■にほんブログ村トラコミュ
京都金杯(2016)
京都金杯データ分析

京都金杯のデータ展望です。

枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年の枠別成績 連対率 複勝率
1 1 ニンジャ 熊沢 重文 3-2-1-14 25.0% 30.0%
2 バッドボーイ 幸 英明
2 3 シベリアンスパーブ 藤岡 康太 2-1-1-16 15.0% 20.0%
4 ケイティープライド 秋山 真一郎
3 5 メイショウマンボ 武 幸四郎 1-3-1-15 20.0% 25.0%
6 ミッキーラブソング 小牧 太
4 7 ウインプリメーラ 川田 将雅 2-3-2-13 25.0% 35.0%
8 エイシンブルズアイ 和田 竜二
5 9 オメガヴェンデッタ 岩田 康誠 1-0-3-16 5.0% 20.0%
10 マジェスティハーツ 森 一馬
6 11 ダイワマッジョーレ 松若 風馬 1-0-0-18 5.3% 5.3%
12 エキストラエンド 吉田 隼人
7 13 マーティンボロ S.フォーリー 0-0-1-20 0.0% 4.8%
14 テイエムタイホー 浜中 俊
8 15 タガノエスプレッソ 菱田 裕二 0-1-1-19 4.8% 9.5%
16 トーセンスターダム 武 豊
17 ドリームバスケット 川須 栄彦
出走各馬と、過去10年の枠別成績を記載しています。

阪神競馬場から京都競馬場に変わるということもあり、この京都金杯は開幕週となります。そのため、過去10年の結果にも出ているように、断然内枠有利となっています。

またこの10年の中で、6、7、8枠から2頭以上好走馬が出てきた年は1度もありません。つまり、基本としては5枠から内に入った馬たちを中心に組み立てていく必要がある、そんな傾向となっています。



京都金杯 2016 枠別傾向から注目したい点

今回の枠順発表で気になったことと言えば、当日人気になるであろうディープインパクト産駒である、トーセンスターダムエキストラエンドの2頭が6枠より後ろに入った点ですね。

先に挙げた傾向を考えると、この2頭が一緒に好走ということは考えにくいのではないでしょうか。

想定しているパターンとしては…
トーセンスターダムとエキストラエンドのどちらかが好走して、5枠より内に入った馬が好走するパターン(1~5枠から2頭、6~8枠から1頭での決着)。

トーセンスターダムとエキストラエンドがどちらも好走せず、6枠より後ろに入った馬が1頭好走するパターン(①同様に、1~5枠から2頭、6~8枠から1頭での決着)。

6枠から後ろに入った馬たちが全馬好走しないパターン(1~5枠に入った馬たちで決着)。
この3つのパターンが考えられるのではないでしょうか。

こんなこと言ってたら、傾向に反して6~8枠に入った馬たちから2頭以上の好走馬が出てきそうな感じもしますが、余程のことがない限りは、この3つのパターンで収まるように組み立てていこうと考えています(。・ω・)ノ゙




最後に、今回の枠順発表後、好枠を引いたと感じるのは…
ミッキーラブソング

D人気ブログランキング(※ケイティープライドでした)
の2頭。

ミッキーラブソングは、昨年の京都金杯で9番人気17着と敗れていますが、その時は8枠18番と大外でした。これまでの傾向を考えれば、昨年は8枠に入った時点で好走は厳しかったと言えますね。今回は内を引けましたし、前走のように好位で競馬ができれば好勝負になるのではないかと注目しています。

人気にならないであろうところでは、D人気ブログランキング(※ケイティープライドでした)。力的には怪しいラインだと思いますが、京都マイルではほとんど崩れたことがないように、血統的には無視できない1頭。この好枠により、よりが魅力が増した感じがしますね。あとは当日どれくらいの人気になるかが気になるところ。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ