■にほんブログ村トラコミュ
函館スプリントS(2016)
函館スプリントS データ分析

函館スプリントステークスのデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アースソニック
牡756.0三浦
アクティブミノル
牡456.0藤岡康
エポワス
セ856.0杉原
オデュッセウス
牡352.0戸崎
オメガヴェンデッタ
セ556.0武豊
キャンディバローズ
牝350.0菱田
シュウジ
牡352.0岩田
スカイキューティー
牝654.0勝浦
セイコーライコウ
牡957.0柴田善
セカンドテーブル
牡456.0
ソルヴェイグ
牝350.0丸田
ティーハーフ
牡656.0池添
ティソーナ
牡352.0柴山
ファントムロード
セ856.0
ヤマニンプチガトー
牝754.0村田
レッツゴードンキ
牝454.0吉田隼
ローレルベローチェ
牡556.0中井
※騎手は予定となります。

以上、17頭が登録されています。

除外対象はセカンドテーブル1頭のみで、フルゲート16頭立てとなります。

函館スプリントステークス 2016 予想オッズと上位人気馬考察

次に、netkeibaさんの予想オッズと、上位人気馬たちをみていきます。
人気馬名予想オッズ
1ローレルベローチェ4.2
2シュウジ4.9
3ティーハーフ5.1
4アクティブミノル5.7
5オメガヴェンデッタ7.6
6レッツゴードンキ9.3
7オデュッセウス14.5
8セカンドテーブル18.1
9ティソーナ18.8
10アースソニック26.2
※上位10頭を記載しています。


1番人気予想:ローレルベローチェ

前走高松宮記念では16着と敗れるも、それまで4戦は条件戦からオープン戦まで3連勝。続くシルクロードステークスでは、初の重賞挑戦で2着と好走。前走に比べれば、相手関係が楽になりますので、今回はチャンスが出てくる可能性はありそうですね。

すんなりこなしてくれるとは思っていますが、今回初の函館舞台となりますので、舞台適正というところではちょっと様子をみたいところもありますね。また近年はサクラバクシオー産駒の好走がほとんど見られないので、その点は少し不安要素。



2番人気予想:シュウジ

前走NHKマイルカップから参戦予定の3歳馬。近走は凡走続きとなっていますが、デビュー当時は3連勝で小倉2歳ステークスを勝利するなど勢いがありました。4戦ぶりの1200mとなりますが、これまでの走りからも距離は短い方が合うと思いますので、ひさしぶりの好走に期待がかかりますね。

距離短縮は大いにプラスになりそうですが、こちらもローレルベローチェ同様、函館芝は初となります。3歳馬なので軽斤量、開幕馬場で先行馬ということを考えれば、恵まれるところもあると思いますが、ちょっと人気し過ぎかなと。個人的にはもう少し人気を下げてもらいたい気持ちがありますね。



3番人気予想:ティーハーフ

昨年のこの函館スプリントステークスの勝利馬。昨年はかなり展開が向きましたね。ただ、2歳時の函館2歳ステークスでも3着と好走しており、函館の適性というところでは高いものがあると思います。近走こそ好走から遠ざかっていますが、実績ある舞台に変わる部分はプラスに働きそうですね。

脚質的には展開の恩恵ありきの馬なので、昨年のようなペースにならない限りは、連覇は難しいとみています。ただ、それなりに脚は使ってくるとみていますので、2、3着候補といったところでしょうか。



4番人気予想:アクティブミノル

前走高松宮記念では16番人気ながらも4着と好走。今回は2戦2勝を上げている函館舞台に変わりますので、こちらも実績を考えれば期待したい部分がありますね。

ファルコンステークスで2着だった時は3月でしたが、その他3戦の好走は7月、9月と暑い時期に寄っていますので、季節的にもそろそろ走ってくれそうな印象はあります。また同型馬は他にいますので、レースとしては簡単にはいかないと思いますが、舞台実績というところでは侮れない1頭とみています。



5番人気予想:オメガヴェンデッタ

これまで阪急杯2着、スワンS3着、京王杯スプリングC3着と、重賞実績だけをみれば、1200mよりも1400mの方が合っているように感じますが、安定して重賞で好走が続いていますので、力は十分に評価したい1頭とみています。

キーンランドC(札幌)4着、函館日刊スポーツ杯で1着と、洋芝適性もまずまず高そうなので、引き続き注目したいですね。ただ、合っているように映る1400mで勝利には届いていませんので、上位争いには加わってくれそうですが、ここでいきなり勝つというのはあまりイメージできないですね。

以上が、予想オッズの上位5頭となります。


今回挙げた5頭の中では、アクティブミノルに注目しています。
ローレルベローチェ、シュウジと前につくであろう同型馬がいますので、位置取り争いで脱落しそうなところもありますが、前走の走りからは、先行馬たちを前に置き、好位についてくれる可能性もありそうかと。逃げた方が良さそうなところもありますが、あまり速いペースで流れてプラスになる馬には思えないので、先団グループの少し後ろから追走してくれれば、前走よりも着順を上げてくれるのではないかと注目しています。



最後に、穴馬候補としてはA人気ブログランキング(※キャンディバローズでした)が気になっています。
洋芝適性はまずまず高そうで、距離短縮もプラスに働きそう。今回は斤量の恩恵もありますし、実績がない分、人気も上がってこないでしょうから、注目したい穴馬候補の1頭と考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ