■にほんブログ村トラコミュ
日経賞(2017)
日経賞 データ分析

日経賞のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクションスター
牡756.0大野
アドマイヤデウス
牡656.0岩田
ゴールドアクター
牡657.0吉田隼
シャケトラ
牡455.0田辺
ショウナンバッハ
牡656.0松岡
ジュンヴァルカン
牡455.0内田博
ツクバアズマオー
牡656.0吉田豊
ディーマジェスティ
牡457.0蛯名
トーセンレーヴ
牡956.0石川
ナスノセイカン
牡556.0横山典
フェルメッツァ
牡656.0
プランスペスカ
牡756.0
マイネルサージュ
牡556.0柴田大
マイネルメダリスト
牡956.0
ミライヘノツバサ
牡455.0藤岡佑
モンドインテロ
牡556.0
ヤマカツライデン
牡556.0津村
レインボーライン
牡455.0M.デムーロ
レコンダイト
牡756.0石橋
※騎手は想定となります。

以上、19頭が登録されています。

フルゲート16頭立てで…
プランスペスカ
ショウナンバッハ
アクションスター
の3頭が除外対象。

続いてnetkeibaさんの予想オッズと、上位馬たちを見ていきます。
人気馬名予想オッズ
1ゴールドアクター1.8
2レインボーライン4.7
3シャケトラ5.1
4ディーマジェスティ6.4
5アドマイヤデウス12.6
6ツクバアズマオー17.6
7ミライヘノツバサ26.6
8ジュンヴァルカン39.9
9モンドインテロ71.3
10ナスノセイカン98.7
11ヤマカツライデン155.1
12トーセンレーヴ261.7
13マイネルサージュ344.8
14マイネルメダリスト390.7
15ショウナンバッハ496.7
16アクションスター523.3
17レコンダイト771.2
18フェルメッツァ837.3
19プランスペスカ1465.3


以下で挙げていくデータは、過去10年分(2011年阪神開催を除く)です。

1番人気予想:ゴールドアクター

父:スクリーンヒーロー(ロベルト系)、母父:キョウワアリシバ(ネイティブダンサー系)

前走2016/12/25
有馬記念(G1)3番人気3着中山 芝2500m
前々走2016/11/27
ジャパンC(G1)3番人気4着東京 芝2400m
3走前2016/09/25
産経賞オールカマー(G2)1番人気1着中山 芝2200m

前走有馬記念組は【3-3-1-5】(連対率50.0%、複勝率58.3%)。数字上は2頭に1頭が連対しており、好相性の組となっています。ゴールドアクター自身、昨年と同じ臨戦過程となりますので、特に問題はなさそうかと。

今年で6歳、昨年の走りからは若干衰えも出てきたように感じます。連覇達成には展開の恩恵や枠順など、何かしらプラスに働く必要がありそうですが、中山舞台では大きく敗れたこともなく、適正は高いものを持っていますので、現状崩れるイメージは持てないですね。人気でもあっても買いたい1頭と考えています。


2番人気予想:レインボーライン

父:ステイゴールド(サンデーサイレンス系)、母父:フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)

前走2016/11/27
ジャパンC(G1)8番人気6着東京 芝2400m
前々走2016/10/23
菊花賞(G1)9番人気2着京都 芝3000m
3走前2016/08/21
札幌記念(G2)4番人気3着札幌 芝2000m

前走ジャパンカップ組は【1-1-0-0】、該当馬は少ないものの複勝率100.0%となっています。また該当馬の当日人気は、1番、10番人気で、人気馬のみが好走しているということもありませんので、臨戦過程としては最も注目したい組になりそうですね。

近走は後方の競馬から鋭い末脚を見せてくれていますが、直線の短い中山舞台ということを考えると、脚質面は不安が残りますね。展開の恩恵が必要になると思いますので、現状は勝利するイメージは持てず、この人気を考えれば、他の馬に目がいってしまいそうですね。


3番人気予想:シャケトラ

父:マンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)、母父:シングスピール(サドラーズウェルズ系)

前走2017/01/17
日経新春杯(G2)2番人気2着京都 芝2400m
前々走2016/12/11
境港特別(1000万下)1番人気1着阪神 芝2200m
3走前2016/10/01
3歳上500万下1番人気1着阪神 芝2400m

前走日経新春杯組は【1-0-1-5】(連対率14.3%、複勝率28.6%)と平凡も、好走馬2頭は前走連対馬で、前走2着以内で絞り込むと【1-0-1-1】(連対率33.3%、複勝率66.7%)となります。シャケトラ自身、前走2着と好走していますので、前走着順で絞り込んだデータからは十分、好走の可能性は感じられますね。

デビューからこれまで4着以下がなく安定した走りを見せていますので、堅実さは評価したい1頭ですが、前走よりも相手が強化されますし、今回は自身初となる中山舞台というところでも、中心にするのは少しこわいかなと。現時点では、評価できても3番手までとみています。


4番人気予想:ディーマジェスティ

父:ディープインパクト(サンデーサイレンス系)、母父:ブライアンズタイム(ロベルト系)

前走2016/11/27
ジャパンC(G1)4番人気13着東京 芝2400m
前々走2016/10/23
菊花賞(G1)2番人気4着京都 芝3000m
3走前2016/09/18
朝日セントライト記念(G2)1番人気1着中山 芝2200m

前走ジャパンカップ組は、レインボーラインのところで挙げた通り、現状は良い臨戦過程となりますので、データからは外せない1頭になりそうですね。

近2走の走りからは少々物足りなさもありますが、中山芝は皐月賞、セントライト記念を制した実績ある舞台。ここでの舞台替わりは大きくプラスに働くと思いますので、これくらいの人気に留まってくれるのであれば、狙ってみたい1頭になりそうです。


以上が、予想オッズの一桁台、上位4頭となります。


今回見ていった4頭は各馬、臨戦過程が良い傾向にありますので、どこからでも入っていけそうではありますが、特に注目したいと考えているのはディーマジェスティです。

先にも挙げた通り、前走ジャパンカップ組は該当馬が2頭しかいないものの、共に好走している流れとなっていますので、ある程度傾向が引き継がれるのであれば、該当馬であるレインボーライン、ディーマジェスティ、どちらか1頭は好走を期待できるのではないかとみています。

レインボーラインも魅力はありますが、中山実績だけを比較すればディーマジェスティの方が上にいますので、こちらを現時点での軸馬候補と考えています。



最後に、穴馬候補としてはC人気ブログランキング(※ミライヘノツバでした)に注目しています。
このメンバーでは若干力が足りないかもしれないですが、中山巧者というところでは注意したい1頭とみています。


応援の方、よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR もう予想家は不要。予想家を軽く超えた競馬データの実力とは?』
競馬歴25年の玄人が、
競馬予想を一切止めた理由とは?

『予想不要の競馬データ』が、
あなたの競馬を激変させる

~1日最大18レースのデータが見放題~
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
その実力をお試しください!