■にほんブログ村トラコミュ
京都大賞典(2016)
京都大賞典 データ分析

京都大賞典のデータ展望です。

本日は、過去10年の中で、2頭に1頭が連対している好走データを取り上げたいと思います。まずは好走データの該当馬たちを挙げていきます。

京都大賞典 2016 2頭に1頭が連対する好走データ

■2013年
9着(12番人気):オールザットジャズ

■2012年
1着(5番人気):メイショウカンパク
7着(11番人気):ヒラボクビクトリー

■2011年
1着1番人気):ローズキングダム

■2010年
3着(4番人気):プロヴィナージュ

■2009年
4着(1番人気):ジャガーメイル

■2008年
1着(4番人気):トーホウアラン
2着(6番人気):アドマイヤモナーク
4着(10番人気):メイショウカチドキ

■2007年
2着1番人気):ポップロック

※着順(当日人気):馬名、の順で記載しています。
※2015、2014、2006年は該当馬ナシ。

以上、10頭。


この10頭に共通した点は、前走上がり3Fタイム3位です。

この点を満たした該当馬は→3-2-1-4(連対率50.0%、複勝率60.0%)となります。

好走馬の当日人気を見ていただければわかるよう、人気馬の寄りのデータとなりますが、たった1点のみの条件で、まずまずの数字となっていますので、今年はここに注目したいと考えています。



注目したいのは前走3位組となりますが、比較も兼ねて、前走1位、前走2位、前走4位以下も合わせて挙げておきます。

・前走上がり3Fタイム1位
3-2-2-9(連対率31.3%、複勝率43.8%)

・前走上がり3Fタイム2位
1-2-0-10(連対率、複勝率ともに23.1%)

・前走上がり3Fタイム3位
3-2-1-4(連対率50.0%、複勝率60.0%)

・前走上がり3Fタイム4位以下
3-4-7-58(連対率9.7%、複勝率19.4%)

となります。

こう見ていくと、好走馬の多くが前走上がり3Fタイム上位だった馬たちから出てきていることが分かります。昨年なんかは出走馬全馬が、前走4位以下だったため、データ自体に意味がなかったのですが、今年はわずかながら該当馬がいますので、最低1頭くらいは好走馬が期待できるのではないかと想定しています。


前走上がり3Fタイム3位以内の該当馬

・前走1位
ヤマカツライデン

・前走2位
タマモベストプレイ

・前走3位
ラブリーデイ

今年は、この3頭が、前走上がり3Fタイム3位以内の該当馬となります。


データ上、最も数字が良い前走3位組というところでは、ラブリーデイに期待がかかりますね。

今年に入ってからは馬券に絡んでいませんが、昨年のような強い走りを再度見せてもらいたいところがありますので、今回挙げたデータが後押しになってくれればと考えています。


以上、過去10年、2頭に1頭が連対する好走データでした。



最後に、ラブリーデイと合わせて注目しているその他の軸馬候補を。
E人気ブログランキング
(※サウンズオブアースでした)
です。

この馬を考えれば勝ち切れるかはわかりませんが、鞍上との相性は非常に良いので、ここは手堅く上位に争いに加わってくれるのではないかと期待しています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ