専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 安田記念

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2016)
安田記念 データ分析

安田記念の予想です。

今年は2回目の展望で注目した、馬体重別の傾向から勝負したいと思います。

昨年は、この傾向に気づいておきながら、傾向に反して違う馬を選んでしまい、好走傾向に合ったモーリスとヴァンセンヌのワンツーフィニッシュとなりましたので、今年は逆らわずにここから組み立てていきたいと思います。

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2016)
安田記念 データ分析

安田記念のデータ展望です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年の枠別成績 連対率 複勝率
1 1 クラレント 小牧太 1-2-1-16 15.0% 20.0%
2 2 ダノンシャーク 岩田康誠 3-1-3-13
20.0% 35.0%
3 3 ロサギガンティア M.デムーロ 2-2-0-16
20.0% 20.0%
4 4 ディサイファ 武豊 0-0-1-19
0.0% 5.0%
5 5 コンテントメント B.プレブル 2-1-0-17
15.0% 15.0%
6 ロゴタイプ 田辺裕信
6 7 サトノアラジン 川田将雅 0-1-2-17 5.0% 15.0%
8 モーリス T.ベリー
7 9 イスラボニータ 蛯名正義 1-2-0-25 10.7% 10.7%
10 フィエロ 内田博幸
8 11 リアルスティール 福永祐一 1-1-3-25 6.7% 16.7%
12 レッドアリオン 川須栄彦

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2016)
安田記念 データ分析

安田記念のデータ展望です。

本日は、当日馬体重から注目したい、複勝率(連対率も)100%の好走データを取り上げたいと思います。

昨年もこの好走傾向を取り上げていたんですが、最終予想の段階で、傾向に反し、マイナスデータが揃った馬を選んでしまいましたので、昨年の反省も含め、今年はここに再度注目したいと思います。


まずは比較も兼ねて、当日馬体重別の全体成績を挙げます。データは過去10年です。
■当日馬体重500kg以上
6-6-2-51(連対率18.5%、複勝率21.5%)

■当日馬体重500kg未満
4-4-8-98(連対率7.0%、複勝率14.0%)

以上の様に、当日馬体重が500kg以上ある馬の方が連対率、複勝率ともに優勢という傾向となっています。

この馬体重500kg以上の該当馬に注目し、好走データといきます。

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2016)
安田記念 データ分析

安田記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
イスラボニータ
牡558.0蛯名
クラレント
牡758.0小牧
コンテントメント
セ658.0B.プレブル
サトノアラジン
牡558.0川田
サトノギャラント
牡758.0
ダノンシャーク
牡858.0岩田
ダノンプラチナ
牡458.0横山
ディサイファ
牡758.0武幸
フィエロ
牡758.0C.ルメール
マジックタイム
牝556.0
メイショウマンボ
牝656.0武幸
モーリス
牡558.0T.ベリー
リアルスティール
牡458.0福永
レッドアリオン
牡658.0川須
ロゴタイプ
牡658.0田辺
ロサギガンティア
牡558.0M.デムーロ
※騎手は予定となります。

以上、16頭が登録されています。

現時点で、ダノンプラチナ、マジックタイム、サトノギャラント(次週のエプソムカップに向かうとのことです)の3頭が回避を発表していますので、今年は13頭立てになりそうですね。

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2015)
鳴尾記念(2015)

安田記念、鳴尾記念の回顧です。

安田記念は展開や馬場読みからの予想となりましたが、全く想定通りにならず(笑)。完敗です。反対に救いとなったのが、鳴尾記念。こちらは◎ラブリーデイが勝利、◯アズマシャトルが3着と好走してくれ、的中となりました(*´Д`)。来年に向けて、データの見直しなどを行っていきます。まずは予想を振り返ります。

■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2015)
安田記念 データ分析

安田記念の予想です。

本日の東京は今週の雨の影響が残り稍重開催となりました。明日は予報でも降らないということなので、このまま回復に向かい、良馬場が想定されそうですね。そんな中、少し気になったのが稍重開催だった割には、時計も出ており、上がりも速かったということですね。ペースや展開次第ではありますが、時計勝負、上がり勝負になるのではないかとみています。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ