東京新聞杯のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤリード 牝554.0
カデナ 牡456.0福永
ガリバルディ 牡757.0三浦
クルーガー 牡656.0浜中
グレーターロンドン 牡656.0川田
サトノアレス 牡457.0柴山
ストーミーシー 牡556.0大野
タガノブルグ 牡756.0
ダイワキャグニー 牡456.0横山典
ダノンプラチナ 牡656.0田辺
ディバインコード 牡456.0北村宏
デンコウアンジュ 牝554.0蛯名
トウショウピスト 牡656.0田中勝
ハクサンルドルフ 牡556.0戸崎圭
ベルキャニオン 牡756.0石橋脩
マイネルアウラート 牡757.0柴田大
リスグラシュー 牝455.0武豊
※騎手は想定です。

以上17頭が登録されています。

フルゲート16頭立てで、除外対象はタガノブルグとなります。


東京新聞杯 2018 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。
人気 馬名 予想オッズ
1 グレーターロンドン 3.1
2 ダイワキャグニー 4.1
3 リスグラシュー 5.6
4 ダノンプラチナ 5.9
5 クルーガー 6.7
6 アドマイヤリード 9.1
7 サトノアレス 20.4
8 デンコウアンジュ 29.7
9 ハクサンルドルフ 35.5
10 カデナ 46.2
11 ディバインコード 64.6
12 ストーミーシー 89.1
13 ベルキャニオン 128.0
14 ガリバルディ 144.6
15 マイネルアウラート 166.2
16 トウショウピスト 844.5
17 タガノブルグ 1055.6


初の重賞挑戦がG1安田記念で、4着と力を示したグレーターロンドン

全4勝は全て東京という舞台巧者ダイワキャグニー

昨年の秋華賞、桜花賞で2着の実績リスグラシュー

昨年4着、また同舞台の富士ステークスの勝ち馬であるダノンプラチナ

前走京都金杯で2着と好走したクルーガー

昨年のヴィクトリアマイルの覇者アドマイヤリード

ここまでが予想オッズの一桁台、上位6頭となります。

実績馬が多数、なかなかな好メンバーが揃ってくれそうですね。




東京新聞杯 2018 データ:複勝率60.0%の好走傾向

本日は、前走舞台別の傾向から、前走中山舞台組について取り上げたいと思います。

※データは過去10年分です。



前走中山舞台
3-4-2-27】(連対率19.4%、複勝率25.0%)

この全体成績から絞り込みを行い、注目したいのが以下のデータです。

・前走中山舞台
・前走3番人気以内
・前走ダート戦を除く


この3点を満たした該当馬は→3-4-2-6】(連対率46.7%、複勝率60.0%)

前走中山舞台組の好走馬9頭全馬が満たしていた点となります。

昨年は該当馬がおらず、一昨年は2頭の該当馬が共に着外と、ここ2年は好走馬が出てきていませんが、今年は該当馬自体も多く、傾向戻りを期待できるのではないかと注目しています。




□該当馬
カデナ
グレーターロンドン
ダイワキャグニー
ダノンプラチナ
デンコウアンジュ
ベルキャニオン

の6頭。

この中で、前走3番人気以内を満たしているのは…
(※前走ダート戦の該当馬は1頭もいません。)
グレーターロンドン(前走1番人気)
ダイワキャグニー(前走3番人気)
ダノンプラチナ(前走1番人気)
の3頭。

予想オッズの上位馬たちというところでなんら面白みはないですが、どの馬たちも東京舞台での実績は申し分ありませんので、前走からの舞台替わりは大きくプラスに働きそうですね。予想オッズの人気通り、順当に各馬を評価ができるのではないかとみています。

データの率からはこの3頭から1頭ないしは、2頭の好走馬が出てきてくれるのではないかと期待していますので、ここから軸馬を選んでいこうかなと考えています。




最後に、良い傾向側にいる3頭の中で、最も注目している1頭を挙げたいと思います。
B人気ブログランキング
(※ダノンプラチナでした)
です。

ここ3年ほどの東京新聞杯は全体時計がかかる傾向で、そうなればこの馬にとってプラスに働くのではないかと考えています。あくまで想定なので、あとは前日の結果を見てからということになりそうですね。

前走内容からは状態面も良さそうで、引き続き維持できていれば、ここも好勝負になってくれるのではないかと注目しています。




応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【馬券内は意外にわかりやすかった】荒れる東京新聞杯と安定のきさらぎ賞
東京新聞杯、きさらぎ賞のある指数データの結果です。


■東京新聞杯の見解
2017年~2014年までの結果をみると
一見大荒れのように見えます。
しかし、僕の見解では2017年と2016年の結果だけで十分です。
理由は、指数というのはデータの蓄積。年々精度が上がります。
2017年万馬券、2016年30万馬券、
2015年と2014年は10万馬券ほどの決着です。
注目点は【指数1位~4位まで】
2015年と2014年は10万馬券ほどの決着でしたが指数はボロボロ。
しかし、年々精度は上がり、
2016年は30万馬券になりながらも指数3位4位が1着2着と好成績。
精度が上がってきている証拠です。
2017年は万馬券決着でしたが、
指数1位~4位でしっかりと3連単を的中させてきています。

東京新聞杯の指数は日曜当日昼、
サイト運営者「北条のブログ」にて無料公開されますのでお楽しみに。
→ 無料会員登録ページ

■きさらぎ賞
このレースは安定的中です。
堅いのでそこまで配当に期待はできませんが、
注目点は【指数1位~3位】
2017年4着は指数1位、2014年4着は指数3位。
指数1位~3位が2014年から毎年4着まで占めている結果となっています。
2017年1着だった単オッズ17.2倍、6人気アメリカズカップ。
距離適性はどう見ても1,800m。きさらぎ賞にばっちりハマっていた馬でした。
こんな穴馬が今年の出走馬にもいたら、
買い目にプラスしてもいいかもしれません。

きさらぎ賞の安定的中の3連単買い目はコチラから
→ 無料会員登録ページ

実は先週、このデータの的中精度について話をしました。
【三連単的中率平均40%。東京は50~70%まで飛躍】
先週の27日土曜日結果、その通りになりました。
やっぱり東京に強い。
12レース中7レース3連単的中 的中率58.3%
6頭BOXの120点で買っても、
回収率125.3%(36,560円勝ち)
5頭BOXの60点でも東京は十分、
回収率250.7%(108,560円勝ち)




ぜひ注目してみてください。
→ 無料会員登録ページ