専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:データ

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は七夕賞(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アウトライアーズ牡654.0kg丸田
アンノートル牡653.0kg柴田大
ウインイクシード牡656.0kg横山武
エアウィンザー牡657.0kg三浦
オセアグレイト牡455.0kg野中
クレッシェンドラヴ牡657.0kg内田博
グローブシアター牡655.0kg北村宏
ジナンボー牡556.0kgレーン
ソールインパクト牡854.0kg吉田豊
ノーブルマーズ牡756.0kg高倉
バレリオ牡555.0kg
パッシングスルー牝454.0kg戸崎圭
ヒンドゥタイムズ牡455.0kg北村友
ブラヴァス牡455.0kg福永
マイネルサーパス牡456.5kg国分優
リュヌルージュ牝552.0kg
レッドローゼス牡656.0kg石川
ヴァンケドミンゴ牡454.0kg酒井
※騎手は想定です。

以上18頭が登録。

フルゲート16頭立てで、アンノートルグローブシアターの2頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はプロキオンステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アードラー牡656.0kg
エアスピネル牡756.0kg鮫島駿
カフジテイク牡856.0kg荻野極
サイタスリーレッド牡756.0kg太宰
サクセスエナジー牡657.0kg和田
サトノファンタシー牡756.0kg
サンライズノヴァ牡659.0kg松若
スマートアヴァロン牡856.0kg西村淳
スマートダンディー牡656.0kg秋山
ダノンフェイス牡756.0kg川須
デザートストーム牡656.0kg
デュープロセス牡457.0kg斎藤新
トップウイナー牡456.0kg浜中
ハッピーアワー牡456.0kg
ヒラソールセ456.0kg荻野極
ヒロブレイブ牡756.0kg
ブルベアイリーデ牡456.0kg岩田望
ミッキーワイルド牡556.0kg松山
ヤマニンアンプリメ牝656.0kg武豊
ラプタスセ457.0kg
レッドルゼル牡456.0kg川田
ワンダーリーデル牡757.0kg藤井勘
※騎手は想定です。

以上22頭が登録。

フルゲート16頭立てで、サトノファンタシースマートアヴァロンの2頭が抽選対象馬(1頭/2頭)。

アードラー
ヒラソール
デザートストーム
ハッピーアワー
ヒロブレイブ

の5頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2020)の予想です。

土曜日の福島芝は重でのスタート。ただ、雨はほとんど降っていなかったので、時計はかかっていましたが、開幕週なので馬場状態は良く映りましたね。そして芝の5レースは全て、逃げ馬が馬券に絡む結果に。前残りには警戒したいところ。

今年は前回の記事で取り上げた、好走データの該当馬から1頭、もともとから気になっていたあの馬から中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

CBC賞(2020)の予想です。

金曜日からたっぷり雨が降ったこともあり、阪神は土曜日、重スタート。明日の降水確率は高い時間帯でも50.0%なので、そこまで降ることはないとみています。ただし、晴れではないので、回復しても稍重ぐらいまでと想定しています。

今年は舞台替わりとなるので過去のデータが全く通用しない可能性もありますが、記事で取り上げたのは複勝率100.0%の好走データとなるので、追いかける形で予想を組み立てていきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2020)のデータ分析です。

本日は、数字上2頭に1頭が好走しているデータについて取り上げたいと思います。

回避がなければ該当馬は複数となりそうなので、このデータが後押しになればと期待しています。

ではまず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

CBC賞(2020)のデータ分析です。

これまで中京競馬場での行われていたCBC賞、今年は開催日程の変更により阪神での開催となります。

舞台が変わればデータも変わるというは重々承知なんですが、本日は中京競馬場で行われていた過去8年(2012年競馬場改装後)で、複勝率100.0%の好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ