専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 天皇賞・春

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2016)
天皇賞・春 データ分析

天皇賞・春の予想です。

どこから組み立てていくか非常に悩み、悩みに悩んでいると更新が遅くなってしまいました(●´ω`●)。一時は堅い予想になってしまったんですが、やはり波乱も警戒したいですし、1週間前から注目していた穴馬がいましたので、そこを絡めつつ組み立てていきました。では、まずは軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2016)
天皇賞・春 データ分析

天皇賞 春のデータ展望です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年の枠別成績 連対率 複勝率
1 1 キタサンブラック 武 豊 4-1-2-12 26.3% 36.8%
2 トゥインクル 勝浦 正樹
2 3 カレンミロティック 池添 謙一 0-1-2-16 5.3% 15.8%
4 トーセンレーヴ 武 幸四郎
3 5 フェイムゲーム H.ボウマン 2-0-1-17 10.0% 15.0%
6 アドマイヤデウス 岩田 康誠
4 7 ファタモルガーナ 内田 博幸 2-0-0-18 10.0% 10.0%
8 シュヴァルグラン 福永 祐一
5 9 トーホウジャッカル 酒井 学 0-1-0-19 5.0% 5.0%
10 アルバート C.ルメール
6 11 タンタアレグリア 蛯名 正義 1-2-3-14 15.0% 30.0%
12 ヤマニンボワラクテ 丸山 元気
7 13 マイネルメダリスト 柴田 大知 0-2-1-23
7.7% 11.5%
14 サトノノブレス 和田 竜二
15 サウンズオブアース 藤岡 佑介
8 16 ファントムライト 三浦 皇成 1-3-1-23 14.3% 17.9%
17 ゴールドアクター 吉田 隼人
18 レーヴミストラル 川田 将雅

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2016)
天皇賞・春 データ分析

天皇賞・春のデータ展望です。

本日は、昨年に引き続いて、各年齢別の傾向から各馬好走の可能性を探っていきたいと思います。まずは各年齢の全体成績をみていきます。

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞 春(2016)
天皇賞 春 データ分析

天皇賞 春のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきいます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤデウス
牡558.0岩田
アルバート
牡558.0ルメール
カレンミロティック
セ858.0秋山
キタサンブラック
牡458.0武豊
ゴールドアクター
牡558.0吉田隼
サウンズオブアース
牡558.0藤岡佑
サトノノブレス
牡658.0和田
シュヴァルグラン
牡458.0福永
タンタアレグリア
牡458.0蛯名
トーセンレーヴ
牡858.0武幸
トーホウジャッカル
牡558.0酒井
トゥインクル
牡558.0勝浦
ファタモルガーナ
セ858.0内田博
ファントムライト
牡758.0三浦
フェイムゲーム
牡658.0ボウマン
マイネルメダリスト
牡858.0柴田大
マドリードカフェ
牡558.0
ヤマニンボワラクテ
セ558.0丸山
レーヴミストラル
牡458.0川田
※騎手は予定となります。

以上、19頭が登録されています。除外対象は、マドリードカフェです。

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2015)
青葉賞(2015)

天皇賞・春、青葉賞の回顧です。

青葉賞は、アタマはないだろうと3番手評価したレーヴミストラルが勝利してしまいましたが、◎ヴェラヴァルスターが3着、◯のタンタアレグリアが2着と、推奨馬4頭中3頭が好走し的中!

天皇賞・春は、予想には絡めずも、期待していたゴールドシップが勝利!個人的に買ったものは良かったですが、予想としては完敗となりました。。。そんな予想は以下の通りです。

■にほんブログ村トラコミュ
天皇賞・春(2015)
天皇賞・春 データ分析

天皇賞・春の予想です。

前人未到の3連覇がかかったフェノーメノの回避はかなり残念でしたが、それでもダービー馬キズナ、芦毛の怪物ゴールドシップと、なかなか興味深いメンバーが揃ってくれたのではないでしょうか。勝つ馬がどの馬なのか、正直全く予想がつかない印象なんですが、これまで見ていったデータや血統から組み立てて勝負したいと思います。ではまず軸馬から。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ