専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 弥生賞

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

弥生賞(2020)の予想です。

本日は朝方からずっと雨で、現時点(10:00時点)でJRAからの発表は稍重。レース前までは雨雲がずっと東京を覆う予報となっていますので、このまま降り続けばば重馬場くらいにはなると想定しています。

馬場が渋れば紛れが起きると期待しつつ、今年は穴馬が該当馬している好走データがありますので、その穴馬たちを相手に置く形で勝負していきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

弥生賞(2020)のデータ分析です。

本日は、穴馬の好走があるとすればここからではないかと注目している、10年連続好走データについて見ていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は弥生賞(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アラタ牡356.0kg大野
ウインカーネリアン牡356.0kgミナリク
エンデュミオン牡356.0kg田中勝
オーソリティ牡356.0kgヒューイットソン
オーロアドーネ牡356.0kg三浦
サトノフラッグ牡356.0kg武豊
ディヴィナシオン牡356.0kg
パンサラッサ牡356.0kg坂井
ブラックホール牡356.0kg石川
メイショウボサツ牡356.0kg
ワーケア牡356.0kgルメール
ヴィズサクセス牡356.0kg田辺
※騎手は想定です。

以上12頭が登録。全頭出走可能となります。

弥生賞(2019)の予想です。

今年はこのレースと好相性の前走朝日杯FS組が不在ということで、データ的にはどの馬たちも一長一短。ここは実績を重視して、このメンバー・この頭数なら崩れないだろうとみているあの馬から中心に勝負したいと思います。

弥生賞(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
カントル 牡356.0デムーロ
クリノガウディー 牡356.0
サトノラディウス 牡356.0武豊
シュヴァルツリーゼ 牡356.0大野
ナイママ 牡356.0柴田大
ニシノデイジー 牡356.0勝浦
ブレイキングドーン 牡356.0福永
メイショウテンゲン 牡356.0池添
ラストドラフト 牡356.0ルメール
ラバストーン 牡356.0
ヴァンケドミンゴ 牡356.0ミナリク
※騎手は想定です。

以上11頭が登録。全馬出走可能となります。

弥生賞の予想です。

今年は2歳王者ダノンプレミアムに加えて、ワグネリアンオブセッションと、3頭の無敗馬が登場。チューリップ賞同様、少頭数ながらも好メンバーが揃ってくれました。

実績から考えれば、無敗馬たちを順に評価したいところはありますが、前回のデータ分析でも取り上げたように、過去の結果からは無敗馬がめちゃくちゃ好走しやすいという傾向ではありませんでした。なので、現在人気を集めている無敗馬3頭はもちろん中心には加えますが、この3頭での決着となれば諦めるという形で、別の馬から中心に勝負したいと思います。
カテゴリー

↑このページのトップヘ