■にほんブログ村トラコミュ
きさらぎ賞(2015)
きさらぎ賞データ分析

きさらぎ賞のデータ展望です。

まずは過去10年の結果から見ていきます。
<過去10年の1着〜3着馬の当日人気と出走数>
1着馬 2着馬 3着馬 出走数
2014 2番人気 1番人気 6番人気 9頭
2013 6番人気 5番人気 3番人気 8頭
2012 1番人気 4番人気 2番人気 13頭
2011 3番人気 8番人気 2番人気 12頭
2010 5番人気 1番人気 6番人気 12頭
2009 1番人気 2番人気 10番人気 10頭
2008 8番人気 5番人気 7番人気 15頭
2007 3番人気 2番人気 4番人気 8頭
2006 2番人気 1番人気 7番人気 12頭
2005 2番人気 6番人気 1番人気 9頭
※1番人気:赤、2番人気:青、3番人気:黄、4番人気:ピンク、5番人気:緑で色分けしてます。

上位人気馬の5頭内で決着したのは2回と少なく、出走頭数が少ないことを考えれば、ある程度下位人気馬の好走が期待できるといった印象でしょうか。また出走数が一桁台(8頭や9頭)の時は、6番人気以内の馬たちで決着していますので、今年もここが一つの目安になりそうですね。


前回の展望でも挙げましたが、今年は、オルフェーヴルの弟で京都は2戦2連帯のアッシュゴールド、父ディープインパクト×母ポルトフィーノ、4戦4連帯中のポルトドートウィユ、同じく父ディープインパクト×母スイープトウショウという良血馬レガッタ、京成杯を勝利したベルーフに快勝した2戦無敗馬ルージュバックの4頭が出走予定となっています。今後の活躍を期待したい馬たちなので、この4頭で上位取り合ってくれても全然いいんですが、反対に1頭くらいは、その他の馬たちから好走があっても良いのではないかと淡い期待も持ちたいので、いつも通り、穴馬探しといきます。


この過去10年、6番人気以下から好走したのは9頭。この9頭に共通した大枠の注目点をまずは挙げたいと思います。
・当日6~10番人気
・キャリア2~6戦
・前走一桁着順(内訳は、1着:4頭、3着:2頭、6・7・9着:各1頭ずつ)
・近2走以内に上がり3Fタイム4位以内

の4点。

これらはあくまで大枠となりますので、ここからもう一つ注目したい点をあげたいと思います。それは…

芝1800mの連帯経経験馬

です。

好走馬9頭中6頭が芝1800mでの連帯経験がありました。浅いキャリアの中で大きく敗れていた馬や、出走数からすれば全然人気のなかった穴馬たちも、この条件だけは満たしていました。この時期はまだキャリアも浅いですし、その中で、非根幹距離の1800mを使い、且つ連帯経験がある馬というのは、この経験がない馬よりも、適正や経験といった部分で、一つアドバンテージになっているのはないと思い、注目したい点と考えています。

そしてここに該当しなかった3頭は…
■2014年3着馬:エイシンエルヴィン
芝1800mは1回経験があり4着。他2戦はマイル戦で1-0-1-0。

■2013年1着馬:タマモベストプレイ
芝1800mは初挑戦。キャリア3戦の成績は2-0-1-0。

■2005年2着馬:マキハタサーメット
芝1800mは初挑戦。キャリア6戦の成績は3-2-1-0。

以上のように、芝1800mの連帯経験がなかった馬たちは、その他の成績(芝1800mを除く)で3着内率100%をキープ。芝1800mで実績や経験がない馬たちは、その他レースで安定して好走している馬が良い傾向となります。

以上が、過去10年、6番人気以下から好走した馬たちから注目したい点となります。


特に今年は出走馬が少ないというところから、特に芝1800mの連帯経験馬という点に注目しており、これをクリアできているのは…
ポルトドートウィユ
ルージュバック
レガッタ

D人気ブログランキング(※ダノンリバティでしたが、出走ならず…。゜(´Д`)゜。)
の4頭。

アッシュゴールドはマイルしか経験がないので該当しませんでしたが、その他、当日人気になるであろう3頭はここはこの点をクリア。残る1頭はおそらく当日6番人気以下になってくれるであろうと馬となります。この最後の1頭は、近走内容からは手が出にくいんですが、出走してきたレースはレベルの高いレースになりますし、当日人気するであろう馬たち以外では、唯一の該当馬となりますので、少しだけ期待してします。当日人気を集めるであろう4頭だけで決まってしまえばそれだけのことなんですが、もし1頭何かが絡んでくるのであれば、この1頭であってほしいなと考えています。

また傾向は少しずれるものの、脚質面ではD人気ブログランキング(※ネオスターダムでした。)も気になる穴馬候補。有力馬たちは切れる脚がある差し、追込となりますので、そうなれば反対に前につけて粘れる馬が何かやってくれるのではないかというところで、気になる1頭となります。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
予想ランキングへブログの殿堂
人気ブログランキングへ