということもあり、ロスなく立ち回れるであろう内目の枠が優勢となっています。
特に1枠は最多の5勝を上げており、当日人気馬からだけでなく二桁人気馬からも好走馬が出てきています。

また、馬番では1~6番に注目。
14頭立てと少なかった2008年除き、2009年以降は毎年最低1頭以上、馬番1~6番から好走馬が出てきています。今年もこの馬番に入った馬たちには注意したいですね。

うまコラボ
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ