専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: NHKマイルC

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2016)
NHKマイルC データ分析

NHKマイルカップの予想です。

土曜日の競馬を見る限りでは、内ラチから馬場の3、4分どころを通った馬の好走が目立っていました。昨日の傾向が引き継がれるのであれば、外枠はマイナスな印象がありますね。気になる馬のほとんどが外に入ってしまったので、気持ちを切り替えて、推奨馬は内~中に入った馬たちを中心に考えていきました。ではまず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2016)
NHKマイルC データ分析

NHKマイルCのデータ展望です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年の枠別成績 連対率 複勝率
1 1 シュウジ 岩田 康誠 0-3-2-15 15.0% 25.0%
2 エクラミレネール 大野 拓弥
2 3 アーバンキッド H.ボウマン 1-0-1-18 5.0% 10.0%
4 メジャーエンブレム C.ルメール
3 5 ロードクエスト 池添 謙一 2-0-1-17 10.0% 15.0%
6 ティソーナ M.デムーロ
4 7 トウショウドラフタ 田辺 裕信 2-0-0-18 10.0% 10.0%
8 イモータル 戸崎 圭太
5 9 シャドウアプローチ T.ベリー 2-2-1-15 20.0% 25.0%
10 ダンツプリウス 丸山 元気
6 11 ペルソナリテ 柴田 大知 0-0-3-17 0.0% 15.0%
12 ハクサンルドルフ 内田 博幸
7 13 シゲルノコギリザメ 松岡 正海 3-1-2-24
13.3% 20.0%
14 ブレイブスマッシュ 横山 典弘
15 ストーミーシー 江田 照男
8 16 カネノイロ 蛯名 正義 0-3-1-26 10.0% 13.3%
17 ブランボヌール 三浦 皇成
18 レインボーライン 福永 祐一

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2016)
NHKマイルC データ分析

NHKマイルカップのデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アーバンキッド
牡357.0ボウマン
イモータル
牡357.0戸崎
エクラミレネール
牝355.0大野
オデュッセウス
牡357.0
シャドウアプローチ
牡357.0ベリー
シュウジ
牡357.0岩田
ストーミーシー
牡357.0江田
ダンツプリウス
牡357.0丸山
ティソーナ
牡357.0Mデムーロ
トウショウドラフタ
牡357.0田辺
ブランボヌール
牝355.0三浦
ブレイブスマッシュ
牡357.0横山典
ペルソナリテ
牝355.0柴田大
メジャーエンブレム
牝355.0ルメール
レインボーライン
牡357.0福永
ロードクエスト
牡357.0池添
※騎手は予定となります。

以下、抽選馬です。
オーヴィレール
カネノイロ
シゲルノコギリザメ
ショウナンライズ
ツーエムレジェンド
ハクサンルドルフ
ミエノドリーマー
の7頭の内、2頭が抽選となります。

除外対象は、ショウナンアンセム。

以上、24頭が登録されています。

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2015)
新潟大賞典(2015)

NHKマイルC、新潟大賞典の回顧です。

土曜日の京都新聞杯は的中となりましたが、本日の2戦は共に惨敗(´;ω;`)。

NHKマイルCはデータが全くダメでしたが、新潟大賞典はデータが結構機能していたにも関わらず、的中できず悔しい結果となりました。そんな予想を振り返ります。

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2015)
NHKマイルC データ分析

NHKマイルCの予想です。

現在1番人気は5倍台とかなりオッズとしては混戦模様。近年は二桁人気馬が好走するという流れがあるので、そろそろ固く決まりそうな可能性もありますが、今年も波乱を期待して予想といきます。ではまず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
NHKマイルC(2015)
NHKマイルC データ分析

NHKマイルCのデータ展望です。

本日は前走からの距離変化から注目したい2つの好走データを見ていきたいと思います。
まずは距離変化ということで、距離短縮組同距離組距離延長組の3つに分けた全体のデータから見ていきます。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ