■にほんブログ村トラコミュ
安田記念(2016)
安田記念 データ分析

安田記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
イスラボニータ
牡558.0蛯名
クラレント
牡758.0小牧
コンテントメント
セ658.0B.プレブル
サトノアラジン
牡558.0川田
サトノギャラント
牡758.0
ダノンシャーク
牡858.0岩田
ダノンプラチナ
牡458.0横山
ディサイファ
牡758.0武幸
フィエロ
牡758.0C.ルメール
マジックタイム
牝556.0
メイショウマンボ
牝656.0武幸
モーリス
牡558.0T.ベリー
リアルスティール
牡458.0福永
レッドアリオン
牡658.0川須
ロゴタイプ
牡658.0田辺
ロサギガンティア
牡558.0M.デムーロ
※騎手は予定となります。

以上、16頭が登録されています。

現時点で、ダノンプラチナ、マジックタイム、サトノギャラント(次週のエプソムカップに向かうとのことです)の3頭が回避を発表していますので、今年は13頭立てになりそうですね。

安田記念 2016 予想オッズと上位馬考察

ここからはnetkeibaさんの予想オッズと、上位人気馬についてみていきます。
人気馬名予想オッズ
1モーリス1.7
2リアルスティール3.9
3サトノアラジン5.6
4イスラボニータ9.2
5フィエロ23.9
6ロサギガンティア29.2
7クラレント32.4
8ダノンシャーク35.2
9ロゴタイプ42.0
10ディサイファ50.5
11コンテントメント59.7
12レッドアリオン197.3
13
メイショウマンボ591.9
※回避を発表している3頭は省いています。


1番人気予想:モーリス

昨年の安田記念の覇者。その後も快進撃は続き、安田記念から直行となったマイルチャンピオンシップも勝利し、春秋マイルG1の制覇となりました。その後、香港のマイルG1を2連勝と海外でもその勢いは止まらず、現在マイルG1を4連勝中(昨年の勝利から数えれば7連中)となります。

日本でも香港でもマイルなら敵なしという近走の走りとなっていますので、ここまでくれば、この勝利がどこまで延ばせるのか、期待は膨らむ一方ですね(*´∇`*)。

ここまでの馬なので、変にケチをつけるのは嫌ですし、普通に応援したいんですが、不安が無い訳ではありません。現時点で気になっているのは…
・状態面
・騎手
・1番人気

の3点。

一つ目は状態面。遠征帰りとなりますので、やはり状態面は気になりますね。前走は間隔があいてはいましたので、普通に考えればある程度の良化は見込めそうですが、言ってもここ4戦ずっとG1レースに使われていますので、その辺りは気になりますね。今週の動きに注目したいですね。


次に気になるのは、今回騎乗予定となっているT.ベリー騎手
「昨年、ラブリーデイで中山金杯を勝利した、数年前から日本で活躍している、あのベリー騎手か!」と私は思っていたんですが、それはF(フランシス).ベリー騎手の方で、今回はT(トニー).ベリー騎手、全くの別人なんですよね。昨年から日本で騎乗し、まだ騎乗機会がそこまで多くないということもあるでしょうが、未だ重賞未勝利となります。日本での全レースを見たわけではないので、なんとも言えないですが、G2やG3も取っていない騎手が、いくらモーリスとはいえ、いきなりG1勝利ということなんてことがあるのでしょうか(´・ω・`)。


最後に気になるのは、当日人気
実績を考えば、モーリスの当日1番人気は揺るがないとみています。そして、この安田記念は、当日1番人気馬が現在3年連続で勝利している傾向にあります。良い流れではありますが、近年こそ1番人気が勝利を続けているものの、3年連続勝利があるまでは、1番人気馬がなかなか勝てないという傾向となっています。傾向は変わっていくものではありますが、そろそろ途切れてもおかしくはないかなと。

以上が、現時点で気になっているモーリスの不安点となります。


と、なんだかんだ書きましたが、前走チャンピオンズマイルに騎乗していたモレイラ騎手は、勝利後のインタビューで、「今日は誰が乗っても勝てていた。」とまで言わしめた馬なので、気持ち的には、連勝をストップすることなく、安田記念の連覇達成、G1レース5連勝を見せてもらいたいですね。先に挙げた不安点が杞憂に終わってくれればいいんですが。。。



2番人気予想:リアルスティール

昨年のクラシックでは勝利には届かず無冠に終わりましたが、前走ドバイターフで悲願のG1制覇。モーリス同様、遠征帰りからこの安田記念への挑戦となります。

今回初のマイル戦となりますが、最も距離の近い1800mは前走を含め、3-0-1-0の好成績を収めていますので、距離への不安は少なそうですね。またこれまで堅実な走りを見せていますので、勝つかは別として、ここも崩れることなく好走を期待できる1頭とみています。マイルという距離でこの馬の良さがさらに引き出されるか注目したいですね。


3番人気予想:サトノアラジン

前走京王杯スプリングカップでは、初の1400mもすんなりこなし、上がり3Fタイム最速の32.4秒の脚で快勝を収めています。またこれまで芝1600mは2-2-1-1で、唯一の着外は昨年のマイルチャンピオンシップの4着と、かなり堅実。ここも崩れるイメージは持ていないですね。

また昨年のマイルチャンピオンシップは惜しい内容でしたが、言っても京都舞台は初でしたいし、今回は好走実績の多い東京舞台に変わりますので、より期待できる部分が大きいとみています。



4番人気予想:イスラボニータ

昨年のマイルチャンピオンシップでは、2歳時以来となるマイル戦ではありましたが、レースは最速の上りをマークし3着と好走。マイル戦の経験は少ないものの1-1-1-0と、こちらも堅実な成績を残しています。

昨年の活躍を考えればここも期待したいところはありますが、今年は中山記念から始動し、9着。続く、前走産経大阪杯は5着と、相手が強かったということもあるでしょうが、少し物足りない内容に映りました。東京舞台は合うと思いますが、近走の内容を考えると、若干衰えが出てきたのかなという心配もありますね。

イスラボニータは、調教の動きとレースの出来が連動するイメージを個人的に持っていますので、この週の動きを見てから判断したいですね。

以上が、予想オッズの単勝オッズ一桁台の上位4頭となります。


この4頭の中では、もちろんモーリスを応援したい気持ちが大いにありますが、先にも挙げた通り不安がない訳ではないので、一番堅実に走ってくれそうというところで、現時点ではサトノアラジンに最も注目しています。

先週のサトノダイヤモンドではありませんが、冠名から勝つイメージは持てないものの、臨戦過程や舞台実績等を考えれば、確実に2、3着には残ってくれそう。4頭の中でも最も不安点が少ない印象がありますので、現時点の軸馬候補と考えています。




最後に、穴馬候補としては…
A人気ブログランキング
(※ロゴタイプでした)
が気になっています。

東京で走るイメージはあまりないんですが、成績的にはまずまずの適性をみせてくれています。ペース次第ではありますが、力はある馬だと思いますので、3着候補として少し注目しています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ