日経新春杯(2019)の予想です。

このレースは稀に波乱になることはありますが、比較的平穏に決着しやすいということもあり、前回の記事で取り上げた好走データの他にも、外せない思うデータがありますので、その該当馬たちを中心に勝負していきたいと思います。

日経新春杯 2018 予想

以下で挙げるデータは過去10年分です。

軸馬は、ムイトオブリガード

ここは単純ですが、前回のデータ分析で取り上げた複勝率100.0%の好走データに期待したいと思います。

条件戦を3連勝した後、前走のアルゼンチン共和国杯で2着と好走。力は十分に重賞級であることを証明しました。

京都での実績はないものの、3連勝した条件戦は全て2400m戦で、現状の成績からは最も合っている距離といえますし、前走は上がりが32.0台と非常に速い馬場でしたが、これまでの走りからは少し時計がかかった馬場の方がよりパフォーマンスを上げてくる可能性があると思いますので、現状の馬場もプラスに働くとみています。

大外枠なので乗り難しいところはありそうですが、先行だけでなく脚を溜める競馬もできる馬なので、この枠から上手く流れに残ることができれば、引き続き勝ち負けになってくれると期待しています。



相手となる対抗馬、穴馬たちは…
シュペルミエール
グローリーヴェイズ
E[最強]競馬ブログランキングへ(※ガンコでした)
の3頭。


シュペルミエール
前走条件組前走阪神前走1番人気前走1着、この4点を満たした該当馬は→【0-4-1-1】の好走傾向。

重賞は2016年の菊花賞以来となりますが、6歳になってからも堅実さはキープしていますし、相手なりには走ってくれそうなので、好走データと同様、2、3着に残ってもらいたいですね。


グローリーヴェイズ
前走菊花賞組は【2-0-0-3】の成績で、該当馬の当日人気は1,7,5,2,9番人気。この中で勝利した2頭は当日1,2番人気から出てきていましたので、現在の人気からは押さえておきたい1頭となりますね。
同じく前走菊花賞組の人気馬でいえばメイショウテッコンもいますが、鞍上のMデムーロ騎手が本日のフェアリーステークスで1番人気を裏切り、着外となりましたので、2日連続はないだろうという流れからこちらに期待したいと思います。

個人的には距離が短いところの方がより合うようにも映りますが、それでも菊花賞は5着、京都新聞杯は4着と健闘していますので、ここも大崩れするイメージは持てないですね。


E[最強]競馬ブログランキングへ(※ガンコでした)
近走の結果も影響して人気を落としていますが、実績からは気になる1頭ですね。

近走の凡走続きは相手が強かったこともありますが、条件的にもそこまで合う舞台ではなかったと思いますので、この舞台・このメンバーであれば巻き返しがあっても不思議はないとみています。



<日経新春杯 2018 予想と買い目>
◎軸馬:ムイトオブリガード
◯対抗馬1:シュペルミエール
▲対抗馬2:グローリーヴェイズ
△穴馬:E[最強]競馬ブログランキングへ(※ガンコでした)
☆流し:1、3、6、9、13、14、15番以外

◎、◯、▲の馬連ボックス3点
△-◎、◯のワイド2点
◎-◯、▲-◯、▲、△、☆の3連複フォーメーション13点



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最強競馬ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話
PR:【気になる穴馬!指数値30以下なら即買い!】
昨年の的中率、絶好調!今年も指数で爆当てしちゃいましょう!

【1月6日(日)】
中山6R238,440円、中山10R31,390円、京都5R49,400円、京都7R27,290円
【1月5日(土)】
中山4R47,680円、中山8R14,170円、京都5R10,530円

指数通りに買っていたら簡単に万馬券が取れちゃいました!

もちろん日経新春杯週もお世話になります!
今週はフェアリーSと京成杯もあるので指数で的中を狙いましょう!

過去の指数を見て是非検証してみて下さい。


日経新春杯:ウインテンダネス
フェアリーS:グレイスアン
京成杯:カテドラル
の指数はどうなっているのでしょうか?

オススメは、うまコラボの指数値30以下の穴馬!
穴馬きたら即買いですよ。

⇒日経新春杯週の指数を無料で見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。