マイルチャンピオンシップの予想です。

先週のエリザベス女王杯に続き、かなりの好メンバーが揃ってくれました。その分、目移りするところもありましたが、今年はデータ上ここは外せないという1頭がいますので、中心に置いて勝負したいと思います。

マイルチャンピオンシップ 2016 予想

軸馬は、サングレーザー
年齢などマイナスな面もありますが、その他の好走傾向から期待したい1頭。

前回の記事内では以下の好走傾向について取り上げました。
・前走上がり3Fタイム1位
・前走5番人気以内
・前走3着以内
・当日二桁人気を除く

の4点。

この4点を満たした該当馬は→3-4-1-2】(連対率70.0%、複勝率80.0%)の好走傾向。

今年は現時点(11/19 2:45時点)でのオッズでサングレーザーが該当馬。昨年不発に終わった流れも含め、今年は傾向戻りを期待しています。


また、上に挙げた好走傾向とは別に注目したい、もう一つの好走傾向があります。

それは…3連勝中の該当馬です。(サングレーザーは正確には4連勝中ですが)

3連勝中の該当馬
1-1-1-1】(連対率50.0%、複勝率75.0%)

該当馬はほとんどいませんが、昨年までは複勝率100.0%の好走データでした。そんな昨年はヤングマンパワーが該当しており、当日4番人気に支持されるも16着と大敗となりましたので、こちらも昨年の結果を含め、傾向戻りを期待したいと注目していました。

また3歳馬自体はマイナス傾向にありますが、3歳馬から唯一好走できた2010年のゴールスキーは、このデータの好走馬。また偶然にもその時の鞍上は福永騎手となりますので、過去とリンクしているところでも後押しになってくれればと考えています。


個人的には、今回のメンバーはかなり強化されますので、分が悪いようにも思えるんですが、この二つの好走データ、また京都舞台で実績豊富なディープインパクト産駒という、データ・血統面の後押しが十分にありますので、ここを信じて1番手に挙げた形となります。



対抗馬の2頭は、エアスピネルレッドファルクス
エアスピネルは、乗り替わりが不安でもありますが、京都芝のマイル戦は【2-1-0-0】(全て重賞)と安定感抜群。今春の安田記念も最後の直線、前がつまらなければもっと上の着順もあったと思いますので、今回はその雪辱を晴らすというところでも勝ち負けを期待しています。


レッドファルクスは、今春の安田記念では3着と敗れるもマイルの適正を示した内容を評価。また東京マイルよりも京都マイルの方が距離の誤魔化しは効くとみていますので、初の京都舞台をこなしてくれれば、ここも十分好勝負になるとみています。




最後に穴馬は、E人気ブログランキング(※サトノアラジンでした)。
穴馬というほどの人気ではありませんが、前日雨が降ったこと、枠の影響などもあってか、これまでの実績からは人気落ちしているように思いますので、妙味十分の1頭とみています。

前走は馬場や距離が合わず出番なく終わってしまいましたが、今回は実績ある舞台、条件として大きくプラスになるでしょうし、少々雨が残る馬場も十分こなしてくれるとみています。

枠順からは何かしらロスが発生してしまう可能性もありますが、ある程度隊列はすんなり決まりそうなメンバーなので、出たなりの位置取りからよりスムーズな競馬ができれば、アタマまでの可能性もある1頭だと期待しています。



<マイルチャンピオンシップ 2017 予想>
◎軸馬:サングレーザー
◯対抗馬1:エアスピネル
▲対抗馬2:レッドファルクス
△穴馬:E人気ブログランキング(※サトノアラジンでした)
☆流し:1、3、6、8、10、14、15、16、17番以外
推奨馬・馬券について

応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【マイルCS直前予想】過去3年間の馬券に統一性あり!
・優勝していた馬(単勝)
⇒指数順位 3年間すべてが3位or4位
・馬券に絡んだ馬(複勝)
⇒指数順位 3年間すべてが1位or2位
・単オッズ10倍以上で馬券に絡んだ馬(穴馬)
⇒指数順位10位以下 単オッズ10倍台

2014年の19万馬券もこの条件に一致。
2017年はどうなる?今こそ負けを取り返せるチャンスです。

▽この競馬データをまだ知らない方は必見です!▽
こちらから"無料"でご確認できます!