京都記念の予想です。

頭数的にあまり手を出したいレースではありませんが、注目したい好走データもありますので、そのデータを活用しつつ少し参加したいと思います。

※データは過去10年分です。


京都記念 2018 予想

軸馬は、レイデオロ
抜けた人気とはなっていますが、ここは実績を重視しダービー馬を信頼したいと思います。


またレイデオロは唯一の関東馬ということで、以下のデータに該当しています。
・関東馬
・単勝オッズ一桁台(10.0倍未満)

この2点を満たした該当馬は→【2-1-0-1】(連対率、複勝率ともに75.0%)の好走傾向。

該当馬自体は少ないものの、着外の1頭も4着に健闘。昨年のサトノクラウンもこのデータに該当し、連覇を達成しています。近年は良い流れが続いていますので、今年も引き続き、後押しになってくれればと注目します。


前走ジャパンカップでは、シュヴァルグランに敗れるも、先行するキタサンブラックを差し切り2着と好走。3歳でしたので斤量差はあったものの、相手関係から考えれば、十分に力を示した内容だったと思います。
今回は前走に比べれば、少しは相手も楽になりますので、休み明けや乗り替わりという大きな不安は残りますが、馬自身が普通に走ることができれば、自ずと結果はついてくると期待しています。




対抗馬と穴馬は、クロコスミアミッキーロケット
ここは前回のデータ分析でも取り上げた、5歳馬に注目しました。

前回取り上げたデータは以下の通りです。
・5歳
・前走重賞
・前走から斤量減


この3点を満たした該当馬は→【2-1-3-0】(連対率、複勝率ともに100.0%)の好走傾向。

今年の5歳馬は、この2頭のみで…
クロスコスミア(前走エリザベス女王杯、斤量-2.0kg)
ミッキーロケット(前走日経新春杯、斤量-1.5kg)
※(前走レース、前走からの斤量変化を記載)
と、どちらも条件を満たしています。

今年で複勝率100.0%自体は崩れそうですが、該当馬が2頭いますので、最低でもどちらか1頭は好走してほしいなと期待しています。



クロコスミアは、前走同舞台であるであるエリザベス女王杯で2着と好走しており、距離・舞台とも不安はありません。また、前走先着されたモズカッチャンもいますが、前走は斤量差がある中で、タイム差ナシ。同斤量となる今回は逆転も可能とみています。
同型馬もいますが、雨が残る馬場を味方につけることができれば、前走の再現も可能ではないかと期待しています。


ミッキーロケットは、近走の内容や、連対馬が出てきていない前走日経新春杯組というところで、マイナスな印象も、自身は京都舞台で【2-2-0-4】。着外は全て掲示板内と、崩れず走れている実績ある舞台。
また有力馬の大半が休み明けの中、使われている強みはありますので、前走は好走とはならなかったですが、ここは前走よりも一つでも上の着順を期待したいと思います。




<京都記念 2018 予想と買い目>
◎軸馬:レイデオロ
◯対抗馬:クロコスミア
▲穴馬:ミッキーロケット
△流し:1、2、3、8番以外

◎ - ◯、▲の馬連2点。
◎ - ◯、▲ - △の3連複フォーメーション7点。



応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【重賞3レースの共通点】上位4頭と赤文字
京都記念・共同通信杯・クイーンCについて
的中率がものすごいことになっている“ある指数”を使って詳細を分析しました。







僕はこの分析方法で東京新聞杯、きさらぎ賞共に3連単的中させました。
詳細については下に書きますが、今すぐこの指数を見て競馬予想したい方はこちら
から登録してください。

ちなみに先週の的中率は
3日(日)単勝79.2%、3連単41.7%
4日(日)単勝79.2%、3連単45.8%
約2回に1回3連単を的中させる実績を出しています。

指数というのは便利なもので、データの蓄積で予想精度が上がるので
注目すべきは直近の過去データ、つまり「2017年のデータ」です。
それでは、分析結果です。

京都記念
昨年5着まで指数の予想順位を調べてみました。
すると、1着から4着まで指数予想の1位から4位までで決着し
万馬券を手に入れる恐ろしい結果でした。
つまり、注目すべき点は「上位4頭」です。
この京都記念の指数予想はサイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼、
無料公開されます。
是非チェックしてみてください。
⇒ こちら

共同通信杯
2017年の1着から4着は指数3位までの馬が入る結果となりました。
これだけでもすごい的中率ですが、
2着は単オッズ25.6倍、指数6位の馬と予想がずれました。
しかし、この馬を見抜く方法を見つけました。
それは「コラボ@指数赤文字の馬」で馬券を組み立てること。



1着から6着まで全て赤文字の馬です。是非参考にしてみてください。

クイーンC
データが蓄積されたからこそ2017年は上位4頭で決着。
つまり、京都記念と同じく注目すべき点は「上位4頭」です。

あなたの予想は何ですか?
このデータを参考に最少点で的中できたらいいですね。
⇒ こちら


うまコラボ