北九州記念の予想です。

今年は、臨戦過程から非常に相性の良い1頭が出走となってくれますので、データを信じて、その1頭から中心に勝負したいと思います。

北九州記念 2018 予想

軸馬は、ダイメイプリンセス

ここは前走レース別の傾向から中心に置きたい1頭。

注目したのは、前走アイビスサマーダッシュ1着馬です。
成績としては【1-1-2-3】(連対率28.6%、複勝率57.1%)。これだけでも数字上は2頭に1頭が好走とまずまず良いんですが、ここからさらに前走3番人気以内に絞り込むと→【1-1-2-0】。複勝率100.0%の好走データとなります。

※データは過去10年分です。

該当馬は全馬、当日人気馬にはなりますが、ここまで崩れず好走馬が出てきていますので、今年も引き続きを期待したいと思います。


新潟の直線コースでは非常に強い勝ち方をしているので、前走からの舞台替わりはマイナスな印象も、それでもこの小倉芝1200mは勝利1回4着1回と、まずまず高い適正を示していますので、崩れず走ってくれると期待しています。
データの後押しは十分ありますし、馬自身も今が最も充実していると思いますので、なんとか3着以内を確保してもらいたいですね。


競馬予想のウマニティ


相手に置きたい対抗馬、穴馬は…
セカンドテーブル
アレスバローズ
E人気ブログランキング(※アンヴァルでした)
の3頭。

土曜日の小倉はまずまず時計が出ていましたので、ここは持ち時計の良い馬の中から選んでいきました。

セカンドテーブルアレスバローズは、コースレコードとなった前走CBC賞組から。

セカンドテーブル
前走は差し・追込が上位を占める中、唯一先行して3着を確保。負けて強しの内容だったと思います。
今回も先行馬には厳しいペースになりそうですが、前走の走りからは十分対応できそうで、ここでも崩れず走ってくれると期待しています。

アレスバローズ
前走はテン乗りとなった川田騎手が完璧に乗った印象があるので、ここではパフォーマンスが落ちそうですが、差しが決まる展開となれば、再度チャンスはあるとみています。
人気的にもこれくらいであれば狙ってみたいですね。

E人気ブログランキング(※アンヴァルでした)
こちらは持ち時計としては少し物足りないところはありますが、小倉の適正や調教の動きから狙いたい1頭。
ある程度前半流れができると想定していますので、好位からじっくりと脚を溜めることができればチャンスはあると期待しています。


<北九州記念 2018 予想と買い目>
◎軸馬:ダイメイプリンセス
◯対抗馬:セカンドテーブル
▲穴馬1:アレスバローズ
△穴馬2:E人気ブログランキング(※アンヴァルでした)
☆流し:2、8、10、12、13、16、17番以外

◎-◯、▲、△の馬連3点。
◯-▲、△のワイド2点。
◎-◯、▲、△-◯、▲、△、☆の3連複フォーメーション21点。



1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
最強競馬ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【人気・指数共に1位の馬が来ない札幌記念!今年は果たして・・・】
来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万間馬券となった札幌記念
昨年1着のサクラアンプルールは5枠9番に入りました。連覇なるか!?
重賞勝ち馬10頭が出走する札幌記念は注目が集まりますね。

夏競馬は荒れる傾向にある中、今シーズンは割りと順当な結果が多いと感じます。
それでもなかなか読みにくいのが夏競馬。

そんな中、指数を使って4週連続、指数上位馬による的中を出しているサイトがあります。
そうです!いつも紹介している「うまとみらいと」の「うまコラボ」です。



先週の3連単的中率は58.3%!!
夏競馬でものすごい数字を叩き出しています!

今すぐこのデータを活用しに行く!

そこで、札幌記念の過去4年分の指数を調べてみました。
昨年は荒れましたが、それ以外は指数上位馬は2頭以上絡んできています。
2015年も20万越えでしたが見事指数値30以下の馬で決着しました。



< 注目ポイントです! >
①指数上位6頭は頭にいれる。
②赤文字30以下の馬も注目!(指数順位が7位以下でも赤文字は要チェック!)
③過去データをあてはめる。(札幌記念は過去オッズ、指数共に1位の馬は未勝利)
④運営者北条氏のブログで指数解説を見る。無料登録すれば毎週日曜日に見れます。

無料登録して札幌記念の指数データをチェックしましょう!

登録すれば「競馬の殿堂」「Hit Make」で「北九州記念」の情報を無料で見れます!
うまとみらいとなら豊富な無料情報で週末のレースをほぼ全て楽しめるのでおススメです。
札幌記念の指数を見に行く!