専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:予想

京王杯2歳ステークスの予想です。

今年はフルゲート18頭立てを大きく下回る8頭立てと寂しいメンバーとなりましたので、馬券的妙味はなさそうですが、先週までの馬場が引き続いてくれれば、この馬は崩れないだろうと思う1頭がいますので、そこから中心に少し参加したいと思います。

天皇賞 秋の予想です。

今年は例年に比べれば頭数が少なくなったのは少し残念ですが、それでもGⅠ馬7頭と、豪華なメンバーが揃ってくれましたね。

豪華なメンバーだからこそ、あれもこれも悩むところはありましたが、今年は当初からここから買いたいと思っていた馬たちがいますので、気持ち変わらずの3頭から中心に勝負したいと思います。

アルテミスステークスの予想です。

東京は稍重発表も、午前中の芝レースを見る限り、先週から引き続き、速い上がりが出ている馬場となっていますね。

このアルテミスステークスは道中ゆったり流れて、瞬発力勝負になりやすい傾向もありますので、ここは単純ながらも、上がりの速い脚が使えそうな馬たちから中心に勝負したいと思います。

スワンステークスの予想です。

来月行われるGⅠマイルチャンピオンシップの前哨戦となりますが、今年は登録時点から頭数が少なく、さらにそこから減って減っての11頭立て。また前走安田記念を制したモズアスコットを除けば、かなり低調で、寂しいメンバー構成となりましたね。

中心となるのは、当然モズアスコットにはなりますが、前日オッズの通り、グリグリの1番人気なので、ここは相手を絞った形で勝負したいと思います。

菊花賞の予想です。

今年は1回目の記事で取り上げた好走データに加えてもうひとつ、後押しになってくれそうな好走データがありますので、この2つのデータを中心に勝負したいと思います。

富士ステークスの予想です。

今年はマルターズアポジーウインガニオンの2頭の逃げ馬がいますので、この2頭がすんなりレースを引って張るとなりそうですね。
マルターズアポジーの方がダッシュ力があるので、ウインガニオンは控える形で2番手、そしてそこから少し離れての先団グループという形で、隊列は縦長になると想定しています。

ペースは平均~ややハイペース寄りで、先団グループに取り付いた馬たちがやや有利な展開になるとみて、中団~好位で競馬ができそうな馬たちを中心に勝負したいと思います。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ