専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:予想

函館記念の予想です。

前日の結果からは、内目、前目につけた馬の活躍が目立ちましたので、これまでの枠傾向は今年もある程度引き継いでくれるのではないかというところで、枠傾向を中心に取り入れて、各馬選んでいきました。

※以下で挙げていくデータは、過去10年(2009年札幌開催を除く)です。

七夕賞の予想です。

今年は該当馬が最も多い6歳馬に注目してみました。そんな6歳馬の中で、ここが機能してほしいと考えている好走データの該当馬を中心に勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分(2011年中山開催を除く)です。

プロキオンステークスの予想です。

エイシンバッケンが回避となったことも影響し、現在1番人気はカフジテイク。これまでの走り、G1での実績を考えれば、当然評価が必要な1頭ではあるんですが、遠征帰りという臨戦過程、追込脚質というところで、エイシンバッケンほど信頼度が高い馬ではないと考えていましたので、代わりにするのは少しコワイというところで、馬券には残しつつも、ここを避けた馬たちから組んで勝負したいと思います。

ラジオNIKKEI賞の予想です。

今年はいくつか狙ってみたいデータの該当馬がいますので、そこらを組み合わせつつ勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年(2011年中山開催を除く)です。

CBC賞の予想です。

今年は昨年も注目した「芝1200mまたは1400mの重賞で連対経験がある馬」を中心に組み立てていきました。

過去5年(中京競馬場改装後)のデータとしては以下の通りとなります。
・芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がある馬
3-3-5-25】(連対率16.7%、複勝率30.6%)

・芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がない馬

2-2-0-37】(連対率、複勝率ともに9.8%)

昨年は、連対経験がない馬たちがワンツーフィニッシュという結果となりましたが、それまでは連対経験がある馬から各年2頭以上の好走馬が出てきていた流れとなりますので、今年は傾向戻りが見られるのではないかと考えました。


ということで、芝1200mまたは1400mの重賞連対経験がない、以下の該当馬たちは"流し"に回していきたいと思います。
オウノミチ
ラインスピリット
シャイニングレイ
ナリタスターワン
アリンナ
アルティマブラッド
タイムトリップ


現在人気を集めている馬たちが結構いるので、少々強引な気もしますが、この7頭の中からは好走馬が出てきても1頭までという想定のもと、ここに挙げていない馬たちから中心に勝負したいと思います。

宝塚記念の予想です。

今年は少頭数の上、良いデータの該当馬は大半がキタサンブラックということで、ここから買ってみたいと思う馬がなかなか見つけられず、かなり悩みましたφ(.. )。

そんな中で、このデータなら今年も機能してくれるかなと期待したいものがひとつありましたので、そこから中心に組み立てていきました。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ