京都金杯(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アサクサゲンキ 牡454.0松若
アドマイヤアルバ 牡454.0岩田
カツジ 牡456.0松山
キャンベルジュニア 牡756.0
グァンチャーレ 牡756.5古川
コウエイタケル 牡855.0小牧
ゴールドサーベラス 牡754.0柴山
サラキア 牝453.0池添
ストーミーシー 牡654.0吉田隼
スマートオーディン 牡657.0秋山
ツーエムマイスター 牡752.0四位
トゥラヴェスーラ 牡453.0浜中
バリス 牡852.0酒井
パクスアメリカーナ 牡455.0川田
ヒーズインラブ 牡656.5藤岡康
マイスタイル 牡556.0田中勝
ミエノサクシード 牝654.0川島
リライアブルエース 牡654.0坂井
ロードクエスト 牡657.0福永
※騎手は想定です。

以上19頭が登録。フルゲート18頭立てで、バリスが除外対照となります。

京都金杯 2019 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。

人気 馬名 予想オッズ
1 パクスアメリカーナ 2.2
2 サラキア 3.8
3 カツジ 4.9
4 グァンチャーレ 6.9
5 ロードクエスト 10.7
6 アドマイヤアルバ 19.1
7 マイスタイル 25.8
8 アサクサゲンキ 35.7
9 リライアブルエース 48.7
10 ヒーズインラブ 66.6
11 キャンベルジュニア 114.1
12 スマートオーディン 156.0
13 ミエノサクシード 158.5
14 ストーミーシー 174.0
15 ゴールドサーベラス 233.6
16 トゥラヴェスーラ 379.8
17 コウエイタケル 398.1
18 バリス 691.1
19 ツーエムマイスター 1715.8

約7ヶ月ぶりの前走リゲルステークスを4馬身差で勝利した4歳馬パクスアメリカーナ

前走の秋華賞は4着と敗れるも、デビューから7戦全て4着以内と堅実なサラキア

この京都金杯と同舞台、前走のマイルチャンピオンシップで4着と健闘したカツジ

重賞連対経験はないものの、同舞台は【2-2-0-1】と相性が良いグァンチャーレ

ここまでが予想オッズの一桁台、上位4頭となります。

4歳馬が中心のオッズとなりそうですね。


京都金杯 2019 データ:注目データ

※データは過去10年分。

前走0.4秒差以内
7-9-8-50】(勝率9.5%、複勝率32.4%)

前走0.5秒差以下
3-1-2-81】(勝率3.4%、複勝率6.9%)

注目したのは、前走のタイム差別のデータです。上記は前走0.4秒差以内0.5秒差以下でざっくりと分けたデータとなります。

このデータから気になったのは各年の好走馬の数です。過去10年中9年で、前走0.4秒差以内の該当馬から、2頭以上の好走馬が出てきていました。

前走であまり着差がなかった馬が好走しやすいと考えれば、順当な流れだとは思うんですが、今年は前走0.4秒差以内の該当馬が少ない年となるので、このデータがどう機能してくれるのかというところで注目したいと考えています。



データの該当馬

登録馬19頭の中で、前走0.4秒差以内の該当馬は…

アドマイヤアルバ
カツジ
グァンチャーレ
パクスアメリカーナ
ヒーズインラブ
ミエノサクシード

の6頭。


過去10年中9年の流れが今年も続いてくれれば、ここから最低2頭は好走馬が期待できるかもしれないですね。

この頭数なので絞り込みもしやすいですし、予想オッズの上位馬も複数いますので、なんとかデータが継続してくれればと期待したいところがありますね。

現状はここから軸馬なり対抗馬なり、予想の中心となる馬を選んでいこうと考えています。



最後に、今回名前が出なかった他の馬たちから、気になっている穴馬候補の1頭を挙げたいと思います。
B人気ブログランキング(※マイスタイルでした)です。

京都は開幕週となるので、先行馬が有利に働く馬場となれば、この馬の先行力は魅力となりそうですね。先行しやすい内枠に入れれば面白い1頭ではないかと注目しています。



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

最強競馬ブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話
PR:【京都金杯データ検証開始】
京都の有栖川に住んでて、京都金杯にかけてるデータ美女馬券師エマです。
ワタシの全力考察をご確認ください。


①長距離血統の先行馬
前に行って粘りこむような馬か、その馬たちをキレで差し切る馬のどちらかが好走する傾向。15年7番人気3着のマイネルメリエンダや16年13番人気2着のテイエムタイホーのような欧州系血統を持っている先行できる穴馬を狙いたい。
②内枠が圧倒的に有利なレース
18年こそ外枠馬が2頭馬券に絡んだが、13年~17年の3着内15頭中13頭が一桁馬番の馬。しかも最内の1枠馬が15頭中5頭と極端な偏りを見せている。開幕週の開幕日のレースなのできれいな内目の先行馬はなかなか止まりません。
③高齢馬は割引
過去10年の優勝馬10頭は全て6歳以下。ちなみに、1963年の第1回までさかのぼっても、7歳以上の馬で
優勝を果たしたのは1987年のドウカンヤシマ(7歳)のみ。極端な高齢馬は実績馬でも評価を下げるべきデータ。

現時点での注目馬
・グァンチャーレ
約半年ぶりの前々走スワンSが安田記念馬のモズアスコットと差のない競馬。 前走のキャピタルSもOP特別ながら骨っぽいメンバーが揃ったレースで優勝。 どちらも内枠を引いて好走しているのでここも同じく内枠を引ければチャンス。
・アドマイヤアルバ
近走は後方からの競馬が続いており、負けが続いているがマイル前後の距離で先行する競馬を続けていたときは好走していた。まだ騎手が未定だが前につけてしぶとく粘りこむ競馬をしてくれれば重賞級の力はある。

ワタシの考察はこんな感じなのですが、金杯は荒れる、落ち着かない!そんな印象がするレースです。グァンチャーレ、アドマイヤアルバあたりがワタシの信頼してるコラボ指数でも上位の場合、配当はよさそうな気がしてます。
自己予想×コラボ指数で答え合わせからの馬券へ!!
そんな買い方を毎週してて去年重賞も結構的中してきてます。
エリザベスのクロコスミアもコラボ指数値で30以下でしたので最後に組み込んで3連単的中。 こういう風にいいタッグ組んでると自負してます。(勝手にこの指数サイトさんに感じてます。)
一応サイトはコチラです。うまとみらいと
確認メールきたらクリックしてログインすると今週のコラボ指数があるのでチェック重要です。京都金杯は無料で見れるのではじめての方はまずここから!