■にほんブログ村トラコミュ
京都記念(2016)
京都記念データ分析

京都記念の予想です。

土曜日は雨がぱらつくも良馬場開催となりましたが、その後、関西はかなりの雨が降っています。家の中にいてもバタバタと雨音が聞こえるくらいの時も何度もありましたφ(.. )。明日の午後からは止む予報となっていますが、ある程度馬場が渋った状態、上がりがかかることを想定し、勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

京都記念 2016 予想

軸馬は、タッチングスピーチ
前走この京都記念と同じ舞台であるエリザベス女王杯で、タイム差ナシの3着となりますので、適正は十分でしょう。またエリザベス女王杯を勝ったマリアライトはその後、有馬記念で4着、2着だったヌーヴォレコルトはすでに牡馬混合重賞で実績がありますので、シンプルな見方をすれば、この馬も十分牡馬相手にやれる力はあると思います。
脚質的には雨はマイナスな印象も、前走は稍重でしたし、ミッキークイーンを破ったローズSの結果を考えれば、パンパン良馬場よりも、少しパワーがいる馬場の方が合っていると思います。また調教の動きが非常によく映りましたので、休み明けとなりますが、ここでもいきなり勝ち負けになってくれることを期待しています。


対抗馬は、レーヴミストラル
展望でも挙げたように、過去10年、前走日経新春杯組は、0-0-2-13(連対率0.0%、複勝率13.3%)と低調。データ的には“流し”の1頭と考えていましたが、近走内容を見れば見るほど、この馬の末脚があれば、十分に届くだろうと思いました。前走も、勢いに乗るシュヴァルグランを突き放し勝利を収めていますので、ここでも前走と同じようなはじけっぷりを見せてもらいたいですね。、
こちらも脚質的には雨はマイナスなような気もしていますが、この京都記念は、ここ3年連続で1番人気馬の好走がありません。さすがにこのG2戦で、4年連続1番人気馬の凡走というのはないだろうと、そろそろパターンを期待して、ここらでストップするとみています。その点も含め、好走を期待したい1頭となります。


穴馬1頭目は、トーセンレーヴ
年齢的には買い材料はほとんどありませんが、年齢の割にキャリアは浅く、近走の内容も良く映っています。前走有馬記念組も好相性の組となりますし、前々走ディセンバーステークスでは59.0kgを背負って勝利していますので、十分ここでも通用するだけの力は残っていそう。
馬群を割ってこれる馬ですし、それだけの末脚はあると思いますので、この枠とも合いそうな気がします。


最後にもう1頭穴馬は、G人気ブログランキング(※スズカデヴィアスでした)。
ここも展望から変わらずとなりますね。枠順が発表されてからは、痛いところを引いたという印象がありましたので、穴馬はトーセンレーヴにだけして、他の人気馬という組み合わせを考えていましたが、本日のクイーンカップが的中できたこともあり、少し欲が出てしまいました(^ ^;)
昨年の結果を考えれば、適正、実績は十分。またそこまで前に行きたい馬もいないでしょうから、すんなりとスタートさえ決めれば、この枠もマイナスにはならないと思います。良いスタートを切ってもらい、気分良く自分の競馬ができえれば、チャンスは出てくるとみています。


<京都記念 2016 予想>
◎軸馬:6タッチングスピーチ
◯対抗馬:9レーヴミストラル
▲穴馬1:3トーセンレーヴ
△穴馬2:G人気ブログランキング(※スズカデヴィアスでした)
☆流し:5、8、11、13、15番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ