専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 京都新聞杯

京都新聞杯の予想です。

同日東京舞台で行われるプリンシパルステークスに回った馬も多く、登録時よりも出走馬がグッと少なくなってしまったのは残念ですが、今年は好走データの該当馬が多くいますので、シンプルにそこらを固めて勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

京都新聞杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
インヴィクタ
牡356.0C.ルメール
ウインベラシアス
牡356.0松山
カケルテソーロ
牡356.0
ガンサリュート
牡356.0
ゴールドハット
牡356.0武豊
サトノクロニクル
牡356.0川田
サトノリュウガ
牡356.0池添
ダノンディスタンス
牡356.0和田
ハギノアレス
牡356.0
プラチナムバレット
牡356.0浜中
ヘリファルテ
牡356.0
マイネルユニブラン
牡356.0
マイネルラプティス
牡356.0
ミッキースワロー
牡356.0菊沢
メルヴィンカズマ
牡356.0松若
ユキノタイガ
牡356.0
ロードアルバータ
牡356.0
ロッキーバローズ
牡356.0
※騎手は想定となります。

以上、18頭が登録。

■にほんブログ村トラコミュ
京都新聞杯(2016)
京都新聞杯 データ分析

京都新聞杯の予想です。

前回の展望で注目した前走上がり3Fタイム4位以下の馬たちですが、結局プリンシパルステークスの方に大半が移ってしまい、該当馬はどっと少なくなりましたので、他から気になる穴馬を探してきて、そこを絡めつつ勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

■にほんブログ村トラコミュ
京都新聞杯(2016)
京都新聞杯 データ分析

京都新聞杯のデータ展望です。

本日は、近年の結果から、今年穴馬が出てくるのであれば、ここからではないかと考えている、ある傾向について取り上げたいと思います。


注目したのは、前走上がり3Fタイムの順位です。まずは以下のデータから。
■前走上がり3Fタイム3位以内
5-6-9-72(連対率12.0%、複勝率21.7%)

■前走上がり3Fタイム4位以内
5-4-1-50(連対率15.0%、複勝率16.7%)

上記は、過去10年、前走上がり3Fタイムが3位以内だった該当馬と、それ以外の全体成績となります。

該当馬が多い分、わずかに3位以内だった組の方が、好走数自体は多いもの、勝利馬は分け合うように共に5勝ずつ出ており、率としてはそこまで差はない結果となっています。

■にほんブログ村トラコミュ
京都新聞杯(2016)
京都新聞杯 データ分析

京都新聞杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。

賞金上位馬は…
スマートオーディン
ブラックスピネル
マイネルラフレシア
カフジプリンス
ゼンノタヂカラオ
ロイカバード
の6頭

抽選対象馬は…
アグネスフォルテ
アドマイヤビスタ
エルプシャフト
エルリストン
オンザロックス
オーダードリブン
カルムパシオン
シャリオヴァルト
スズカバーディー
スワーヴアーサー
ダンツエイコウ
ナムラヘイハチロー
ピースマインド
フォルテミノル
ユウチェンジ
の15頭。ここから12頭が抽選となります。

以上、計21頭が登録されています。

■にほんブログ村トラコミュ
京都新聞杯(2015)
京都新聞杯 データ分析

京都新聞杯の予想です。

オッズというのは読めないもので、もう少し前走重賞組に人気が集まるかなと思っていましたが、結局、昨晩から変動はあまりなく、内に入った京都でまだ底を見せていない馬たちに人気が集まっている形となっていますね。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ