鳴尾記念の予想です。

今年は少頭数ながらも面白そうな穴馬たちがチラホラといる印象を受けますので、その気になる穴馬たちを相手に並べる形で勝負したいと思います。

鳴尾記念 2018 予想

軸馬は、トリオンフ

前走の新潟大賞典は、内目をロスなく立ち回った馬たちが上位を占める中、終始外目を回る厳しい展開。加えてトップハンデ斤量57.0kg、苦手な上がりの速い勝負と、それでも勝ち馬からは0.2秒差の4着でしたので、1番人気を裏切る結果となりましたが、そこまで悲観する内容ではなかったとみています。

これまでの走りからは、瞬発力勝負よりも持続力勝負に持っていきたいと思うので、今回ヤマカツライデンやマルターズアポジーが引っ張ってくれるであろう展開はプラスに働きそうですし、直線の長い新潟→阪神内回りコースへと舞台が替わるのも◯。

スタートですんなりと3、4番手、ラチ沿いを確保できそうな好枠にも入れましたので、開幕週の馬場を味方に、ここでの巻き返しを期待しています。



相手に置きたい穴馬たちは…
ストレンジクォーク
モンドインテロ
の3頭。
(※ナスノセイカンでした。)
前走は枠順や展開が味方したところはありますが、それでも重賞実績たちに割って入ることができたのは力がある証拠。フロックではなかったとみています。

今回は展開的に向くかは位置取り次第となりそうですが、血統的にはこの舞台は合いそうですし、距離もこれくらいがベストだと思いますので、引き続きを期待しています。


ストレンジクォーク
芝2000mは【4-3-2-2】と安定感があり、前走1800mからの距離延長は歓迎。また平坦コースよりも坂があるコースの方がよく走れていますので、ここでの距離変わり・コース替わりはプラスに働くとみています。

鉄砲実績がほとんどない点は不安要素も、追い切り自体はよく映りましたので、初の阪神も意外とこなしてくれるのではないかと期待しています。


モンドインテロ
近走は好走から遠ざかっていますが、適正外だったダート戦、展開不向きだった日経新春杯と、全て度外視できる内容だったと思います。

同舞台だった4走前のチャレンジカップは、勝ち馬サトノクロニクルから0.1秒差の4着でしたので、同じくらい走れれば、このメンバーなら十分馬券内も可能とみています。




<鳴尾記念 2018 予想と買い目>
◎軸馬:トリオンフ
◯穴馬1:E人気ブログランキング
(※ナスノセイカンでした。)
▲穴馬2:ストレンジクォーク
△穴馬3:モンドインテロ
☆流し:1、4、9番以外

◎-◯、▲、△の馬連3点。
◎-◯、▲、△のワイド3点。
◎-◯、▲、△-☆の3連複フォーメーション12点。



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。