富士ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
イスラボニータ
牡658.0ルメール
エアスピネル
牡457.0武豊
ガリバルディ
牡656.0岩田
クラリティシチー
牡656.0吉田隼
クルーガー
牡557.0
グランシルク
牡557.0田辺
サトノアレス
牡354.0
ジョーストリクトリ
牡356.0荻野極
ダイワリベラル
牡656.0田中勝
ブラックムーン
牡556.0戸崎圭
ペルシアンナイト
牡355.0Mデムーロ
マイネルアウラート
牡656.0柴田大
ミュゼエイリアン
セ556.0
レッドアンシェル
牡354.0福永
ロードクエスト
牡456.0池添
※騎手は想定となります。

以上15頭が登録。除外対象馬はいません。

富士ステークス 2017 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。
人気馬名予想オッズ
1イスラボニータ2.8
2エアスピネル3.5
3ペルシアンナイト4.0
4グランシルク4.2
5ガリバルディ18.7
6ロードクエスト19.7
7サトノアレス27.7
8ブラックムーン36.0
9レッドアンシェル46.3
10マイネルアウラート104.4
11ジョーストリクトリ233.9
12クラリティシチー244.6
13クルーガー271.5
14ダイワリベラル368.3
15ミュゼエイリアン500.6

2年連続マイルチャンピオンシップで好走、昨年のこの富士ステークスで2着のイスラボニータ

マイル戦は前々走の安田記念以外全て3着以内と堅実なエアスピネル

菊花賞には向かわず、マイル路線へ挑戦となる3歳馬ペルシアンナイト

近6戦は全て3着以内、前走京成杯オータムハンデキャップで初重賞制覇を果たしたグランシルク

ここまでが予想オッズの一桁台の4頭となっています。


富士ステークス 2017 データ:複勝率77.8%の好走傾向

本日は、今年も継続を期待したい、非常に堅実な好走傾向について取り上げたいと思います。

※データは過去10年分です。


■2015
1着(4番人気):ダノンプラチナ
2着1番人気):サトノアラジン
3着3番人気):ロゴタイプ

■2014

1着2番人気):ステファノス
3着(5番人気):レッドアリオン
4着(3番人気):ロサギガンティア

■2012
2着3番人気):ファイナルフォーム

■2011

3着(5番人気):マイネルラクリマ

■2010
4着(1番人気):リルダヴァル

該当馬は、以上9頭。

この9頭に共通したのは…
・前走から距離短縮組
・前走5番人気以内
・3~5歳馬
・当日5番人気以内

の4点。

この4点を満たした該当馬は→2-2-3-2】(連対率44.4%、複勝率77.8%)の好走傾向となります。


当日人気馬のみという縛りはあるものの、上に挙げた通り、着外の2頭も共に4着と、該当馬全馬が4着以内という非常に堅実な好走データとなっています。

いつかは崩れてしまうかもしれないですが、現状としては4着以内が確保されている流れが続いていますので、今年はここを中心に組み立てていこうかなと考えています。



□該当馬
当日人気はさておき、その他の要素を満たしているのは…
エアスピネル
サトノアレス

の2頭。

予想オッズからは、エアスピネルが当日5番人気以内を満たしてくれそう。

エアスピネル自身が非常に堅実な馬なので、データどうこう関係なく、普通に上位争いに加わってくる可能性はありますが、今回取り上げた好走データに該当すれば、さらにプラスになるとみていますので、データが継続されることも含め、期待したいと考えています。

これまでの走りからはツメの甘いところもあるので、勝利するには何かしらの恩恵が必要になってきそうですが、現時点での軸馬最有力候補とみています。




最後に、穴馬候補として気になっている1頭を挙げたいと思います。
B人気ブログランキング
(※マイネルアウラートでした)
です。

今回は相手関係からしてかなり厳しいそうではあるんですが、これまでの走りからはこの舞台での適性はまずまず高そうですし、夏場はほとんど走らない馬なので、時期的にはそろそろ走り頃ではないかと注目しています。中心に加えるかは別として、残しておきたい穴馬の1頭と考えています。


応援の方、よろしくお願い致します。
最新競馬ランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログをblogramで分析にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
PR:【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法
このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競争データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競争データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、 単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけで、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース



すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。
コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

うまコラボ