■にほんブログ村トラコミュ
シンザン記念(2016)
シンザン記念データ分析

シンザン記念の予想です。

先週行われた京都金杯と同舞台ということで、まだ京都は内が有利、そして先行馬が絡んでくることが想定されますね。ただ現在人気となっているピースマインドやラルクなど、今年は前につきたい馬が多い印象で、前が速くなる可能性があるとみています。また先行できずに力を出し切れない馬も多数出てくるとみています。なので、「力があるであろう先行馬+差し馬」、そんな形で考えていきました。ではここから予想です。

シンザン記念 2016 予想

軸馬は、ピースマインド
現在1番人気となりますが、やはり朝日杯フューチュリティステークの勝利馬リオンディーズと新馬戦で0.2秒差、3着以下を離したことを考えれば、ここは評価せざるを得ない1頭とみています。前走の未勝利戦でも完勝を収めていますので、ここは能力の違いを期待したいところ。
展望でも挙げたように、ここ2戦がともに2000mというところで、マイルへの対応がどうなのか少し心配ではありますが、他にこの馬という馬が見当たらず、評価を下げずにこの位置としました。


対抗馬は、レオナルド
このシンザン記念はサンデーサイレンス系が強い傾向となりますので、父アドマイヤムーン産駒を選ぶのはちょっと違うかなと考えましたが、それでも父母父がサンデーサイレンスなので、その点はカバーできるとみています。またハナを切る必要がなく好位からの競馬ができる点、2枠という好枠を取れた点を評価したいと思います。
前がやりあってくれ、その少し後ろで競馬を進めれば展開面でもプラスになると思いますし、しっかりと川田騎手がおってくれれば、なかなかスピードは落ちないとみていますので、ジリジリ伸びる脚で上位争いに加わってくれるとみています。


3頭目は、ジュエラー
ここからは差し馬狙いということで、アストラエンブレムと非常に悩みましたが、アストラエンブレムが出走したサウジアラビアロイヤルカップの上位馬たちはその後活躍がみられない点、また間隔というところで、こちらを取りました。
ジュエラーは新馬上がりというところでキャリアの面で不安がありますが、その新馬戦は内を通った先行馬が2、3着にくる中、上がり最速で差し切り勝ち。上がり3Fタイム2位が34.8秒で、こちらは34.0秒と、0.8秒差の脚を考えれば能力は高いとみています。今回は相手が強化されますが、前が速くなれば展開面での恩恵もあると思いますので、前走ような差し脚を期待したいですね。


最後に、穴馬はE人気ブログランキング(※レインボーラインでした)。
こちらは前回の展望で注目した穴馬傾向に合致した1頭。他にも気になる穴馬がいましたが、実績を考えればこの馬はもう少し評価されても良いと思いますので、妙味を考えればここかなと。
これまで安定した走り、安定した上がりの脚があり、また先週同じ舞台で行われた京都金杯で好走した同じ父を持つのもプラス。何度も言うように、前がある程度速くなることを想定していますので、この馬の差し脚が活きる展開になればチャンスが出てくるとみています。
一つ心配なのは、馬体がずっと減り続けている点。ここでまたマイナスとなれば違う馬にした方が良い気もしますが、ここでプラス体重となれば好走のサインではないかと考えています。


<シンザン記念 2016 予想>
◎軸馬:10ピースマインド
◯対抗馬1:7レオナルド
▲対抗馬2:3ジュエラー
△穴馬:E人気ブログランキング(※レインボーラインでした。)
☆流し:1、4、6、8、13、16、17、18番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ