天皇賞 春のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アルバート 牡758.0ルメール
カレンミロティック セ1058.0池添
ガンコ 牡558.0藤岡佑
クリンチャー 牡458.0三浦
サトノクロニクル 牡458.0川田
シホウ 牡758.0浜中
シュヴァルグラン 牡658.0ボウマン
スマートレイアー 牝856.0四位
ソールインパクト 牡658.0福永
チェスナットコート 牡458.0蛯名
トーセンバジル 牡658.0Mデムーロ
トウシンモンステラ 牡858.0藤岡康
トミケンスラーヴァ 牡858.0秋山
ピンポン 牡858.0宮崎
ミッキーロケット 牡558.0和田
ヤマカツライデン 牡658.0松山
レインボーライン 牡558.0岩田
※騎手は想定となります。

以上17頭が登録。全馬出走可能となります。


天皇賞 春 2018 予想オッズ

続いて、netkeibaさんの予想オッズです。
人気 馬名 予想オッズ
1 シュヴァルグラン 3.0
2 レインボーライン 3.7
3 クリンチャー 5.5
4 ガンコ 5.6
5 サトノクロニクル 7.6
6 アルバート 14.0
7 トーセンバジル 15.8
8 チェスナットコート 18.2
9 カレンミロティック 46.1
10 ミッキーロケット 63.7
11 スマートレイアー 64.1
12 ソールインパクト 128.2
13 ヤマカツライデン 231.3
14 シホウ 709.2
15 トミケンスラーヴァ 886.5
16 トウシンモンステラ 2659.6
17 ピンポン 10638.3

前走大阪杯では13着と大敗も、一昨年3着、昨年2着の実績があるシュヴァルグラン

前走阪神大賞典を最速上がりで快勝したレインボーライン

前走阪神大賞典3着、京都芝は3戦3連対のクリンチャー

前々走1600万下から連勝で日経賞を制したガンコ

前走阪神大賞典で2着と好走したサトノクロニクル

ここまでが予想オッズの一桁台、上位5頭となります。


昨年ジャパンカップを制したシュヴァルグランが唯一のG1馬という少し寂しいメンバーとなりそうで、オッズの方もまずまず割れそうですね。



天皇賞 春 2018 データ:気になる前走日経賞組

本日は、過去の流れから、今年こそはと気になっている前走日経賞組について取り上げたいと思います。


まずは過去10年、前走日経賞組の各年の成績と好走馬たちを挙げていきます。

■2017年0-0-0-6
好走馬なし(最高は4着)

■2016年0-0-0-3
好走馬なし(最高は6着)

■2015年0-0-0-7
好走馬なし(最高は6着)

■2014年1-1-1-6
1着(4番人気):フェノーメノ[前走 2番人気5着]
2着3番人気):ウインバリアシオン[前走 1番人気1着
3着(12番人気):ホッコーブレーヴ[前走 10番人気2着

■2013年
1-0-0-4
1着2番人気):フェノーメノ[前走 1番人気1着

■2012年0-0-1-3
3着2番人気):ウインバリアシオン[前走 2番人気2着

■2011年
0-0-0-5
好走馬なし(最高は6着)

■2010年0-1-0-4
2着(4番人気):マイネルキッツ[前走 6番人気1着

■2009年1-1-0-5
1着(12番人気):マイネルキッツ[前走 7番人気2着
2着(4番人気):アルナスライン[前走 4番人気1着

■2008年0-0-0-1
好走馬なし(最高は6着)

※年:その年の日経賞組の成績
着順(当日人気):好走馬[前走レース]
(または好走馬なし(該当馬の最高着順))
の順に記載しています。



これら過去の流れから気になったのは、ここ3年連続、前走日経賞組から1頭も好走馬が出てきていないという点です。


この天皇賞春は、最大のステップレースが阪神大賞典組となるので、日経賞組はどうしてもデータ的には劣勢となるんですが、それでも3年連続で好走馬が出てきていないというのは非常に稀なこととなります。
今回挙げた過去10年だけでなく、グレード制導入後(1984年以降)を遡っても、4年連続で前走日経賞組から好走馬が出てこなかったことは、過去1度もありませんでした。

この近年の結果から考えれば、今年こそは前走日経賞組から好走馬が期待できるのではないかと気になっています。



前走日経賞組の該当馬

ガンコ(前走3番人気1着
ソールインパクト(前走8番人気7着)
チェスナットコート(前走7番人気2着
トーセンバジル(前走2番人気5着)

前走日経賞から参戦予定となるのは上記4頭。

例年に比べれば該当馬が少ないので、少し不安はありますが、先述通り、今年は菊花賞馬もグランプリホースも不在、G1馬も1頭という手薄なメンバー構成となりそうなので、数多く重賞で実績がない馬たちでもチャンスは十分にあるとみています。

また予想オッズからは、当日人気になりそうなのはガンコ1頭のみ。他3頭は下位人気が濃厚そうなので、ガンコ以外から好走馬が出てくるとなれば、少しは波乱の可能性もあるのではないかと。
そういったことも諸々含め、今年はこの日経賞組から中心に勝負するのが面白いのではないかと期待をしています。



最後に、この日経賞組の中で、現時点で最も気になっている1頭を挙げたいと思います。
A人気ブログランキング
(※チェスナットコートでした)
です。

斤量や距離などいくつかクリアしなければいけない点はありますが、血統面からは外せない1頭とみています。あまり人気にもならなそうなので穴馬候補の1頭として注目しています。


1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:春だよ!春! 天皇賞・春の季節がやってきた~!
先日、こっそり友人から教えてもらって指数サイトを覗くようになったんです。
そしたら的中率が上がる上がる!!嘘じゃないんです!!本当です!!
ここの指数は、ここでしか出せません。異次元データとも言われています。
指数30以下赤文字には要チェックですよ~!
うまコラボの指数を元に自分の予想を更にプラスし、今週は天皇賞・春ということで予想を開花させましょう~(*^▽^*)
天皇賞・春の予想をチェック

第157回 天皇賞・春 (GⅠ)
4歳以上オープン (芝3,200m)
いよいよ開幕。
今年も熱いメンバーが集結しました!
やはり注目が集まるのは・・・
シュヴァルグラン、クリンチャー、レインボーライン、ガンコの4頭でしょうかね~。

シュヴァルグラン
前走の大阪杯は13着という結果で終わってしまいましたね…。
叩き2戦目なので問題なく好走してくれるはず!
G1馬は1頭だけなので頑張ってほしいですね。

クリンチャー
今年の京都記念でダービー馬レイデオロを倒した強者。
満点の追い切りができたと調教師さんが太鼓判を押しているので期待できるんでは?
当日の馬場状態が鍵。

レインボーライン
前走の阪神大賞典のように4コーナーからスッと飛び出してくれれば可能性大。
ステイゴールド産駒は雨に強いので稍重以上であれば狙い目。
チャンスレースです。

ガンコ
明らかに馬格が変わり楽しみになってきました。
このメンバー構成なら十分いける。
春天勝って良い結果を残してほしいです。

うまコラボの昨年の天皇賞・春指数結果はこちらです。



昨年も一昨年も、指数上位馬3頭の内、必ず2頭が絡んでいたんです。
ってことはですよ?
複勝の勝率はグーンと上がりますよね!うまくいけばワイド馬単馬連的中
いいこと尽くしの週末を過ごせちゃいますね^^

うまコラボ複勝率が本当に素晴らしい!
90%超えは当たり前!100%の日が続出!
これは、、、! 1歩勝利の道へ進めますね~。
私は暫くは複勝に賭けて遊んでみる事にします☆★
当たり癖をつけないといけないですからね!!!!!
いつも大穴狙いなのでたまには地道にコツコツも有りですね!

日曜日には、うまコラボの運営者の北条氏がブログで予想をアップしていますよー!
是非、参考にしてみて下さいね。



まずはお試しで無料登録してみませんか?
コチラ