専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:予想

秋華賞の予想です。

現在オッズの方は、3冠のかかるアーモンドアイが1.2倍。ある程度想定はしていたものの、ここまで人気が偏ると、普通に予想をしても全く配当妙味がなさそうなので、その他上位人気馬の中で気になる馬もいましたが、人気馬同士の堅い決着なら諦めるという玉砕覚悟で、穴馬を中心とした予想でいきたいと思います。

昨年から引き続きで、今週も記事にした注目している穴馬の傾向もありますので、ここが上手く機能してくれることを期待しつつ、参加したいと思います。

府中牝馬ステークスの予想です。

今年はおそらく逃げであろうカワキタエンカ、昨年このレースを逃げ切ったクロコスミアがいますので、この2頭がレースを引っ張る形となりそうですね。
ただクロコスミアは控えても良いタイプなので、カワキタエンカが逃げ、その後ろにクロコスミアということで、すんなりと隊列は決まるとみています。

直線の長いコースなので、カワキタエンカは無理に飛ばさず、ややスロー気味に逃げるとみて、先週の毎日王冠のように、差し・追い込みが微妙に届かない、先行馬たちが若干なりとも有利な展開になるのではないかと想定しています。

今年はこの想定のもと、ある程度良い位置取りから早めに抜け出してくれそうな、あの馬を狙って勝負してみたいと思います。

京都大賞典の予想です。

現在人気の方は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの2強ムード。
実績から考えれば力は抜けていると思いますが、2頭ともに全く不安がないと言えばそうではないように思えます。


サトノダイヤモンドは海外遠征後、まだ完全復活とは言えず。今週は追切の動きが良かったので、そろそろ復活があってもおかしくはなさそうですが、このまま復調しないという可能性もなくはないかなと。

シュヴァルグランは、昨年ジャパンカップを制し、前走天皇賞・春でも2着と、変わらず強い走りをしていますが、言ってもここは叩き台。
またハーツクライ産駒というところでも、この京都2400mがベストの舞台ではないと思います。


なので、この2頭がともに好走となってもワンツーフィニッシュはないかなというところに期待しつつ、他から相手を絞った形で今回は勝負したいと思います。

遅くなりましたが、毎日王冠の予想です。

土曜日の東京は開幕週ではありましたが、前残りが目立つということはなく、後方からの競馬を進めて馬でも、決め手があればしっかりと上位争いに加われる、そんな馬場に映りました。

今回メンバー的にはアエロリットかおそらく逃げそうですが、淡々と流れるペースというよりかは、スロー寄りのペースになると想定していますので、最後の直線ヨーイドンの瞬発力勝負になるとみて、決め手のある馬たちから中心に勝負したいと思います。/p>

サウジアラビアロイヤルカップの予想です。

昨年のフルゲート18頭立てとは違い、今年は8頭立てとかなり寂しいメンバーとなりますが、前回のデータ分析でも取り上げたように、いくつか追っていきたい好走条件がありますので、今年もそれら条件を多く満たした該当馬たちから中心に勝負したいと思います。

スプリンターズステークスの予想です。

今年は数としては非常に少ないものの、該当馬は全て好走しているという複勝率100.0%の好走データがありますので、そこから中心に勝負していきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちから挙げていきます。

カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ