■にほんブログ村トラコミュ
日経新春杯(2017)
日経新春杯データ分析

日経新春杯の予想です。

今年は、ある注目データから組んでいきました。ただ、この後挙げていく好走データは、思いっきり「当日人気」を要素として持っていますので、明日のオッズ次第というところはあるんですが、おそらくここが該当してくれるだろうという想定のもと馬たちを挙げていきたいと思います。

ではまず、好走データについて挙げていきます。データは過去10年分です。
PR 【馬単でも巨額収入は可能!?】
三連単を遥かに凌ぐ「高的中率」、馬連とは比較にならない「高回収率」
全券種の中でも、もっとも収入を増やせる券種「馬単」!
先週のレースで実力を発揮済み!公開情報も掲載中です!

今週は更なるイベントを組んで本領を発揮!
また【日経新春杯の買い目】を公開!

まずは「無料」でご確認ください!
(※メールアドレスだけで簡単無料登録できます)


日経新春杯 2017 予想

今年注目したいのは、5頭の該当馬がいる4歳馬たちです。

<各年齢別データ>
■4歳
5-4-3-20(連対率28.1%、複勝率37.5%)

■5歳
3-4-4-23(連対率20.6%、複勝率32.4%)

■6歳
1-1-3-23(連対率7.1%、複勝率17.9%)

■7歳以上
1-1-0-47(連対率、複勝率4.1%)

と、4歳馬が最も好成績。半数こそ満たしていませんが、ほぼほぼ半数の好走馬が4歳馬という、この10年の結果となっています。



この4歳馬たちから、以下のデータに注目しました。
・4歳馬
・当日3番人気以内
・前走1着

この3点を満たした該当馬は→0-2-1-2(連対率40.0%、複勝率60.0%)

・4歳馬
・当日3番人気以内
・前走2着以下

この3点を満たした該当馬は→3-2-0-0(連対率、複勝率ともに100.0%)

4歳馬の中で特に注目したのが当日3番人気以内の該当馬です。成績としては3-4-1-2(連対率70.0%、複勝率80.0%)と、これだけでも十分買いたいデータとなるんですが、さらにそこから「前走1着前走2着以下か」で分けていくと、上記のデータとなります。

興味深いと感じたのは、最後に挙げた前走着順別の傾向。「前走1着」からは勝利馬ナシ、4着以下に敗れる馬も出てきていますが、反対に「前走2着以下」は、勝利馬も含め、連対率100%と、非常に良い傾向となっています。

このデータがどこまで継続してくれるかは分かりませんが、今年はここを中心に勝負したいと考えました。



少々前置きが長くなりましたが、上に挙げた傾向から中心に考えたい軸馬は、ミッキーロケット
まだオッズは出ていませんが、当日3番人気以内は濃厚でしょう。そして前走5着に敗れていますので、先に挙げた連対率100%のデータに該当予定となります。

データももちろん良いんですが、この馬自身、何よりも評価したいのは、前々走の神戸新聞杯ですね。後に菊花賞、有馬記念を制するサトノダイヤモンド相手に、タイム差なしの2着と好走。3着以下を3馬身以上突き離した内容からは、ここでも能力上位。また前走の菊花賞は5着に敗れはしましたが、単純に距離の壁があったでしょうし、この日経新春杯の出走馬の中では最先着を果たしていますので、ここでも同様に最先着を期待したいと思います。


対抗馬の2頭は、カフジプリンスシャケトラ
ここは先に挙げた0-2-1-2のデータに該当するであろう2頭を置きたいですね。データの数字上は、最低でもどちらか1頭は好走してくれるのではないかとみています。共に当日人気を満たせるかは明日のオッズをご確認ください。

カフジプリンスは、神戸新聞杯→菊花賞というローテを通っているミッキーロケットやレッドエルディスとは違い、昨年末に1戦を挟んでいますので、使われた強みはあると思います。また、前走は好位からの競馬で勝利してきていますので、差しきれなかった3歳時よりも脚質に幅をもたせれた部分は評価できるのではないでしょうか。

シャケトラは、前走2着馬とは差がなかったものの、3着以下を6馬身以上突き離す強い内容。今回は相手強化、初の重賞挑戦と、クリアしなければいけない点はありますが、これまで4着以下がなく堅実に走れていますので、いきなり通用してもおかしくないところはありそうかと。

これまでの実績や前走のクラス差、また5枠は2009年を最後に好走馬が出てきていませんので、そろそろという期待をこめて、カフジプリンスの方を上に取りました。当日の人気次第では、2頭のどちらかが好走データに該当しない可能性もあるでしょうが、データに関係なく、この2頭はある程度評価したいと考えています。



最後に穴馬は、J人気ブログランキング(※ヤマカツライデンでした)。
おそらくある程度は人気になると思うので、全然穴馬にはならなさそうですが、現在の馬場が味方してくれるであろうというところで注目したい1頭となります。今週は振替開催にもなったように結構な量、雪が降りました。本日も晴れ予報でしたが、そんな中でも雪がちらつく時間帯もありましたので、明日になって馬場が回復していることはないでしょうから、時計もかかり、上がりもかかる、そんな馬場を想定しています。

この馬自身上がりがかかる馬場で結果を残していますし、枠が変更されたことで良い枠に入れたと思いますので、展開の恩恵は必要になると思いますが、自らの競馬に持ち込むことができれば上位争いに残れるのではないかみています。


<日経新春杯 2016 予想>
◎軸馬:ミッキーロケット
◯対抗馬1:カフジプリンス
▲対抗馬2:シャケトラ
△穴馬:J人気ブログランキング(※ヤマカツライデンでした)
☆流し:1、4、6、10、11、12、13番以外
推奨馬・馬券について

応援の方、よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

うまコラボ