■にほんブログ村トラコミュ
小倉大賞典(2016)
小倉大賞典データ分析

小倉大賞典のデータ展望です。

まずは出走予定馬を見ていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アルバートドック
牡455.0川田
ケイティープライド
牡652.0鮫島
コスモソーンパーク
牡856.0丹内
スピリッツミノル
牡453.0酒井
スマートオリオン
牡657.5横山和
タマモベストプレイ
牡656.0津村
ダコール
牡858.0小牧
テイエムタイホー
牡757.0
デウスウルト
セ855.0
ネオリアリズム
牡555.0岩田
ハギノハイブリッド
牡556.0
ハピネスダンサー
牝552.0吉田隼
ヒラボクプリンス
牡654.0北村友
フレイムコード
牝752.0菱田
ベルーフ
牡456.0S.フォーリー
ベルラップ
牡455.0中谷
マイネルフロスト
牡557.0蛯名
メイショウカンパク
牡952.0古川
メイショウヤタロウ
牡855.0秋山
メドウラーク
牡555.0D.バルジュー
リメインサイレント
牝652.0丸山
レッドアリオン
牡658.0川須
※騎手は予定となります。

以上、22頭が登録されています。

除外対象は…
スピリッツミノル
ハギノハイブリッド
ヒラボクプリンス
フレイムコード

ベルラップ

リメインサイレント
の6頭。


続いて、netkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1マイネルフロスト3.9
2
アルバートドック4.0
3ベルーフ4.5
4ダコール6.7
5コスモソーンパーク12.5
6デウスウルト14.8
7テイエムタイホー15.5
8レッドアリオン15.8
9ハギノハイブリッド16.9
10ネオリアリズム22.1
※上位10頭を記載。


1番人気予想、アルバートドック
近2走オープン戦で共に3着と、突き抜けるものはありませんが、安定した走りをみせています。前走の勝利馬は連勝中のダッシングブレイズ、前々走の勝利馬はその後2連勝で有馬記念まで出走したトーセンレーヴとなりますので、少し相手が悪かったというところもありそう。
今回この馬で気になっているのは、当日の馬体重。昨年の神戸新聞杯以来、ずっと馬体が増え続けています。4歳ですし、使われながら馬体が増えて、且つ安定し た走りをしているので、そこまで気にすることはないと思いますが、そろそろ絞れてきても良いのではないかと。今週の動き、当日の気配を見てから判断したい1頭になりそう。


2番人気予想は、マイネルフロスト
前々走中山金杯で2着と、ダービー以来となる、久しぶりの重賞好走。また近3走は金鯱賞4着、中山金杯2着、アメリカジョッキークラブカップ4着と、常に上位争いに加わっており、安定した走りをみています。近走の走りからはここも大崩れはなさそうですね。
小倉の適性も未知となりますが、それよりも気になるが近走の脚質面。近走は安定した走りを見せていますが、逃げ残りを見せた中山金杯以外は、差しの競馬。2戦ともに4着と善戦はしているものの、この馬にとってはすこし位置取りが後ろ過ぎると思うので、もう少し前で競馬をしてもらいたいですね。力は認めるものの、今回も差しに回ればちょっとこわいかなと。


3番人気予想は、ベルーフ
今年初戦、中山金杯が除外となり、前走日経新春杯に出走し、5番人気5着と健闘。近走はずっと、5着か6着と、前回の展望でも挙げたように、ひとつ突き出るものがありません。今回は、昨年小倉記念で2着となっている、実績ある舞台に変わりますので、次こそはと期待したいところがありますね。
ただ、1つ気になるのは距離ですね。小倉記念は2000mで、この小倉大賞典は1800m。わずか1Fなんですが、やはり2000m以上のほうが良い印象がありますので、その点をクリアできるかが課題になりそう。個人的には前走に引き続いて、指名したいところもありますが、前走◯(2番手)よりかは印は落としそうな気がしています。


4番人気予想は、ダコール
前走日経新春杯では、+22kg増、トップハンデ58.0kgの中、先行策の粘り込みで4着と健闘。休み明けを考えれば、今年初戦の内容としてはまずまずだったのではないでしょうか。またこの小倉大賞典は、過去に2度出走し、2015年3着、2013年2着に共に好走歴がありま す。小倉全体としても2-2-1-2(着外だった2回は共に小倉記念での4着、7着)と、かなり安定した走りを見ています。
小倉適正というところ では高いものを持っていますので、あとは年齢のデータを打ち破れるかというところですね。8歳以上で好走歴があるのは、2008、2007年と、この小倉 大賞典を連覇したアサカディフィート1頭のみ。7歳馬は結構走るイメージがありますが、8歳馬というところでは少しマイナスな印象。


5番人気予想は、コスモソーンパーク
ダコール同様に、昨年この小倉大賞典の2着と好走。その他小倉芝は1-2-0-0と、まだ連を外していません。小倉の実績だけを考えれば、ここは軽視できない1頭となりそう。
ただ、こちらもダコール同様に、年齢が気になりますね。8歳馬は、過去10年、0-0-0-11。ダコールのところで挙げたアサカディフィートは、8歳時は4着(その翌年、翌々年に連覇達成)となっていますので、年齢のデータ的には少し避けたいところがありますね。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


上位に予想された5頭の中で、最も注目しているのは、マイネルフロスト
先にも挙げましたが、近走差しに回って4着が続いていますので、もう少し前で競馬をしてもらいたいところ。近走の走りからは状態面は良さそうなので、アタマを取れるかは別として、ある程度好位で走ってくれれば、上位には加わってくれるとみています。またこの予想オッズの人気通りに、当日も落ち着いてくれれば、好走データに該当しますので、その点でも注目しています。



最後に、現時点で気になる穴馬候補を。D人気ブログランキング(※ネオリアリズムでした)です。
前走レースとの相性の良さというところではこの1頭かと。前走の走りからは、重賞では足りない印象も、前走は少し前で競馬をしたことが裏目に出たように映りました。後ろからの競馬であればもう少しやれたとみています。展開の恩恵も必要な馬ではありますが、3着くらいならチャンスがありそうかと。
あとは、あまりにも当日人気がないと、データ的にはマイナスデータに該当する可能性が出てきますので、程よい人気に留まってもらいたいですね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ