弥生賞の予想です。

今年は2歳王者ダノンプレミアムに加えて、ワグネリアンオブセッションと、3頭の無敗馬が登場。チューリップ賞同様、少頭数ながらも好メンバーが揃ってくれました。

実績から考えれば、無敗馬たちを順に評価したいところはありますが、前回のデータ分析でも取り上げたように、過去の結果からは無敗馬がめちゃくちゃ好走しやすいという傾向ではありませんでした。なので、現在人気を集めている無敗馬3頭はもちろん中心には加えますが、この3頭での決着となれば諦めるという形で、別の馬から中心に勝負したいと思います。


弥生賞 2018 予想

軸馬は、F人気ブログランキング(※ジャンダルムでした)。
前走は枠の影響もあり終始外々を回る形+最終コーナー手前から早めに仕掛けいったことで、最後に踏ん張りが効かなくなり、勝ち馬に差される結果となりましたが、それでも2着を確保。道中の位置取り、仕掛けどころから考えれば、勝ち馬以上に評価できる内容だったとみています。
今回は前走以上に良い枠に入れましたし、頭数が少なくなる分、捌きとしては楽になるでしょうから、前走同様、良い走りを見せてくれるのではないかと考えました。

また、回転の早い走り、機動性の高さからも、飛びの大きい無敗馬たちよりも中山舞台は合っていると思いますので、相手は強力ですが、位置取り・展開次第では、十分勝ち負けになってくれるのではないかと期待しています。




対抗馬は、ダノンプレミアム
少し抜けた人気となっていますが、やはり実績、これまでの走りからはこの馬が最も手堅い1頭ではないかとみています。

前走の朝日杯フューチュリティステークスは、好位からレースを進めながらも最速上がりの末脚で圧勝。位置取り、ペースなどからも非常に強い勝ち方だったと思います。

今回は少頭数、ペースとしてもある程度この馬に向くとは思いますし、前目で速い上がりも使える馬なので、マークはキツくなるでしょうが、これまでと同様の走りができれば、自ずと結果はついてくると期待しています。





<弥生賞 2018 予想と買い目>
◎軸馬:F人気ブログランキング(※ジャンダルムでした)
◯対抗馬:ダノンプレミアム
▲流し:2、4、5、6、7番以外

◎ - ◯の馬連1点。
◎、◯ - ▲の3連複軸2頭流し3点。



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【弥生賞は赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下
3月1週目は重賞3レース「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「弥生賞」を分析してみました。



こちらは昨年5着まで指数の予想順位を自分でまとめたものです。
指数というのはとても便利だなと思います。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。
以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
2017年は「赤文字のコラボ@指数」が4着まで並んでいます。つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、弥生賞は見えてきた気がします。



そして、この弥生賞の指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「オーシャンS」「チューリップ賞」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。

あなたの予想に指数を加えてみませんか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら