専ら軸馬 穴馬 2019 データ 血統 予想

【2019 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 大阪杯

大阪杯(2019)の予想です。

フルゲートを割ることにはなりましたが、今年も豪華なメンバーが揃ってくれましたね。

土曜日の午後から降り続いた雨だったり、展開面だったりと気になる要素は様々あるんですが、今年はデータの面からどうしても買ってみたいと思う1頭がいますので、そこから中心に勝負していきたいと思います。

大阪杯(2019)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年枠別成績
1着 2着 3着 4着
以下
勝率 連対率 複勝率
1 1 マカヒキ 牡6 57.0 岩田 康誠 0 0 0 11 0.0% 0.0% 0.0%
2 2 ワグネリアン 牡4 57.0 福永 祐一 0 0 2 10 0.0% 0.0% 16.7%
3 3 アルアイン 牡5 57.0 北村 友一 1 4 1 9 6.7% 33.3% 40.0%
4 エポカドーロ 牡4 57.0 戸崎 圭太
4 5 ムイトオブリガード 牡5 57.0 横山 典弘 2 0 2 11 13.3% 13.3% 26.7%
6 キセキ 牡5 57.0 川田 将雅
5 7 ブラストワンピース 牡4 57.0 池添謙一 1 3 1 13 5.6% 22.2% 27.8%
8 サングレーザー 牡5 57.0 F.ミナリク
6 9 エアウィンザー 牡5 57.0 浜中 俊 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
10 ステイフーリッシュ 牡4 57.0 藤岡 康太
7 11 ペルシアンナイト 牡5 57.0 M.デムーロ 2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
12 ステルヴィオ 牡4 57.0 丸山 元気
8 13 スティッフェリオ 牡5 57.0 田辺 裕信 3 1 2 13 15.8% 21.1% 31.6%
14 ダンビュライト 牡5 57.0 松若 風馬

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(GⅠ昇格前を含む)の枠別成績を記載しています。

大阪杯(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アクションスター 牡957.0
アルアイン 牡557.0北村友
エアウィンザー 牡557.0浜中
エポカドーロ 牡457.0戸崎圭
キセキ 牡557.0川田
サングレーザー 牡557.0ミナリク
スティッフェリオ 牡557.0田辺
ステイフーリッシュ 牡457.0藤岡康
ステルヴィオ 牡457.0丸山
ダンビュライト 牡557.0松若
ブラストワンピース 牡457.0池添
ペルシアンナイト 牡557.0デムーロ
マカヒキ 牡657.0岩田康
ムイトオブリガード 牡557.0横山典
ワグネリアン 牡457.0福永
※騎手は想定です。

以上15頭が登録。フルゲート16頭立てで、全頭出走可能となります。

大阪杯の予想です。

今年は2回目のデータ分析で取り上げた好走データの該当馬たちから中心となる馬を選んでいきました。

データの該当馬が多数いるので、どの馬を中心に置いていくかは非常に悩みましたが、前走からの舞台替わりが大きくプラスに働きそうなあの馬たちから中心に今年は勝負したいと思います。

大阪杯のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ミッキースワロー 牡4 横山典 0-0-0-10
0.0% 0.0%
2 サトノダイヤモンド 牡5 戸崎圭
2 3 ヤマカツエース 牡6 池添 0-0-2-9 0.0% 18.2%
4 シュヴァルグラン 牡6 三浦
3 5 ペルシアンナイト 牡4 福永 1-3-1-9 28.6% 35.7%
6 スマートレイアー 牝8 四位
4 7 ゴールドアクター 牡7 吉田隼 2-0-1-11 14.3% 21.4%
8 アルアイン 牡4 川田
5 9 トリオンフ セ4 田辺
1-3-1-12 23.5% 29.4%
10 サトノノブレス 牡8
6 11 ウインブライト 牡4 松岡 1-1-2-15 10.5% 21.1%
12 ヤマカツライデン 牡6 酒井
7 13 マサハヤドリーム 牡6 北村友 3-2-1-13
26.3% 31.6%
14 ダンビュライト 牡4 浜中
8 15 スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 2-1-2-14 15.8% 26.3%
16 メートルダール 牡5 松山

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(G2時のものを含む)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。


この10年の結果からは、内枠劣勢、外枠優勢というはっきりとした結果が出ています。
ただ、昨年G1昇格した年も含め、この10年ではフルゲート16頭立てになってことは1度もなく(最高は15頭立ても1回のみ。)、10頭前後の少頭数だった年が大半なので、枠傾向に関しては、前日・当日の馬場傾向をより重視したいなと考えています。

大阪杯のデータ分析です。

本日は、勝ち馬がここから出てきてくれるのではないかと期待している、連対率60.0%の好走データについて取り上げたいと思います。

※データは、G2戦時のものを含む、過去10年分です。

カテゴリー

↑このページのトップヘ