当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はきさらぎ賞(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アルジャンナ牡356.0kg川田
ギベルティ牡356.0kg武豊
クリノプレミアム牝354.0kg
グランレイ牡356.0kg池添
コルテジア牡356.0kg松山
サイモンルモンドセ356.0kg和田
サトノゴールド牡356.0kg
ストーンリッジ牡356.0kgシュタル
デアリングタクト牝354.0kg
トゥルーヴィル牡356.0kg北村友
※騎手は想定です。

以上10頭が登録。

フルゲート18頭立てなので、全頭出走可能となります。

きさらぎ賞 2020 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。

人気馬名予想オッズ
1アルジャンナ3
2サトノゴールド3.6
3ギベルティ4.4
4グランレイ6.8
5ストーンリッジ8.2
6トゥルーヴィル12.7
7コルテジア24.5
8クリノプレミアム28.6
9デアリングタクト47.8
10サイモンルモンド61.2

前走東スポ杯2歳ステークスで2着に好走したアルジャンナに人気が集中しそうですね。


PR:【無料重賞情報連続的中!AJCC→シルク!!】
シルクロードS3連複的中!買い方お見事!
15ナランフレグ3着の伸び!3→6→8人気!
負けない当たる三連複は正に魚鱗の陣!!
━━━━━━━━━━━━━━━


2月2日(日)───────
【京都11R】15:35
シルクロードS 芝1200m
《3連複》フォーメーション
─────────────
1頭目:15
2頭目:3,6,8
3頭目:1,2,3,6,8,14
─────────────
買い目合計:12点
推奨:400円 計4800円
3連複145.1倍的中!58,040円
前日夜届いた証拠買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━━
 
1月26日(日)───────
【中山11R】15:45 
AJCC 芝2200m
《3連複》フォーメーション
─────────────
1頭目:2
2頭目:3,9,10
3頭目:1,3,5,9,10,11
─────────────
買い目合計:12点
推奨:400円  計4800円
3連複25.4倍的中!10,160円
前日夜届いた証拠買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━━
今週末は重賞+厳選レース無料公開
▼厳選無料開放重賞情報▼
東京新聞杯orきさらぎ賞(無料)
無料メール登録で重賞どちらか無料開放!これは確実に抑えておくべきです!

きさらぎ賞 2020 上位馬考察

※データは過去10年分です。

アルジャンナ
前走の東スポ杯2歳Sは勝ち馬に大きく離されるも2着を確保。勝ち馬コントレイルはその後のホープフルステークスでGⅠ制覇。3着馬ラインベックも4着に健闘していましたので、単純な物差しで考えれば、ホープフルステークスでは2、3着相当の力があるとみて良さそう。

前走東スポ杯2歳S組は【0-0-0-4】。昨年は2番人気に支持されたアガラスが7着に敗れていますが、数が少ないので気にすることはないと思っています。

不安材料は、川田騎手が3週連続重賞勝利できるかどうかですね。AJCC(ブラストワンピース)→シルクロードS(アウィルアウェイ)と、現状2週連続勝利中。過去に達成しているジョッキーもいますが、川田騎手はまだありません。
でも心配はそれくらいです。この頭数、先週の差しが効く馬場を考えれば、この馬が馬券外になるイメージは持てないですね。


サトノゴールド
前走は札幌2歳ステークスで2着に好走。前走は追込、新馬戦は先行と、脚質に幅がある中でも崩れず走れています。

レース間隔が大きくあいていることもあり、前走札幌2歳S組の該当馬はゼロでした。

不安材料は、前走レベルです。札幌2歳Sの出走馬で次走以降、勝利した馬は1頭しか出てきていません。レースレベルがそこまで高くなかった可能性も考えられます。2番人気以下のオッズは割れそうですが、人気ほどの信頼度はないかもしれません。


ギベルティ
前走は中山1600m戦でデビュー。好スタートから2番手でレースを進め、早めに先頭から、そのまま押し切り勝ち。2着以下を2馬身差つけて完勝しました。

前走新馬組は【1-0-0-10】。一昨年の勝ち馬サトノフェイバーが唯一の好走馬。そこまで数は多くないので、判断は難しいですが、良い臨戦過程とは言えないですね。

不安材料は、相手強化です。前走敗れた馬たちの半数くらいは未勝利に出走しましたが、勝ち上がった馬は出てきていません。今回は重賞好走歴のある馬たちが相手となるので、一気の相手強化となります。秘めた能力はあるかもしれないですが、同じくらいの人気になるのであれば、実績馬を評価したいですね。


グランレイ
前走はG1朝日杯FSで14番人気を覆し3着に好走。勝ち馬を除き、差し・追込馬が上位を占めましたので、展開は向いたと思いますが、重賞実績たちと差のない競馬ができた走りは素直に評価できると思います。

前走朝日杯FS組(舞台が阪神に移ってから)は【1-0-2-1】。現状は4頭中3頭が好走、相性の良い臨戦過程となっています。

不安材料は、脚質面です。前走は追込、前々走は先行、新馬戦は逃げと、ここ3戦全てバラバラです。それでも崩れず走れているので一見問題はなさそうですが、展開と上手く噛み合っていたようにも映ります。今回も上手く噛み合うかどうか。





予想オッズの上位馬の中で最も注目しているのは、アルジャンナです。

1頭抜けた人気にはなりそうですが、先述通り、勝てるかは別として、先週までの差しが効く馬場を考えれば、この馬が飛ぶことは想像しづらいです。
アルジャンナから相手を探すレースだと思っていますので、軸はここからで良いと考えています。


きさらぎ賞 2020 穴馬候補

最後に、現時点での穴馬候補を挙げたいと思います。

京都[最強]競馬ブログランキングへ
(※ストーンリッジでした。)です。

兄や姉の多くは3歳時から重賞で活躍しており、完成度の高い一族だと思います。この馬もいきなり活躍するだけの血統背景はあると気になっています。


1日1クリック、応援いただければ励みになります。
よろしくお願い致します。

最強競馬ブログランキング
ブログランキングとれまが
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話