専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 富士ステークス

富士ステークスの予想です。

今年はマルターズアポジーウインガニオンの2頭の逃げ馬がいますので、この2頭がすんなりレースを引って張るとなりそうですね。
マルターズアポジーの方がダッシュ力があるので、ウインガニオンは控える形で2番手、そしてそこから少し離れての先団グループという形で、隊列は縦長になると想定しています。

ペースは平均~ややハイペース寄りで、先団グループに取り付いた馬たちがやや有利な展開になるとみて、中団~好位で競馬ができそうな馬たちを中心に勝負したいと思います。

富士ステークスのデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ガリバルディ 牡3 57.0 御神本訓史 0-1-0-16 5.9% 5.9%
2 ストーミーシー
牡3 57.0 大野拓弥
2 3 デンコウアンジュ 牡3 57.0 蛯名正義 2-1-1-15
15.8% 21.1%
4 ウインブライト 牡3 57.0 松岡正海
3 5 ゴールドサーベラス 牡3 57.0 柴山雄一 2-0-2-15 10.5% 21.1%
6 エアスピネル 牡3 57.0 福永祐一
4 7 ウインガニオン 牡3 57.0 酒井学 1-3-0-15 21.1% 21.1%
8 ロジクライ 牡3 57.0 C.ルメール
5 9 ハクサンルドルフ 牡3 57.0 戸崎圭太 2-1-1-15 15.8% 21.1%
10 ヤングマンパワー 牡3 57.0 武藤雅
6 11 ワントゥワン 牡3 57.0 J.モレイラ
0-1-2-17
5.0% 15.0%
12 クルーガー 牡3 57.0 石川裕紀人
7 13 ペルシアンナイト 牡3 57.0 M.デムーロ 1-1-4-17 8.7% 26.1%
14 レッドアヴァンセ 牡3 57.0 北村友一
15 マルターズアポジー 牡3 57.0 柴田善臣
8 16 ハッピーグリン 牡3 57.0 内田博幸 2-2-0-21 16.0% 16.0%
17 ヒーズインラブ 牡3 57.0 藤岡康太
18 ジャンダルム 牡3 57.0 武豊

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

富士ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
ウインガニオン 牡656.0酒井
ウインブライト 牡458.0松岡
エアスピネル 牡557.0福永
ガリバルディ 牡756.0
クルーガー 牡657.0石川
ゴールドサーベラス 牡656.0柴山
ジャンダルム 牡354.0武豊
ストーミーシー 牡556.0大野
デンコウアンジュ 牝554.0蛯名
ハクサンルドルフ 牡556.0戸崎圭
ハッピーグリン 牡354.0内田博
ヒーズインラブ 牡557.0藤岡康
ペルシアンナイト 牡459.0M.デムーロ
マルターズアポジー 牡656.0柴田善
ヤングマンパワー 牡656.0武藤
レッドアヴァンセ 牝554.0北村友
ロジクライ 牡556.0C.ルメール
ワントゥワン 牝554.0J.モレイラ

※騎手は想定です。

以上18頭が登録。全馬出走可能となります。

富士ステークスの予想です。

今年は前回のデータ分析で取り上げた、該当馬は全馬4着以内という好走傾向から中心に勝負していきたいと思います。

※データは過去10年分です。

富士ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
イスラボニータ
牡658.0ルメール
エアスピネル
牡457.0武豊
ガリバルディ
牡656.0岩田
クラリティシチー
牡656.0吉田隼
クルーガー
牡557.0
グランシルク
牡557.0田辺
サトノアレス
牡354.0
ジョーストリクトリ
牡356.0荻野極
ダイワリベラル
牡656.0田中勝
ブラックムーン
牡556.0戸崎圭
ペルシアンナイト
牡355.0Mデムーロ
マイネルアウラート
牡656.0柴田大
ミュゼエイリアン
セ556.0
レッドアンシェル
牡354.0福永
ロードクエスト
牡456.0池添
※騎手は想定となります。

以上15頭が登録。除外対象馬はいません。

■にほんブログ村トラコミュ
富士S(2016)
富士S データ分析

富士ステークスの予想です。

今年はミュゼエイリアンくらいしかハナを取りそうな逃げ馬は見当たらず、ペースが速くなることはないだろうとみています。位置取りの差は出てきそうですが、頭数が少ないので、余程に隊列が長くならない限りは、シンプルに瞬発力勝負になるのではないかと想定しています。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ