■にほんブログ村トラコミュ
京都記念(2017)
京都記念データ分析

京都記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクションスター
牡756.0
アングライフェン
牡556.0
ウインインスパイア
牡656.0
ガリバルディ
牡656.0福永
サトノクラウン
牡558.0M.デムーロ
ショウナンバッハ
牡656.0
スマートレイアー
牝754.0岩田
トウシンモンステラ
牡756.0
マカヒキ
牡457.0R.ムーア
ミッキーロケット
牡456.0和田
ヤマカツライデン
牡556.0池添
※騎手は想定となります。

以上、11頭が登録されています。
PR 【競馬データの精度が高い証拠です】

・毎月勝っている人を見た事がありますか?
・それでも人の予想に頼るのですか?

過去データを正しく分析する事。
それだけが競馬に勝利する唯一の方法なのです。

そして、過去データをフルに活かして、
的中を量産させているのが、
コラボ指数という競馬データです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたにこの先、競馬で勝って欲しい。
ただ、純粋にそう思うからお伝えしています。

コラボ指数の威力をまずはご覧ください。

↓非常識な的中精度の競馬データ↓
まずは無料で試してみてください!


京都記念 2017 予想オッズと上位馬考察

続いてnetkeibaさんの予想オッズと、上位馬たちを見ていきます。
人気馬名予想オッズ
1マカヒキ2.1
2ミッキーロケット2.7
3サトノクラウン3.4
4ヤマカツライデン15.5
5スマートレイアー16.1
6ガリバルディ18.2
7ショウナンバッハ124.5
8アングライフェン156.0
9アクションスター173.6
10ウインインスパイア352.2
11トウシンモンステラ560.2


※以下のデータは過去10年分です。

1番人気予想:マカヒキ

父:ディープインパクト(サンデーサイレンス系)、母父:フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)

前走2016/10/02
凱旋門賞(G1)1番人気14着シャンティイ芝2400m
前々走2016/09/11
ニエル賞(G2)1番人気1着フランス 芝2400m
3走前2016/05/29
東京優駿(G1)3番人気1着東京 芝2400m

昨年のダービー馬がここから始動となります。

前走凱旋門賞は14着に敗れる形となりましたが、それまでは皐月賞以外、全て1着。今年の活躍を大いに期待したい1頭となりますね。

この10年、前走凱旋門賞組の該当馬は1頭もいませんが、前走G1組、全体成績としては7-6-7-19(連対率33.3%、複勝率51.3%)と好相性。また、前走G1組の当日1番人気馬は、2-2-0-2(連対率、複勝率ともに66.7%)とわずかながら上向き傾向。この傾向を考えれば、好走となれば連は堅いようにも思えてきますね。

と、良いデータは揃っていますので、そのあたりでは買いたい1頭と考えています。ただ、若干気にしたいのは、やはりレース間隔ですね。しっかりと調教されているようなので、そこまで大きな不安はありませんが、まずは今週の動きに注目したいですね。


2番人気予想:ミッキーロケット

父:キングカメハメハ(ミスプロ系)、母父:Pivotal(ヌレイエフ系)

前走2017/01/17
日経新春杯(G2)1番人気1着京都 芝2400m
前々走2016/10/23
菊花賞(G1)4番人気5着京都 芝3000m
3走前2016/09/25
神戸新聞杯(G2)6番人気2着阪神 芝2400m

ダービー馬マカヒキと同世代の4歳馬。今年初戦、前走日経新春杯を制し、良いスタートを切りました。

前走G2組0-1-2-39(連対率2.4%、複勝率7.1%)と低調で、前走日経新春杯組のみでも0-0-1-15、連対馬が出てきていません。他の有力馬たちとは違い、今年1度使われた強みはあるんですが、それに反して、前走レース別の傾向からは非常に厳しい傾向となっています。

前走の走りからはここは軸でも良いのではないかと考えている1頭なんですが、この前走レース別の傾向からは少々手が出しづらい印象を受けますね。近走の走りを取るか、傾向を取るか、ギリギリまで悩みそうですね。。。


3番人気予想:サトノクラウン

父:Marju(ノーザンダンサー系)、母父:Rossini(ミスプロ系)

前走2016/12/11
香港ヴァーズ(G1)4番人気1着シャティン芝2400m
前々走2016/10/30
天皇賞(秋)(G1)8番人気14着東京 芝2000m
3走前2016/06/26
宝塚記念(G1)9番人気6着阪神 芝2200m

前走香港ヴァーズを勝利し、重賞4勝目、またG1馬の仲間入りを果たした実績馬。

前走G1組は、マカヒキのところで記載した通り、率としては2頭に1頭が好走する良い傾向となっていますが、前走香港ヴァーズ組は、1-1-0-0と、現時点では連対率100%。またこの好走馬2頭は…
2012年1着(当日5番人気、単勝オッズ14.5倍):トレイルブレイザー
2010年2着(当日3番人気、単勝オッズ15.9倍):ジャガーメイル
と、圧倒的に人気を集めた馬ではなかったので、今年もこの傾向が引き継がれるのか注目したいところがありますね。

この馬自身、走りに安定感がない点は非常に不安もありますが、この前走レース別の傾向からは外せない1頭になりそうですね。また、昨年は先行策+特殊な馬場が大きく味方したと思いますので、現時点では連覇は難しいかなと考えています。


以上が、予想オッズの一桁台、上位3頭となります。


どの馬たちも非常に魅力に感じますが、この3頭の中では、マカヒキに最も注目しています。
前走レース別の傾向からはサトノクラウンに最も注目したいんですが、単純な力、能力というところでは、やはりダービー馬マカヒキを最上位に取りたいと考えています。もちろん、仕上がり具合には注意したいですが、今年は4歳馬が休み明けの中、各路線で活躍を見せていますので、この馬も続いてくれるのではないかと期待したいところがありますね。



最後に、穴馬候補としては、A人気ブログランキング(※ガリバルディでした)が気になっています。
これまでの使われた方を考えれば、距離に不安もありますが、この距離でも好走歴があるように、意外と合うのではないかとみています。また前走から頭数がグッと少なくなる点もこの馬にとってはプラスに働くのではないかと考えています。


応援の方、よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

うまコラボ