■にほんブログ村トラコミュ
京成杯(2016)
京成杯 データ分析

京成杯のデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤモラール
牡356.0田辺
アポロナイスジャブ
牡356.0吉田豊
ウムブルフ
牡356.0ムーア
オンザロックス
牡356.0川田
カミノライデン
牡356.0吉田豊
ケルフロイデ
牡356.0Mデムーロ
コクスイセン
牡356.0武幸
ゴッドカリビアン
牝354.0鮫島良
ダイチラディウス
牡356.0石川
ナムラシングン
牡356.0内田博
ブレイブスマッシュ
牡357.0横山典
プランスシャルマン
牡356.0戸崎圭
プロフェット
牡356.0福永
マイネルラフレシア
牡356.0柴田大
メートルダール
牡356.0戸崎圭
ユウチェンジ
牡356.0川田
ルネイション
牝354.0大野
※騎手は予定となります。

以上、17頭が登録されています。

続いて、netkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1ウムブルフ3.4
2マイネルラフレシア4.4
3ユウチェンジ5.5
4プランスシャルマン5.6
5ブレイブスマッシュ9.2
6メートルダール10.0
7プロフェット10.8
8ケルフロイデ15.1
9ナムラシングン24.0
10アドマイヤモラール46.4
11オンザロックス81.2
12カミノライデン117.2
13ルネイション131.9
14アポロナイスジャブ175.9
15ダイチラディウス234.5
16ゴッドカリビアン301.5
17コクスイセン383.7


1番人気予想は、ウムブルフ
キャリア3戦の未勝利上がりとなりますが、デビューから3戦全て1番人気、また2着、2着、1着と100%連対をキープしています。前々走は一度マイルをはさみましたが、他2戦は芝2000m、前走はこの京成杯と同じ舞台となりますので、臨戦過程としてもまずまず良い印象を受けています。また出走予定馬中、唯一のディープインパクト産駒で、2012年1着馬ベストディール、2014年3着馬アデイインザライフと、過去にも好走馬が出てきている部分も◯でしょう。
実績がない分、1番人気だと妙味はなさそうだと感じるので、当日はもう少し人気が下がってほしい1頭ですね。


2番人気予想は、マイネルラフレシア
デビューから連勝でアイビーステークスを快勝。2戦無敗で挑んだ前走東スポ杯2歳ステークスでは3着と、まだ着外がありません。加えて実績は申し分ないですね。これまで3戦全て1800mとなり、今回初の2000mとなりますが、血統面からは距離が延びる分にも問題はなさそうかと。
ただ、この馬は少し嫌いたいデータがありますので、枠順や調教の動きなど余程のことがない限りは“流し”の1頭と考えています。


3番人気予想は、ユウチェンジ
前走朝日杯フューチュリティステークスでは3着馬にクビ差4着。また先に挙げたマイネルラフレシアが勝利したアイビーステークスでタイム差なしの2着と、惜しい競馬が続いているものの、ある程度の力は示しているのではないでしょうか。
前走朝日杯フューチュリティステークスでは、エアスピネルに次いで対抗に推奨した馬なので、ここでも力は認めたいところなんですが、今回の舞台替わりや臨戦過程を考えると、前回ほど評価できるかは微妙なラインだなと。こちらも現時点では“流し”の1頭にとどまりそうかと。


4番人気予想は、プランスシャルマン
新馬戦では後に阪神JFを制するメジャーエンブレムに0.2秒差の2着、芙蓉ステークスでは後に東スポ杯2歳ステークスで2着のプロディガルサンと0.1秒差の2着と、後の実績馬と差のない競馬をしてきています。
この京成杯と同舞台である前走ホープフルステークスでは5着と敗れてしまいましたが、前につけた馬には厳しい流れになったと思いますので、後半脚を使える展開となれば、前走以上の走りは期待できるとみています。


5番人気予想は、ブレイブスマッシュ
サウジアラビアRCの勝利馬で実績は十分。ただ先週の展望内でも少し触れましたが、サウジアラビアRCの上位馬たちは、その後のレースで好走した馬が出てきていません。もちろんこの馬も前走ホープフルステークスで7着と敗れています。前走は少し間隔があいていた部分も大きい思いますので、今回は巻き返しとなるのかどうか。
前走敗れた舞台で再度挑戦するというのは、ある程度の勝算があるということなのか、クラシックを意識して距離が延ばしていきたいという陣営の思惑なのか…少し気になるところですね。個人的には実績あるマイル路線で頑張ってもらいたい1頭だったので、気にはなるものの現時点では推したい要素は少ないですね。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


予想オッズの5頭の中で、最も注目しているのは、プランスシャルマン
前走この京成杯と同じ舞台であるホープフルステークスでは敗れていますが、位置取りと展開面、また乗り替わりで上手く噛み合わなかったとみています。それまで安定して走れているように、能力は高い馬だと思いますので、ここでの巻き返しを期待したいですね。



最後に、現時点での穴馬候補を。
A人気ブログランキング(※プロフェットでした)
です。

臨戦過程ではマイナスな印象なんですが、血統面、脚質、上がりの脚というところで、この舞台が合うのではないかと注目しています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
うまコラボ