■にほんブログ村トラコミュ
日経賞(2016)
日経賞 データ分析

日経賞の予想です。

今年は9頭立て、内4頭が同舞台で、好相性の前走有馬記念組となります。勝利馬に関しては、有馬記念組の4頭から出てくるだろうと考えていますが、例年の傾向を考えれば、1頭くらいは別路線の馬にも好走の可能性があるとみていますので、有馬記念組を中心に別路線を少し絡めて勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

日経賞 2016 予想

軸馬は、アルバート
前走有馬記念組の中では、最も着順が悪いですが、レースとしてはスタートで後手踏み、位置取りが後ろ過ぎた点が大きな敗因だったと思います。またステイヤーズステークスからの臨戦過程という点も、褒められるものではなかったですね。
昨年は、同じ父を持つアドマイヤデウスがここを勝利。持続力を活かせるグレイソヴリンの血もこの舞台ではプラスになると思います。加えて今回は鞍上も強化されますので、前走見せれなかった走りを、ここで見せてもらいたいですね。一気の巻き返しを期待しています。


対抗馬は、ゴールドアクター
アルバートとは対照的にこちらは、昨年の有馬記念は臨戦過程も良く、状態面もピークに達していたと思いますが、今回は休み明け。調教を見ても、まだ7割程度に映りました。また今回は完全にマークされる立場になる上、斤量58kgもありますので、前走以上に厳しいレースになるとみています。ただそれでも、この馬の長く良い脚が使える舞台となりますので、好位さえ取ってしまえば、大崩れは考えにくいですね。


対抗馬2頭目は、ディサイファ
7歳となりましたが、昨年の活躍に引き続いて、今年初戦となったAJCCを快勝。まだまだ衰えを感じせない走りだったと思います。また前走AJCCは2200mがどうかなと思っていましたが、終わってみればあっさりこなしてくれましたので、折り合いをつけ、しっかりと脚を溜めれれば、力でなんとかなるというところを示してくれたのではないでしょうか。もちろん、今回も距離というところでは不安もありますが、内枠を取れましたので、ある程度の位置取りから、しっかりと脚を溜めてくれれば、ここも上位に加わってくれるとみています。


最後に穴馬は、G人気ブログランキング(※ホッコーブレーヴでした)。
この頭数ですし、無理に穴馬を出すことはなかったかなと考えましたが、もう一つの重賞である毎日杯と比べれば、こちらの方が波乱がありそうと読んで、この馬を選んでみました。
近走からは手が出しづらいところがありますが、近走は、臨戦過程や距離、環境の違いなど、言い訳できる点はあったと思います。この舞台は、過去の戦歴を見ても適性が高いので、実績ある舞台に戻るというところでは、ここらで久しぶりの好走を期待したいと思います。


<日経賞 2016 予想>
◎軸馬:7アルバート
◯対抗馬1:9ゴールドアクター
▲対抗馬2:3ディサイファ
△穴馬:G人気ブログランキング
(※ホッコーブレーヴでした)
☆流し:1、5、6番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
うまコラボ