専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:ダート1600m

武蔵野ステークスの予想です。

G1の前哨戦ということでかなりの好メンバーが揃ってくれましたね。

実績馬が多数いますので少々悩みましたが、ここは昨年よりもパフォーマンスを上げてくれるだろうと期待している1頭から中心に勝負したいと思います。

武蔵野ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬を挙げていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アキトクレッセント
牡556.0荻野極
インカンテーション
牡757.0三浦
カフジテイク
牡557.0福永
クインズサターン
牡456.0北村友
ゴールデンバローズ
牡556.0R.ムーア
サングラス
牡656.0
サンライズソア
牡355.0吉田豊
サンライズノヴァ
牡356.0戸崎
シュテルングランツ
牡656.0
ショウナンアポロン
牡756.0松岡
チャーリーブレイヴ
セ756.0蛯名
ノンコノユメ
セ558.0C.デムーロ
ピオネロ
牡656.0V.シュミノー
ブライトアイディア
牡756.0
ブラゾンドゥリス
牡557.0内田博
ベストウォーリア
牡758.0C.ルメール
マッチレスヒーロー
牡656.0柴田大
メイショウウタゲ
牡656.0
モーニン
牡558.0横山典
ラストダンサー
牡656.0田辺
ロワジャルダン
牡656.0大野
※騎手は予定となります。

以上、20頭が登録されています。

フルゲート16頭立てで…
クインズサターン
シュテルングランツ

の2頭が抽選対象。

チャーリーブレイヴ
サングラス
ブライトアイディア
マッチレスヒーロー

の4頭が除外対象となります。

ユニコーンステークスの予想です。

今年はもともとから注目していた馬たちが非常に良いデータに該当していますので、そのデータが機能してくれることを期待しつつ勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分です。

ユニコーンステークスのデータ展望です。

本日は穴馬探しです。昨年1、2、3番人気馬での堅い決着となり、不発に終わった穴馬の注目傾向がありますので、再度取り上げたいと思います。

ユニコーンステークスのデータ展望です。

まずは出走予定馬です。
馬名性齢負担
重量
騎手
アディラート
牡356.0内田博
アンティノウス
牡356.0
ウォーターマーズ
牡356.0
ウラガーノ
牝354.0
サンオークランド
牡356.0北村宏
サンチェサピーク
牡356.0
サンライズソア
牡356.0岩崎
サンライズノヴァ
牡356.0戸崎
サヴィ
牡356.0藤岡佑
シゲルコング
牡356.0木幡巧
シゲルベンガルトラ
牡356.0横山典
タガノカトレア
牝354.0菱田
テイエムアンムート
牝354.0津村
テイエムヒッタマゲ
牡356.0田中健
トラネコ
牡356.0吉田豊
トロピカルスパート
牝354.0丸田
ハルクンノテソーロ
牡356.0田辺
バンケットスクエア
牡356.0柴田善
ブライトンロック
牡356.0江田照
ブルベアバブーン
牡356.0酒井
ホーリーブレイズ
牡356.0石川
ラユロット
牝354.0C.ルメール
リエノテソーロ
牝354.0大野
リヴェルディ
牡356.0柴田大
※騎手は想定です。

以上、24頭が登録されています。


フルゲート16頭立てで、重賞実績のある…
サンライズソア
シゲルコング
テイエムヒッタマゲ
リエノテソーロ
の4頭が出走可能。

1勝馬であるサンチェサピークが除外対象。残りの19頭中12頭が抽選対象となります。

■にほんブログ村トラコミュ
フェブラリーS(2017)
フェブラリーSデータ分析

フェブラリーステークスの予想です。

競馬の予想をしてればよくあることと言えばあることなんですが、
近走の内容や調教の動きなどから、気持ち的には買いたくないけど、好走データ・傾向を持ち合わせた馬
反対に、
近走の内容や調教の動きなどから、気持ち的には買いたいけど、好走データ・傾向を持ち合わせていない馬
と、今年はこの2つで特に悩みましたね。

本日のダイヤモンドステークスでも、同じようなことが穴馬のところでありました。
当初穴馬候補だったのがラブラドライト。しかし、最終的に穴馬に挙げたのはサムソンズプライドでした。結果はラブラドライトが2着と好走、サムソンズプライドはレース中止となりました。この2頭はまさに上に挙げた通りで…
ラブラドライトは、「気持ち的には買いたくないけど、好走データ・傾向を持ち合わせた馬
サムソンズプライドは、「気持ち的には買いたいけど、好走データ・傾向を持ち合わせていない馬
でした。上手く噛み合う時もあれば、そうでない時もあります。

この取捨が難しいところであり、悩んでいる時間が競馬予想の面白みでもあるんですが、今年のフェブラリーステークスは、「気持ち的には買いたくないけど、好走データ・傾向を持ち合わせた馬」を軽視できない、目を向けなきゃいけないのかなという傾向がありますので、予想の前に、その傾向について挙げていきたいと思います。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ