専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 平安ステークス

平安ステークスの予想です。

京都は今晩から明日の朝にかけて、かたまった雨が降りそうで、先週のような馬場ではないものの、稍重~重馬場になるとみています。

道悪に加えて、積極的に前につきそうな馬がチラホラいますので、平均ペースからやや速いペースを想定しつつ、そんな流れが向きそうな馬たちから中心に勝負したいと思います。

平安ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アスカノロマン 牡757.0太宰
クイーンマンボ 牝455.0ルメール
クインズサターン 牡556.0
クリノスターオー 牡856.0
グレイトパール 牡557.0川田
コスモカナディアン 牡556.0丹内
サンマルデューク 牡956.0武士沢
サンライズソア 牡457.0Mデムーロ
ザイディックメア 牡656.0
ジュンヴァルカン 牡556.0
タガノゴールド 牡756.0
テイエムジンソク 牡658.0古川
トップディーヴォ 牡656.0田中勝
トラキチシャチョウ 牡756.0
ドリームキラリ 牡656.0
ナムラアラシ 牡556.0福永
ナムラヘラクレス 牡456.0
ハイランドピーク 牡456.0武豊
ブライトンロック 牡456.0田中勝
プリンシアコメータ 牝554.0岩田
マイティティー 牝654.0岩崎
マイネルオフィール 牡656.0和田
ミツバ 牡657.0松山
メイショウウタゲ 牡756.0藤岡康
メイショウスミトモ 牡758.0和田
ユラノト 牡456.0
※騎手は想定となります。

以上26頭が登録。

フルゲート16頭立てで…
ユラノト
ハイランドピーク
ブライトンロック
ザイディックメア
トラキチシャチョウ
ドリームキラリ
マイネルオフィール
ジュンヴァルカン
タガノゴールド
ナムラヘラクレス

の10頭が除外対象となります。

平安ステークスの予想です。

今年は買いたい馬と良い傾向にある馬とが合わず、様々悩みましたが、データや傾向は崩れが起きるまでは追っていくというところもありますので、前回の展望で挙げた好走データに該当した馬たちから中心に組み立てていきました。

データは、時期が変わってからの過去4年(2016~2013年)に加えて、時期が変更されるまで同舞台で行われていた東海ステークスの過去3年(2012年~2010年)、計7年のデータとなります。

平安ステークスのデータ展望です。

本日は、今年どういう変化が見られるのかいうところで非常に気になっている、連対率50.0%の好走データについて取り上げたいと思います。

データは、時期が変わってからの過去4年(2016~2013年)に加えて、時期が変更されるまで同舞台で行われていた東海ステークスの過去3年(2012年~2010年)、計7年のデータです。

平安ステークスの展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アスカノロマン
牡657.0和田
アメリカンウィナー
牡856.0
エルマンボ
牡756.0岩田
カゼノコ
牡658.0太宰
クリソライト
牡758.0武豊
クリノスターオー
牡756.0
グレイトパール
牡456.0川田
グレンツェント
牡458.0C.ルメール
ケイティブレイブ
牡458.0福永
コパノチャーリー
牡556.0
タガノエスプレッソ
牡556.0北村友
タガノゴールド
牡656.0
ドリームキラリ
牡556.0
ピオネロ
牡656.0石橋
マイネルクロップ
牡756.0岡部
マイネルバイカ
牡856.0
メイショウイチオシ
牡656.0
メイショウウタゲ
牡656.0
メイショウヒコボシ
牡656.0
ヨヨギマック
牡656.0酒井
ラストインパクト
牡757.0四位
リーゼントロック
牡656.0中谷
ロワジャルダン
牡656.0浜中
ロンドンタウン
牡457.0松山
※騎手は想定です。

以上、24頭が登録されています。

フルゲート16頭立てで…
アメリカンウィナー
エルマンボ
カゼノコ
タガノゴールド
メイショウイチオシ
メイショウウタゲ
メイショウヒコボシ
ヨヨギマック
の8頭が、除外対象となります。

■にほんブログ村トラコミュ
平安S(2016)
平安S データ分析

平安ステークスの予想です。

アウォーディーが回避となりましたので、押し上げられるように前走アンタレスステークスで2着だったアスカノロマンが現在1番人気となっていますね。

毎年のようの馬券に絡んでくるアンタレスステークス組なんですが、該当馬が多い年もありながらもアンタレスステークス組で3頭決着したことはありませんので、この組を中心に考えつつも、他路線に注目して、勝負したいと思います。ではまず軸馬から。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ