スプリングステークスの予想です。

現在1番人気は、前走朝日杯フューチュリティステークスで2着と好走したステルヴィオ
もともとはこのステルヴィオを対抗馬に置いて別の馬を軸に勝負したいと考えていましたが、ここから買いたいと思う1頭も見つからず…。人気にはなりますがこのステルヴィオから中心に、気になる穴馬を絡めつつ勝負したいと思います。


スプリングステークス 2018 予想

ということで、軸馬はステルヴィオ
デビューから4戦4連対と安定感もあり、敗れた相手はダノンプレミアムのみと考えれば、当然このメンバーでは力は最上位となるでしょう。

ここ2走の走りからは位置取りが後方過ぎるので、展開次第では差し届かないという心配もありますが、しっかりと脚を溜めることができれば、必ず伸びてこれる末脚がありますので、余程にロスが発生しない限りは、ここも馬券内は堅い1頭とみています。




対抗馬は、エポカドーロ
ここは前回のデータ分析でも名前が挙がった、複数該当馬がいれば必ず好走馬が出てきているデータの該当馬となります。

他にもバールドバイマイネルファンロンも該当馬にあたりますが、2連勝の勢いや脚質面から、この馬を一番に評価したいと考えました。

土曜日の結果を見る限りでは、中山は差しも届いていますが、まだ若干先行馬や、最終コーナーで前目につけれる馬が有利に働く馬場に映りましたので、おそらく1、2番手にはつけれそうなこの馬の先行力に期待したいと思います。




最後に穴馬は、H人気ブログランキング(※ビッグスモーキーでした)。
良いデータがあるわけでも、血統的にも厳しい印象もあるんですが、前走の走りや、これまで好走した距離から考えればチャンスがあるのではないかと注目している1頭となります。

前走は敗れはしたものの、時計面や相手関係から考えれば、まずまず評価できる内容だったとみています。またこの距離では安定して勝ち負けを続いていますので、前走からの距離変わりは大きくプラスに働きそう。

これまでの走りからは位置取りが極端なことはなく、好位から正攻法の競馬を続けていますので、上手く流れに乗ることができれば、前走同様、ここも上位争いのチャンスがあるのではないかと期待しています。




<スプリングステークス 2018 予想と買い目>
◎軸馬:ステルヴィオ
◯対抗馬:エポカドーロ
▲穴馬:H人気ブログランキング
(※ビッグスモーキーでした)
△流し:1、3、9、13番以外

◎ - ◯、▲の馬連2点。
▲ - ◎、◯のワイド2点。
◎ - ◯、▲ - △の3連複フォーメーション13点。



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【スプリングステークスは赤文字があなたを導く】注目は指数値30以下
今週は重賞4レース「フラワーC」「ファルコンS」「スプリングステークス」「阪神大賞典」
そこで、的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って「スプリングステークス」を分析してみました。

この指数はとても便利だなと思っています。
様々な指数の良いところをまとめて弾き出しているので、レースにフィットした数値と言えますし、自分の予想を補完してくれる良きパートナーだと思います。
初心者の方にも実は分かりやすい見方があるんです。下のデータを見てみてくださいね。
今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちらから登録してください。

それでは分析結果です。
以下は2017年のコラボ指数を着順に並べ替えたものです。
指数はデータを蓄積することで精度が上がるので注目は昨年のデータです。
昨年は「赤文字のコラボ@指数」が7着まで並んでいます。
つまり、注目すべき点は「30以下の指数」です。

赤文字のコラボ@指数と騎手や前走データなどの情報を合わせると、スプリングステークスは見えてくるでしょう!



そして、このスプリングステークスの指数予想はサイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼、無料公開されます。まず会員登録してデータをチェックすることをおススメします。

現在、「うまコラボ講座」内においてプレゼント企画実施中です。
一番下の「あなたにプレゼントがあります NEW!」をクリック。
無料会員でも使えるよう、全開催場の6レースまでのコラボ@指数の活用法が結構なボリュームでもらえますよ。指数の使い方を見つけるチャンスです!



精度の高い指数を弾き出す為の裏付けであるデータの豊富さにもビックリします。
隅々までチェックしてください。あなたが必要としているデータが浮かび上がってくるはずです。
もちろん「フラワーC」「ファルコンS」「阪神大賞典」も
赤文字のコラボ@指数」要するに「指数30以下」に注目していきたいと思います。
⇒ スプリングステークスの予想を見る