ラジオNIKKEI賞の予想です。

今年はいくつか狙ってみたいデータの該当馬がいますので、そこらを組み合わせつつ勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年(2011年中山開催を除く)です。


ラジオNIKKEI賞 2017 予想

軸馬は、クリアザトラック
ここは1回目の展望で挙げた前走上がり3Fタイム1位組の好走データから注目したい1頭。

好走データは以下の通り。
・前走上がり3Fタイム1位
・当日2番人気以内


この2点を満たした該当馬は→【3-2-2-4】(連対率45.5%、複勝率63.6%)の好走傾向。

前走上がり3Fタイム1位の全体成績が【3-2-3-22】(連対率16.7%、複勝率26.7%)なので、1頭を除き、その他の好走馬は、当日2番人気以内から出てきています。

現在のオッズでは3番人気となっていますので、この好走データを満たせるかは微妙ですが、なんとか2番人気まで上がってきてくれれば大きな後押しになるとみています。


またその他では、勝利数別のデータに注目しています。
3勝馬は【2-1-1-8】(連対率25.0%、複勝率33.3%)とまずまずの傾向。該当馬がいた6年の内、4年で好走馬が出てきています。昨年は唯一の該当馬だったブラックスピネル(当日2番人気)が5着に敗れる結果となりましたので、今年は傾向が戻ってきてくれるのではないかと期待しています。


脚質からは外枠はマイナスな印象もありましたが、前走は外枠からしっかりと脚を溜めることができましたので、同じような競馬ができれば、ここも勝ち負けになってくれるとみています。



対抗馬は、ライジングリーズン
クリアザトラックの3勝という点を評価するのであれば、同じく該当馬であるこちらも評価したいですね。

直線の短い中山コースで全3勝を上げていますので、コース形態としてはこの福島舞台は合いそうですし、父サンデー系×母父ミスプロ系の組み合わせは、ここ3年連続で好走馬が出てきており、血統面もプラスの印象。

また3走前のフェアリーステークスでは、後にNHKマイルカップを制するアエロリットを破っていますので、単純な物差しで考えれば力は上位。展開の恩恵は必要になってきそうですが、後方からしっかりと末脚を使えれば、自ずと結果はついてくるとみています。



対抗馬2頭は、サトノクロニクル
これまで5戦をこなし5連対と連対率100.0%をキープしている堅実馬。

このラジオNIKEI賞まで連対率100.0%の成績を残している該当馬は【1-0-1-2】(連対率、複勝率ともに50.0%)で2頭に1頭が好走している傾向。サトノクロニクルと無敗馬であるセダブリランテスが該当していますので、どちらかは馬券になってくれそうですが、重賞実績のあるこちらを評価した形となります。

前走白百合ステークス組は【0-3-0-15】(連対率、複勝率ともに16.7%)で、1番人気馬としては少々不安の残る臨戦過程。前走の内容もなんとか凌いだという勝利でしたし、これまでの走りからもエンジンのかかりが遅いタイプに映りますので、ここでの舞台替わりはマイナスな印象。取りこぼす可能性もありそうなので3番手評価としました。



最後に穴馬は、E人気ブログランキング(※マイネルスフェーンでした)。
前回の展望で注目した穴馬候補の2頭から選んでいこうかなと考えていましたが、やはりデータの率としては不安もありましたので、別のところからということで、以下のデータに注目しました。

・1勝馬
・キャリア6戦以上
・前走G1組
この3点を満たした該当馬は【0-2-1-2】(連対率40.0%、複勝率60.0%)となります。

該当馬は非常に少ないですが、好走馬3頭の当日人気は9、5、14番人気で下位人気馬寄りの傾向となっていますので狙いがいはあると考えました。


近走の走りからは少々物足りないところもあるんですが、距離や位置取りなどからは言い訳できる敗戦だったと思いますし、4コーナーある右回りコースでは大きく崩れたことがありませんので、前走からの舞台替わりはプラスの印象。重賞でも通用しているように力はここでも通用するとみていますので、2、3着候補として期待しています。


<ラジオNIKKEI賞 2017 予想>
◎軸馬:クリアザトラック
◯対抗馬1:ライジングリーズン
▲対抗馬2:マイネルスフェーン
△穴馬:E人気ブログランキング(※マイネルスフェーンでした)
☆流し:2、9、10番以外
推奨馬・馬券について

応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR 『夏競馬で取り返す!キタサンブラックに泣いた僕が3連単を当てる方法。
宝塚記念、単勝1.4倍の指示を集めた圧倒的人気のキタサンブラックがまさかの9着。
僕が個人的に買った馬券は、キタサンブラック1頭軸の相手6頭。
最後の直線で馬郡に飲まれたキタサンブラック。
一瞬にして18,000円の馬券がゴミになりました・・・。
友達は、競馬サイトを参考にして3連単的中。7万円を手に入れてました。

函館SSに続き、宝塚記念までもが全く走りきれていない1番人気。
単勝人気とはなんだ!?オッズとはなんだ!?おぃ新聞!おぃTVのやつら!
何もかも信用しちゃいけないと思いました。

当たった友達が参考にしている競馬サイトでも、
キタサンブラックを1着予想した参考買い目が出されたそうですが、
買い目を6頭BOXで推奨していて、友達はそこからさらに自分の予想を加えて的中させました。

競馬サイトってすべてがお金かかるだろと思いきや、
ちゃんと無料会員と有料会員のメニューが分かれていて、
先週は宝塚記念予想が無料。今週はCBC賞予想が無料。
「コラボ放題プラン」というのが有料メニューだそうで、
全レースの予想とこのサイトが選んだ的中に自信のあるレースの買い目を提供してくれるそうです。
毎週馬券代に週万円使っているとすごく安い印象で、値段は30日間使いたい放題1,980円。
これ以上かからないそうです。

数万円するならやめようと思ったけど、
無料でも使えるんだったら参考に見てみてもいいかもしれませんよね。
コレです。
(クリック)⇒  『うまコラボ』

宝塚記念を外した僕が、今週のCBC賞/ラジオNIKKEI賞予想をする上で考えることは、
『1番人気馬が馬券に絡まないときの買い方』です。
友達が買ってたBOX買いも視野にいれながら、今週は勝負します。
今や、僕はうまコラボの予想が気になって仕方ないのですが、
実は先週、色々なブロガーさんの予想を見ていたら、
【もしも、キタサンブラックが4着だったら?】という内容の「うまコラボ」の記事を目にしています。
函館SSで1強と言われたセイウンコウセイが着外だったように、
キタサンブラックも着外の可能性がある。
「そのキタサンブラックが馬券に絡まなくても三連単を的中できる買い方を選定しよう」というものでした。

まさに今年の宝塚記念は、その通りの決着となりましたよね。
僕もうまコラボを参考にしておけば当たっていたかも。
今更ですが、そう思っています。

今週末は、CBC賞(中京競馬場)、ラジオNIKKEI賞(福島競馬賞)が開催されます。
昨年は、
CBC賞:三連単136,160円。
ラジオNIKKEI賞:三連単67,460円と荒れた決着を見せ、
今年の配当にも十分期待できます。

僕は函館SS、宝塚記念とマイナス合計36,000円。2連敗しています。
この負け分を何がなんでも取り返したい!
競馬新聞読んでもハズレまくり。TVの方々の予想みてもハズレまくり。
どれを信用したらいいかわからない!

「うまコラボ」を使って今週末挑みます!

数年分のデータを貯め込んだ指数サイトみたいですが当たっているのでしょうか。
さっそく無料会員登録してみました。

アドレスを入力後、返信メールをクリックして登録完了すると、
競馬の殿堂というところ(厳選した6頭が90%馬券に絡む予想)と
ヒットメイク(200%勝つ単勝馬券術)というところの
別サイトからの特典がもらえるといった紹介ページに飛びましたが、
まずは本命のうまコラボにログインしてみました。

どこをどう使えばいいか色々見たところ、
予想をするうえで下の4つは見た方がいいと思います。



【今週のコラボ@指数】
今週末のレース予想公開ページ。レース前日夕方に予想公開。
【過去のコラボ@指数】
2014年からのすべての的中・不的中実績掲載。過去重賞的中実績の確認。
【北条のブログ】
レース当日に重賞予想がでてました。(今週はCBC賞のようです。)
【コラボ放題プラン】
有料会員:全競馬場の全レースの予想(3場開催だと72レース)を公開+厳選レースの買い目が公開されるプラン。
30日間1,980円で使いたい放題。(ラジオNIKKEI賞予想はこのプラン)
※無料会員:無料で提供してくれる内容は前半戦数レース分の予想+週末重賞1レース。
無料でも利用価値は十分にあり、内容はかなり豊富という印象です。

実績を見ると4月のニュージーランドTで49万馬券当ててました!
あのレースは1番人気のクライムメジャーが8着で、1着は12番人気単勝51倍の穴馬ジョーストリクトリ。
うまコラボでは上位入選予想をしていて三連単的中したようです。
こんな人気薄の穴馬を見極められる力もあるんだったら試してみたいですね!
⇒  「このページ」から簡単に無料会員登録できます。